英国一の子沢山ラドフォード家の収入と夫妻の年齢が気になる!

この記事は5分で読めます

Pocket
LINEで送る

日本で有名な子沢山といえば「ビッグダディ」「つるの剛士」さん、「橋下徹」氏でありましょう。

子供の数はそれぞれ20人(最大時)、4名(近々5人目が誕生予定)、7名(今後更に増えるかも?)です。

 

日本を始めとする先進国はおしなべて少子化が進んでいると言われますが、テレビで「大家族スペシャル」を見ていると子沢山の家庭ってものすごく子供が多くて、世の中二極化が進んでいるのかなと思うことがあります。

 

大家族スペシャルに出てくる子供たちは、みんなたくましく生きていますよね。

子供同士が協力し合い、助け合って生活する姿を見るのは結構好きです。

私自身も4人兄弟なので、ちょっと懐かしい気持ちになります。

 

さて、今回はイギリスの超有名な大家族をご紹介します。

 

1.イギリスNo.1の子沢山一家。ラドフォード家!

18 Kids and Counting
引用元:Mirror

ラドフォード家はイギリスでNo.1の子沢山一家であります。

 

パパのノエルさんとママのスーさんは近所の幼なじみ。

ノエルさんとスーさんのお兄さんが友達同士だったために、自然と親しくなりました。

第1子であるクリスを妊娠したのはスーさんが若干14歳の時です。

 

中学生の時ですね…親としてはドキっとするような年齢です。

 

その3年後二人は結婚して一緒に暮らし始めます。そして間もなく、第2子のソフィーを妊娠します。

 

最初夫妻は「子供は3~4人いたらいいかな」と思っていたそうですが、第4子のジャックが生まれた時点で「もっと子供が欲しい」と思ったみたいで、すぐ第5子のダニエルを妊娠します。

 

このあたりから出産のスピードがアップ!

 

数年おきに出産していたのが、スポポポポポーン!と年子(たまに1年おき)で次々と妊娠&出産します。

 

2016年5月現在、ノエルさんは46歳、スーさんは41歳。

子供は27歳のクリスを筆頭に総勢18名!

しかもスーさんは現在妊娠中で、6月に第19子が誕生予定だそう。

 

ちなみに、第2子で長女のソフィーさんはすでに結婚していて、3人子供がいます。

自分の孫より年下の子供がいるなんて、不思議な感じです…。

 

 

大家族の生活はとても忙しく、家事も家計も大変です。

 

1日に家族が飲む牛乳は9リットル、月の食費は16万円!

1日の洗濯回数は12回!月に30本の洗剤を使いきります。

洗濯機が稼働してない時間は1時間たりともないそうでうです。

 

年間の子供の制服代、12万円!

休日の遊びやお出かけ、旅行代金は年間80万円!

毎年8人ずつパスポートを更新していて、それにも16万円ずつかかるのだそう。

 

毎月数回誕生パーティーあり。プレゼント代を含めると年間50万円!

ラドフォード家のリビングには、18人の子供たち全員の誕生日を忘れることがないように、大きなカレンダーが貼られています。

一人一人の誕生日をしっかりお祝いしているところが素晴らしいです!

ソファーはファミリーサイズなのに全然入りきらないので、みんな台所や床などに分散して過ごします。

 

寝室は10部屋!大きな家に住んでます(汗)。

 

パパのノエルさんは15人乗りのマイクロバスで子供を学校に送迎します!

子供を一人学校に忘れて帰って来てしまったエピソードはご愛嬌です…。

 

「子供たちに多くは望まないと決めています。私たちはただただ子育てが楽しいんです。毎日賑やかなのが良いんです。家に子供たちがいなくなってひっそり静まり返るなんて想像出来ません」

とご夫妻。

 

ほお…。感心の一言であります。子育て中の私には心に響きます…。

 

子供が増えるとそういう考え方に変わるのか、そういう考え方ができるから子供が沢山持てるのか、どちらなんでしょうか?ちょっと聞いてみたいです。

 

私は子供2人で結構頭が飽和状態ですけれども、それは子供たちに多くを望みすぎているからかな…?と考えてしまいました。

 

2.下世話な話ですが、収入が気になります…。お仕事は何ですか?

スポンサードリンク

 

ラドフォード家は日本のテレビで取り上げられている大家族とは少し雰囲気が違うような気がします。

日本の大家族スペシャルは「貧乏に負けない!」というキャッチフレーズと抱き合わせになっていることが多いですが、ラドフォード家は大きな家に住んでいるみたいだし、バスもあるし、誕生パーティーに年50万円もかけてるし、何だかとってもお金持ちに聞こえます。

 

一体何のお仕事してるの?

気になりますよね…。

 

答えは…

ベーカリーショップです!

パン屋さんかと思いきや、パイ屋さんのようです。

 

Pie-SteakAndMushroom

引用元:The Radford’s Pie Company

 

夫妻は4人目の子供、ダニエルが生まれた時にお店を始めました。パパのノエルさんが29歳の時です。

このパイ屋さんは今も続いていて、ノエルさんは毎朝5時からパイを焼き始め、焼き終わったらマイクロバスで子供たちを学校に送ります。

その後すぐにお店の仕事に戻り、15時半にはまた子供たちを迎えに行き、17時から晩ご飯の支度を始めます。

ブロッコリー、ジャガイモ、ニンジンは子供たちの大好物で、1食で大きな買い物袋2つ分を消費します。

ひき肉のパイはお店と同じレシピで、1.4キロものミンチ肉を使います。学校給食みたいですね!

 

ママのスーさんの担当は朝食準備と子供の身支度、そして洗濯とアイロンがけ、買い物です。

朝食は6時45分に準備して子供たちに食べさせます。

トースターは何台あるのでしょうか?焼かずに食べるのかな?

洗濯機は1日中回し続けていて、毎日100枚もの洋服にアイロンをかけるそうです。

 

ちゃんとアイロンかけるところがすごいと思います。そこ、諦めないのですね…、ガッツがある!

 

お風呂は18時スタート。寝かしつけはなんと19時から!

小さい子供から寝かしつけていき、夫婦も22時に寝るそうです。

 

意外にも…みんな寝るのが早かった!

子供たちは子供同士元気に遊ぶので、晩ご飯を食べる頃にはいい感じに疲れて、布団に入ったらスイッチが切れたようにスコーンと寝るのかもしれませんね(笑)。

 

16kids1

引用元:The Radford Family

 

さて、気になるラドフォード家の収入ですが…

 

パイ屋さんとしての収入が日本円にして480万円!

イギリス政府からの児童手当が年150万円!

 

総額で約630万円です。

 

大きな子供たちのアルバイト代やメディアを介しての副収入が時々入ってくるようではありますが、20人の大家族を年間600万円ちょっとでやりくりしているのは驚きの一言。

 

「大家族の生活はとても忙しく、大変です。それでも、子供の成長を見ることが楽しい。これは私たち夫婦の世界観なんです。

生活のポイントは仕事の分担とルーチン化の徹底です。ルーチンにしなければ私は毎日右往左往してちっとも上手く動けないと思います。」

 

とパパのノエルさん。

ルーチン化!夫婦を中心に大家族をまとめるための秘訣だそう。

これは家族の人数によらず子育て家庭には為になるご意見だと思います。

問題はルーチンワークを徹底する鉄の意志です…(汗)。

 

10代で母になるのは過酷です。

私が14歳で出産した時、周囲の人たちは皆私とノエルが『おかしくなった』と思ったことでしょう。でも私たちは愛し合っていました。

私は今でも母になること、母であることがただただ嬉しいのです。

生活は決して楽ではないけれども、大きい子供たちは家のことをよく手伝ってくれているし、私たち夫婦が二人とも働き者だったことは幸運でした

 

とママのスーさん。

そうですよね。14歳の母は世間の目も厳しかったと思います。

不安もあったことでしょう。

でも、それを振り払ってここまで来た!

真実の愛は今や誰もが認めるところだと思います。

結果オーライですっ!!

これからも頑張ってください。

 

3.まとめ

今回はイギリスNo.1の大家族「ラドフォード家」についてのお話でした。

まとめると、

・ラドフォード家は10代の頃に結婚した働き者のご夫婦を中心とした、総勢20名(近々21名)のイギリスNo.1大家族である。

・孫より子供が年下になりつつある。

・夫婦は子供に多くを望まず、親であることを心から喜び、楽しんでいる。

・仕事はパイ屋さんで、別にお金持ちではない。慎ましく、うまくやりくりして楽しく生活してます。

となります。

楽しんでいただけましたでしょうか?

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。