熊本の大地震は南海トラフと関係ある?2062氏は本物の未来人なのか…

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

1.はじめに

昨夜、熊本県で大きな地震がありました。被害がとても心配です。被災された皆様の無事と亡くなった方のご冥福をお祈りしています。

実はつい3日前に巨大地震のことを記事にしたばかりでした。

記事の内容や書いた経緯を思い出すと、背筋の凍る思いがします。

どんな記事を書いたのか要約して言うと、

・2010年に2ちゃんねるに現れて東日本大震災を予言した「自称未来人2062氏」が4月15日にまた2ちゃんねるに来るかもしれませんよ

・2062氏は東日本大震災の後にも2ちゃんねるに現れて、次に自分が現れる日までの警告として、暗号で「南海トラフ逃げろ」というメッセージを残していますよ

・この未来人は本物ではないと思いますよ、でも自然災害には想像力を持って日頃から備えましょう

といったもの。

 

気になる人はリンクを貼っておくのでご覧ください→2016年4月15日2chに未来人2062氏再び現る?大地震の予言に注目!

 

私がビックリしたのは、未来人が再び現世にやってくる予定日前日に大地震が起きてしまったということです。

 

未来人2062氏は2011年7月22日の書き込みで、

「2016年4月に非常に大切なことを伝えに行ったが困惑した。的確で冷静な判断を頼む。」

とも言っていたので…

 

これは前日に大きな地震が起きて日本が騒然としているから困惑したのかなと勘ぐってしまい、私自身もとても困惑しています。

 

未来人は偽物だと思うと言いましたが、少し自信がなくなりました。

 

書いた当初の私には「未来人がいるかどうか」は重要でなく、日々想像力を持って日常に臨むことが災害時における最大の防御であるということを伝えたかったんです。

 

もし、過去の記事を読んで不快に思われた方がいらっしゃいましたら、

今回の地震が凡人の私には予測不可な天災であること、悪気があって書いたわけではないことをご理解いただきたいと思います。

 

前置きが長くなりましたが、以上のような経緯で現在、未来人と南海トラフ地震と4月15日が結びつけられ、当ブログに大量のアクセスがあります。なので、南海トラフが心配になって当ブログにたどり着いた方達にお伝えしたい事があります。

 

未来人がいるかどうか確信は持てませんが、

冷静にご対応いただくようにお願いしたいと思います。

2ちゃんねるの2062氏に関する過去スレによると、彼は2016年4月15日に現れる予定ですが、

 

15日はタイムトラベルした日であり、重要なことを伝えるために再び現れると予告した日であり、地震発生を予知した日ではないです。

 

2.熊本の地震は南海トラフと関係あるのか?

スポンサードリンク

 

IMG_5692

 

震度7というと日本の定める震度階級の中でも最大レベルであり、これ以上の表現はありません。

各地域の震度を見ると、最も強い揺れを観測したのが益城町というところであります。

震源の深さは約10キロということで、強い直下型地震です。

 

益城町は阿蘇山のすぐ西北西に位置する町で、ご覧の通り南海トラフ上にはありません。

 

 

4月15日の気象庁の発表によると、今回の地震は「布田川・田奈久断層帯」における地震だそうですが、詳細については気象庁の発表を参照してください。

 

繰り返しになりますが、4月15日は南海トラフが予言されている日ではありません。

2062氏の来訪する前日に地震が発生しましたが、これはいわゆる南海トラフ上を震源としたものではないです。

 

 

4/19地震本部の報告が出たので南海トラフに影響するのか調べてみました→熊本地震は南海トラフに影響しない?次の活断層地震はどこにくる?

 

3.まとめ

今回は、2062氏の発言を踏まえた個人的な意見を書かせていただきました。

明日は2ちゃんねるに「なりすまし」が乱立することも想定されます。

未来人の予言と絡めて必要以上に不安にならない方が良いと思っています。

 

2chを見るのは大変だと思うので、15日の彼の発言についてのまとめを作成しています↓

本人らしき人物は南海トラフと熊本地震の関係について何と言ったのか?未来人2062氏が4月15日に登場。熊本地震に言及

興味のある方は読んでみてください。

南海トラフは現代科学で予見されている事であり、未来人も現代科学者が言っていること以上の情報は何も提供していません。

2062氏も似たような事を発言していますよ。

次にいつ来るについても言及してますが、地震と関係するかはわかりません。

 

熊本の皆さんの無事をお祈りしながら、今自分にできることなのかをよく考え、実行に移していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

この記事を読まれた方は必ずチェックしてください→え…助け来ないの?国の南海トラフ最悪のシナリオが予言より遥かに怖い!

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。