2015年に出産した芸能人のまとめ。中には自撮り動画で炎上例も。

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

 

2015年は芸能人の出産に関するニュースが非常に多かった年でした。
子持ちの母としては、大物芸能人カップルの間に生まれた子供と我が子が同い年だと分かると、ちょっと嬉しかったり興味をひかれます。
そこで、今年出産した芸能人について、私の主観でまとめてみました!


•広末涼子(34)第3子を出産。個人的に好きかと言われるとそうでもないのですが、なぜか彼女の動向は気になってしまいます(笑)。女優として第一線で活躍しながら母親業もこなすバイタリティーには目を見張るものがありますね。本当にすごい!夫はキャンドルアーティストのキャンドル・ジュン氏(41)。


•木下優樹菜(27)第2子となる女児を出産。夫はお笑いコンビ、FUJIWARAの藤本敏史氏(44)。木下さんはまだ若いのに、楽しくたくましく育児をしている印象があり、好感が持てます。


•ファンファン…ロックバンド「くるり」のトランペッター。くるりが好きなので取り上げてみました。これからも音楽活動頑張ってください。


•眞鍋かをり(35)第1子を出産。夫は元「ザ・イエロー・モンキー」のボーカル吉井和哉氏(49)。吉井氏には既にお孫さんがいるそうで、お孫さんよりもお子さんが人生の後輩という、複雑なことになっております。そういうこともあるんですね!


•関根麻里(31)第1子となると女児を出産。発表時、麻里さんの父親でタレントの関根勤さんが「笑わせながら育てたい」と孫育てへの抱負を述べていたのがとても印象的でした。あんなおじいちゃんがいたら、お孫さんはとても楽しいでしょうね!おじいちゃんっ子になりそうです。

スポンサードリンク


•国仲涼子(36)…第1子となる男児を出産。昨年の暮れに俳優・向井理氏(33)との結婚が報じられたときは衝撃的でした。というか、かなりショックでした。


•いとうまゆ(35)…「おかあさんといっしょ」の4代目体操のお姉さんとして活躍。我が家の長女がお世話になったので取り上げてみました。


•上戸彩(29)…第1子となる女児を出産。夫はEXILEのリーダーHIRO氏(46)。上戸彩さんとHIROさんは「色白&薄め」と「色黒&濃いめ」でとても対照的な顔立ちをしていますが、お子さんはどちらに似たのでしょうか。


•ビビアンスー(40)…第1子となる男子を出産。妊娠経過が芳しくなかったのか、彼女は出産までの半年近くずっとベッド上の生活だったようです。大変でしたね…。でも、赤ちゃんのために本当によく頑張りました。無事に生まれてよかったです!


•菅野美穂(37)…第1子となる男児を出産。夫は俳優の堺雅人氏。俳優同士のご家庭って、家の中で台詞の読み合わせや演技の練習をするのでしょうか?ちょっと気になります。


•山本聖子(34)…元レスリングの世界チャンピオン。お相手が大リーグのダルビッシュ有投手ということで注目を集めました。誕生したのは男児とのことですが、野球の道に進むのかレスリングの道に進むのか…今後が気になります。DNA的に、ものすごい運動神経の持ち主なのではないかと期待されますね。


•小雪 (38)…第3子を出産。夫は俳優の松山ケンイチ氏(30)。小雪さんは結婚してから、かなりのハイペースで出産されています。生まれたばかりの赤ちゃんはすごく可愛いから、「もう1人欲しいな~」って思うのかもしれませんね。その気持ち、ちょっと分かります。


•宇多田ヒカル(32)…シンガーソングライター。個人的な話ですが、私の学生時代の記憶は彼女の歌と共にあります。夫はイタリア人のフランチェスコ・カリアーノ氏、一般人です。知り合った同時、カリアーノ氏は宇多田ヒカルさんが何者なのか全く知らなかったそうで…すごい逆玉の輿ですね!


•大島美幸(35)…お笑いトリオ「森三中」のメンバー。6月22日第1子を出産。夫は放送作家の鈴木おさむ氏。テレビ番組「世界の果てまでイッテQ!」で出産シーンの自撮り動画が放送され、感動したとの声が上がる一方で、「見たくもない」「産めない人への配慮が足りない」との非難が殺到、大炎上しました。


•草刈愛美(35)…ロックバンド「サカナクション」のベース。個人的にサカナクションが大好きなので取り上げてみました。ご出産おめでとうございます!


•くわばたりえ(39)…お笑いコンビ「クワバタオハラ」のメンバー。第3子を出産。すっかりママタレのイメージが定着しましたね。彼女の第2子出産シーンもローカルテレビ番組にて放送され、大島さんほどではありませんが、一部非難の声が出ていたようです。


次回は、大島美幸さんの「出産シーン自撮り動画」に殺到した「見たくもない」「産めない人への配慮が足りない」というバッシングが正論なのかどうか考えてみたいと思います。

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。