森三中大島美幸が出産動画をネタ化?「配慮が無い」批判への違和感

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

こんにちは。「案ずるより産むが安し」がポリシー、ホシ姐です!

先日、2015年に出産した芸能人について記事を書きましたが、今日はその中から「大島美幸さんの出産自撮り動画の件が大炎上した件」について、私独自の見解を書いてみたいと思います。


1. 事の発端と経緯 〜知っている人もちょろっとおさらい

不妊治療を経て赤ちゃんを授かった森三中のメンバー大島美幸さんが、2015年6月22日に第一子となる男児を出産。その様子が7月5日放送の「世界の果てまでイッテQ!」で放送された。
番組では、頭にカメラ付きのヘルメットを装着して本番に臨んだ大島美幸さんが陣痛に苦しみながらも赤ちゃんを産むシーンが映し出され、高視聴率を記録した。
この出産シーン放送に関し、視聴者からは「感動した」との声が寄せられる一方で、「見たくもない」「産めない人への配慮が足りない」等の批判も相次ぎ議論をよんだ。


2. 感動するはずの出産シーンがどうして批判されたのか? 〜炎上の原因は実は○○だった!

出産は女性が激しい陣痛に耐えながら、極限状態の中で行うものです。普段は隠れている動物本能が全面に出てくるので、第三者の目にはどうしても過激だったり、霊的なものに見えることがあります。新しい命の誕生が素晴らしいものであることは世の共通意見かと思いますが、出産シーンを素晴らしいと思うかはまた別問題。人によっては不快だとか怖いといった風に思うことがあるでしょう。それは当然のことです。

けれども大島美幸さんの場合、巷の意見を聞くに、批判の原因は出産シーンそのものを公開したことでは無いように思います。
出産シーンがテレビで放送されることは珍しいことではありません。それらはしばしば困難を乗り越えた物語としてドキュメンタリータッチに描かれ、私たちに感動を与えたり、命の尊さについて考えるきっかけを与えてくれます。
大島美幸さんは2度の流産を経験した末にようやく子供を授かっていますから、困難を乗り越えたという点では共通しているのに、どうして批判されてしまったのでしょうか?

私が思うに、原因は2つあると思います。
1つめは、お笑い系バラエティ番組で放送されたことです。
普段、おもしろ可笑しいことばかりを取り上げている番組の中で、出産シーンを放送するのは不適当なのだと思います。本来、神聖で尊いものであるはずの生命の誕生が、「イッテQ!」で放送されたが為に、ふざけたものにおとしめられたという様に捉えられたのです。
2つめは、大島さんが頭にカメラを付けていたことです。
大島夫妻としては、産まれてきた赤ちゃんが将来大きくなった時に、誕生の瞬間を見せてあげたいという思いがあったようですが、それなら大島さんの頭側に三脚を立てて、ビデオカメラで撮影すれば済む話です。頭にカメラ付きのヘルメットを付けたことで、出産という命がけの行為を芸人としての仕事と結び付けていると受け取られてしまいました。
以上の点から、「出産シーンを笑いにしている」との批判の声が出るのはまあ仕方が無いのかなと、個人的にはそう思います。

スポンサードリンク

3. 配慮が無いという批判についての違和感 〜すべての人に配慮が必要なのか?配慮すべきかどうかの境界はどこにある?

しかしながら、私は寄せられた批判に対しても少し違和感を覚えます。
「見たくもない」とか「産めない人への配慮が足りない」とか…。
これが例えば、「面白くない」「不謹慎だ」であれば、アリだと思うんですが。私からすれば、「見たくもない」→それならチャンネルを変えましょう!なんですよね。
こんな当たり前のことを訴えてくるのは何だか妙です。
「産めない人への配慮が足りない」はもっと違和感があります。
子供が欲しいのに授からないというのは非常に辛いことですから、図らずも命の誕生をおとしめてしまった当番組に怒りを覚えるのはもっともなんですが…。
不特定多数の人達に対して発信する情報については、受け取る側が適切に情報を選ばないといけないのではないか?と私は思ったんですね。今はそういう時代なんだと思うんです。


その一方で、テレビ局は発信する情報の内容に配慮する必要はないのか?という疑問も湧いてきました。
配慮する必要は…当然あります。あるはずです。でも両者の境界はどこにあるのでしょうか?
沢山の人が傷ついたり、不快に思うかどうか?

いやいや。これでは曖昧です。

色んなパターンを考えてみました。

そして、これは導いた私なりの答えですが…、両者の境界は「倫理的かどうか」にあるのでは無いでしょうか。

倫理に反しない内容であれば、テレビで放送して構わないのだと思います。つまり、倫理的な範囲内で表現の自由が認められているので、見て不快と感じた場合はチャンネルを変えてください!ということかなと思います。

ただ、テレビ局も出来れば視聴者に価値ある番組を提供して視聴率を上げたいと思うので、面白くなかったり不快に思った場合は、適切な言葉で感想を述べましょう…「面白くない」って。


以上、大島夫妻の出産シーン放送に批判が殺到した件についての感想でした。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。