家庭用料理ロボットが発売予定!一流シェフの味再現します

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

自炊を頑張る老若男女の皆さん、料理は楽しいですか?

 

私は基本、料理が好きなんですけれども、時間に追われて暮らしていると、

「料理するの面倒くさ〜。

誰か作ってくれれば良いのに〜。」

と思うことがあります。

 

人にご飯を作ってもらえるのはありがたいし、味付けがいつもと違っていて新鮮な気持ちになったり、新たな発見があったりしますよね。

 

でも、ロボットが毎日料理を作ってくれるとしたらどうですか?

 

ありがたい?

新鮮?

嬉しいかな?

 

なんか、近い将来スゴイ家庭用お料理ロボットが出来るらしい!

今日はそのお料理ロボットのお話をしてみます。

 

1.お料理ロボット「MOLEY ROBOTIC KITCHEN」とは?

マーレー・ロボティックスはロンドンにある会社で、今回ご紹介するお料理ロボットの正式名称は「マーレー・ロボティック・キッチン」と言います。

開発者はロシア生まれのロボット科学者、Mark Oleynik氏です。

まずは動画をご覧ください↓

キッコーマンの醤油をロボットが使ってる…(笑)。

 

これは既に発表されているプロトタイプらしいですが、見た感じ、システムキッチンに透明のカバーが付いたようであります。結構大きいですね。

 

家庭用お料理ロボットは2017年から開発に着手。

上記よりもコンパクトな作りで電気コンロ、オーブン、タッチパネル、水道、作業台、2本のロボットアームを備え、ロボットを使わない時にはアームが引っ込むようになっているそうです。

ロボットアームには5本の指と関節、センサーがついています。人の細やかな手の動きを再現可能になってます。

付属のコンピュータは、一流シェフでありBBCマスターシェフの座に輝いた「ティム・アンダーソン」氏の料理時の細やかな動きを記憶しています。

 

使い方はとてもシンプルで、タッチパネルかスマホで好きなメニューを選べば、お料理ロボットが一流の味を再現してくれるそうです。遠隔操作も可能。不在時も火事が起こらないようにガラスのケージを下ろして料理してくれるみたいですよ!

 

お料理のレシピはiTune形式でスマホでダウンロード可能。マンネリとは無縁の食生活です!

 

子供に

「またカレーかあ!」

とは言われないでしょう(笑)。

 

一流の味があなたや家族のお好みの味とは限りませんが、後片付けもしてくれるようなので、素晴らしく楽ですね!

 

仕事から帰宅してご飯をロボットに作ってもらっている間に、別の家事をしたり、好きなことをしてくつろぐことが出来るし、手間暇を考えずに「今日はなに食べようかな〜」という目線でメニューを選ぶようになるでしょう。

 

いやはや凄い時代が来るなと思いますが、主婦と飲食店の料理人さんは少し危機感を覚えるかもしれません(汗)。

仕事が減る…?

 

私はこのお料理ロボットのキッチンが、自炊したい時に普通に使えるのなら欲しいかなと思いましたよ。

 

Moley社は今後住宅メーカー向けにセールス展開をしていく予定らしいので、多分ロボット付きの高級システムキッチンを買う感覚になるんじゃないかな〜と想像しますが、10年後くらいには日本でも普通に販売しているかもしれませんね。

 

2.いつ発売されるの?

スポンサードリンク

家庭向けのお料理ロボットの発売は今のところ2018年を予定しているそうです。

あと2年…あっという間です(笑)。

値段はまだ未定ですが、システムキッチン&コンピュータ&ロボットなので、国産の超高級セダンくらいの値段はするんじゃないかな…と思います。

いくらだったら買いたいと思うのか、今から考えておくのも楽しいかもしれません。

 

3.まとめ

今回はお料理ロボット「MOLEY ROBOTIC KITCHEN」のお話でした。

便利ですね…。

こんなのが備えてあるショールームがあれば行ってみたい!

使い心地や味を是非試してみたい!

と思いました。思いませんでした(笑)?

 

昨年上海で開催されたCESアジア(コンシューマー・エレクトロニクス協会)大会では、スープを作って見物客にその腕を振るったようであります。一体どんな味だったのでしょう?

 

メーカーは、肥満や糖尿病の患者が世界的に増えている要因の1つに「ストレスと時間の不足による適当な食生活」を挙げており、お料理ロボットの普及によって食事内容が改善して健康につながると言っています。

 

それは金持ちの話でしょう…と一瞬思ったけれど、こんなマシンを買う方々は健康うんぬんより「出来立ての美味しい料理をプライバシーを気にせず作ってもらえるところ」「ファッション性や面白さ」を気に入って買うような気がします。

とはいえ、新しい形の食の贅沢と文化が生まれたような気がする。リッチ層にヒットの予感!

 

あとは好きな味付けをしてくれるのか?

冷蔵庫の余り物で適当に料理を見繕ってくれるのか?が気になるところです(これは庶民の目線…?)。

 

きっと良いお値段だと思うので、私は販売後の評判を聞いて宝くじが当たったら買いたいと思います(笑)

 

「キョウノゴハンハドウデシタカ?」

「美味しかったよ」

「ソレハヨカッタデス」

というコミュニケーションに味気なさを感じるかもしれませんけどね(笑)。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらは手が届きやすい→折りたたみ式電動原付バイクme01の性能と家電ベンチャーUPQについて

空中を飛べる家庭向けの乗り物→映画みたいに空飛ぶスケボーArca boardが発売開始!スペックを詳しく…

宇宙探索テクノロジーはここまできた!→人類宇宙移住にホーキング博士が言及!光の速さに迫る探査機とは?

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。