梨園の名の由来は?結婚会見の酷評に藤原紀香が反発!その訳は…

Pocket
LINEで送る

先日、歌舞伎役者の片岡愛之助さんと女優の藤原紀香さんがめでたく結婚され、会見が開かれました。

2人ともアラフォーだからか、すごい落ち着いた雰囲気。なんだか貫禄がありました。

 

特に藤原紀香さんの方が…ですね(汗)。

 

藤原紀香さんは、ご覧のように着物を着ていたのですが全体的にやや四角い感じであります。

IMG_5651

引用元:yahoo ヘッドライン

 

太ったのでは無いかという意見が飛び交ってますが、彼女は太りやすい体質なんでありまして、これはご本人が自伝「藤原主義」で仰ってます。

加えて彼女はスポーツが好きでがっちりした体形なので、肩が張っている!

 

お世辞にも着物が似合う体形とは言えないのです。

西洋人みたいなゴージャスボディが藤原さんの特徴ですからね。

着物以外のものを着て出て行くわけにもいかないし…。

 

さて、今回はこの結婚会見に関して私が思ったこと

・歌舞伎の世界を梨園と呼ぶのは何故なのか?

・着物が酷評された件

・歴代の結婚会見に見る着物

・酷評に藤原紀香さんが反発したらしい件

について書いてみます。

スポンサードリンク

1.梨園の名の由来は?梨と何の関係があるのか?

梨園の名の由来は、中国唐の時代にまでさかのぼります。

第9代皇帝玄宗は音楽を愛し、たしなむ人でした。

彼は宮廷にある梨の木のある庭で音楽や演劇の脚本などについて自ら弟子たちに手ほどきをし、宮廷の殿上で楽器を演奏したり、舞を踊ったりする人たちを養成したと言います。

 

故事によれば、弟子たちは「皇帝梨園弟子」と呼ばれていたそうです。

 

これを元にして江戸時代の漢学者が歌舞伎界を指して「梨園」と呼ぶようになり、定着したのだそうです。

 

ちなみに玄宗皇帝は音楽だけでなく梨も好きだったみたいですね。

彼が寵愛した絶世の美女楊貴妃はプロ顔負けの演奏家だったといわれておりますが、その美しさは梨の花に例えられ、「梨花一枝春雨を帯ぶ(りかいっしはるさめをおぶ)」という歌が残されています。

楊貴妃の幽霊が山で悲しくむせび泣く美しい姿を春雨に濡れる梨の花に例えた歌だそうです。

梨の花が美しいなんて初めて聞きましたけど、元々梨が好きじゃなきゃそんな例えはしませんよね、多分…。

 

モデルでタレントの梨花さんの名前は、楊貴妃の美しさから来ているのかな…?

 

2.藤原紀香さんの着ていた着物が酷評される!

3月31日に都内で結婚会見を行った片岡愛之助さんと藤原紀香さん。

2人は紋付きはかまと着物姿で登壇しましたが、その際に紀香さんが着ていた着物が「梨園の妻としては落第点」だと業界通のジャーナリストが酷評しました。

 

どうしてそんなことをいわれてしまったのかというと、

描かれている花の柄がダイヤモンドリリーとカサブランカだったのがダメ!

だったようです。

 

ツバキや桜などの和柄が正解なんですって。

花言葉は「箱入り娘」だとか、藤原紀香だから藤色にして全面に自分を押し出しているとか、他にも色々言われております。

 

私のような着物や歌舞伎業界に関して知識ゼロの一般人からしたら、

細かい!

どうでもいい!

ポイントですが、そういうことがとやかく言われる世界なんでしょうな。

 

いやはや大変なところに嫁がれたものです(汗)。

 

紀香さんが会見で着ていたのはオーダーメイドの友禅の訪問着で、一説によると300万円ほどの着物だそうです。

さすがに、高級なお着物でありますが、そうですね…私の個人的な意見を言わせてもらうと、残念ながら肝心な藤色が今ひとつ似合ってないのかなという気がしました。

 

藤色は紀香さんの大好きな色なのだそうで、きっと彼女的には大事なポイントなのでしょうが、

ちょっと色が濃すぎるのかな…?

光沢がありすぎるのかな…?

というのが第一印象です。

 

もっと淡い色なら、年齢的にも雰囲気的にも、体形的にもお似合いだったと思うんですよ。

本物の藤の色くらいが良かったと思います。

あるいは、愛之助さんがグレーの袴だったらバランスが良かったのかもしれませんね。

彼は黒い袴だったので、装いが対照的な感じで悪い意味で目立ってしまったかなあ。

 

 

3.歴代の結婚会見に見る着物

市川海老蔵さん&小林麻央さん

72893_201001290444778001264736542c

引用元:eltha by oricon style

 

小林麻央さんが結婚会見したときの着物は、着物作家「桶熊哲也」さんによる辻が花の振り袖です。

正面から座っている写真だと分かりにくいですけれども、この着物は裾にかけてグラデーションになっていて、細かい絞りの花模様が沢山ついています。すごい美しい着物です!→麻央さんが着ていた着物の全体像についてはコチラ

 

一体いくらするんでしょう…一般人には想像つきません。

大きい高級外車が買えるくらいの値段じゃないかな〜と思いますが。

 

薄いピンク色が麻央さんの清楚でひかえめなイメージに合っている感じ。

年齢も20代だし、可愛いのが似合ってます。

 

 

中村勘太郎さん&前田愛さん

65597_200904260578084001240727224c

引用元:eltha by oricon style

 

2009年にご結婚されたお二人の会見時のお姿。

好みの問題かもしれないけど、前田さんの着物のどこが素敵なのか、私にはよく分かりません…。

和柄なのは良いとして、絵の色の鮮やかさが元の生地の色と合ってない気がするし、柄もなんだか…下手ウマな感じ?

勘太郎さんのお母様からいただいた着物だそうで、だれも「変だ」と言えなかったのではないかと思ってみたり。

 

ちなみに麻央さんは、結婚後真っ青な着物を着た時に「ドラえもん」と言われたことがあります。

色味の濃いの着物は梨園ではウケない!と思っておくのが良さそうです。

何を着てもウケない可能性もあるんですけど(笑)。

 

 

4.酷評に藤原紀香さんが反発したらしい件

結婚会見の紀香さん、着物以外にも多数バッシングを受けております。

例えば、

•テレビに登場した表情分析官の人に「瞬きが多かったので紀香さんの言葉は演技です。」と言われた。

•関西弁がわざとらしい。お花畑過ぎ。

•結婚会見の主役が紀香になっており、完全に失敗。

など。

 

さらに、これに対して紀香さんがブログで言及したことが、「反発している」「悪口はほめ言葉という謎の拡大解釈は尋常でない自己愛の強さの表れ」とネットで書かれて…マスコミがわざと煽っている感じです。

 

実際にブログを読んでみると、彼女は全く反発してる感じではないです。

緊張してあんな風になってしまった、

演技ではないのにそんなことを言われて傷ついた、

と仰ってます。

 

まあ、「勝手な憶測で、数字を取るため、部数を稼ぐため、好き放題に報道しているところがある」とも言っちゃってますけど…

 

これは反論じゃなくて、マスコミの真実です(笑)。

 

私は正直、「着物がちょっと似合ってないかな」と思うくらいで(笑)、

あとは紀香さんの結婚会見に対するマスコミの過剰反応から、

 

紀香さんはマスコミに随分とまあ嫌われているんだなあ~

アンチ紀香な読者って多いんだろうか?そういう人たちが沢山この記事見て喜ぶんだろうか?

マスコミの批評に言及しちゃうあたりがまた炎上のもとだよね…

バツイチだから幸せそうに結婚会見をすること自体に世間は反感を持つのか…?

前向き思考をオープンにブログで語るのが反感のもとなのか…?

 

とか、そういうことを考えます。

 

芸能界で活躍している人たちの多くは多分、紀香さんみたいに負けず嫌いで、前向き思考で、ものすごい根性の持ち主なんだと思いますが、

 

それをブログで包み隠さず語ってしまうと「リア充」と受け取られ、日常の欲求不満を解消しきれない人々の槍玉に挙げられちゃうんだろうな…と思いますよ。

 

最近はそういう現象を「炎上」と呼びますね(笑)。

 

テレビでの露出は減っても、ブログでたびたび炎上ネタを出して来て話題をさらう芸能人がいますが、炎上が一種の営業戦略と見なされ始めている最近の業界事情を考えて、彼女のブログで「悪口はほめ言葉」という一言が出たんじゃないかな~と思います。

 

実際は褒められている訳じゃないので、「注目されている証拠」というのが正しいですけどね(^^;)

 

 

5.まとめ

今回は、梨園の名の由来と、愛之助さん&紀香さんの結婚会見についてのお話でした。

まとめると、

•梨園の名の由来は唐の玄宗皇帝が演劇集団を養成したのが梨の庭だったから

•紀香さんの会見時の着物はあまり似合っていなかった。愛之助さんが黒袴だったので、余計にそれが目立ってしまった。

•紀香さんは炎上芸能人としての道をマスコミによって勝手に用意されている。

となります。

梨園は上下関係やしきたりがとても厳しいところだと聞くので、持ち前の前向き思考はそのままに、何でも思ったことをすぐ口に出してしまう素直さは隠して、これからも頑張って欲しいと思います!

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)