トランプ氏の過去の問題発言!米史上最狂の大統領誕生?人気の理由は髪型か

この記事は5分で読めます

Pocket
LINEで送る

2016年11月8日にアメリカ大統領選挙があります。

2大政党制を取っているアメリカでは共和党民主党のそれぞれの代表候補が一騎打ち!

 

現在代表候補を決める為に各党の候補者がしのぎを削っているわけですが、

共和党の代表指名がほぼ確実と言われるドナルド・トランプ氏のキャラが濃すぎる!

 

一体どんな人物なのかとても気になったので、今日は「5分で分かるドナルド・トランプ氏」的記事を目指して書いてみました。

 

1.トランプ氏はどんな人物?プロフィールを分かりやすく!

ドナルド・トランプ氏はアメリカの不動産王です。超が付くお金持ちで、現在69歳になります。

純資産は45億ドル…日本円にして約5000億円です。

 

庶民には意味不明な金額なので、日本の富豪と比べてみましょう。

 

2015年の日本人長者番付と勝手に比較してみた!

1位.ファーストリテイリング 柳井正氏 資産211億ドル

2位.ソフトバンクグループ 孫正義氏 資産139億ドル

4位.楽天 三木谷浩史氏 資産105億ドル

8位.SANKYOパチンコ 毒島邦雄氏 資産44億ドル

9位.セブン&アイ 伊藤雅俊氏 資産38億ドル

10位.森トラスト 森章氏 資産38億ドル

…ということで、日本ならトップ10に入るくらいの資産家であることがわかります。

 

凄い!

 

トランプ氏はお父さんが不動産業を営んでおり、元々裕福な家庭に生まれ育ったおぼっちゃまです。

大学はお父さんの不動産業を継ぎたかったので、不動産専門学科のあるペンシルバニア大学を出ています。

 

現在は不動産会社だけでなく、カジノやホテルの運営。庶民のことはよくご存知ないお金持ちです。

 

自己顕示欲が強い方のようで、建てたビルに「トランプ・タワー」「トランプ・プラザ」「トランプ・タージマハル」などと自分の名前を付けている他、テレビで極端な持論を展開するユニークキャラでも有名です。

ジャイアンを超金持ちにしたような感じではないかと想像いたします。

 

 

2.トランプ氏の問題発言まとめて考察!

スポンサードリンク

 

ここから本題です!

トランプ氏の問題発言を見ていきましょう。

 

・すべてのイスラム教徒のアメリカ入国を拒否すべきだ。

・私はイスラム教徒をデータベースに登録するぞ。他にもたくさんのシステムを導入するべきだと思う。

・私が大統領になったら、メキシコとの国境に万里の長城を築くぞ。

軽く数メートルはぶっ飛べる発言であります。これは明らかな宗教差別!

「テロとの戦い」が長期化し、たくさんの人たちが不安な生活・危険と隣合わせの生活を送っていますが、それはごくごく一部の過激派によるものです。それを分かって仰っているのでしょうか?

この発言は世界中で激しい反感を買っていて、イギリスではトランプ氏の入国禁止を求める署名に50万人以上が参加したそうです。

一方で、トンデモ発言をすればするほど、トランプ氏の支持率なぜか共和党を指示する有権者たちの間で伸びているのそう。指示する人たちの常識を疑ってしまいます。

 

・ヒラリー・クリントンが夫を満足させられないなら、なぜ彼女がアメリカ国民を満足させることができるのだろうか(いや、できない)。

これはヒラリー氏の夫であるビル・クリントン前大統領が不倫した過去について揶揄(やゆ)したTwitterの投稿です。

トランプ氏は女性蔑視発言が多いことで有名ですが、これもその一つでしょうか。

まことに腹立たしい…嫌なおっさんに見えて来ました。

言うまでもありませんが、不倫はした人が悪いです。

 

・米国が攻撃されても日本は何もしない。日本が攻撃されれば米国は全力で駆けつけねばならず、不公平だ。日本は米軍駐留費を全額負担するべきだ。

・「我々の日本とのアグリーメント(安保条約のこと)」では、アメリカが日本を守ることになっているが、日本はアメリカを守る事にはなっていないとして、これは「公平なディールじゃない」

つい先日の問題発言です。

これを聞いて、石破さん「米国が日本を守っているのだから、その経費を負担すべきだ、という文脈で言っているなら、日米安全保障条約をもう一度よく読んでほしい」と語りました。

これはトランプ氏のことを「政治のことをよく分かっていない人」と遠回しに表現したのだと思います。

 

・「習近平主席が来るようだが、国賓待遇の晩餐会なんか必要ない。マクドナルドのバーガーでも食べてもらえばいい」

人種差別なのか中国のことが個人的に嫌いなのか不明ですけれども、こんな発言を軽はずみにするのは非常に危険です。

 

・メキシコ移民は良くない。彼らは多くの問題を抱えており、それらの問題をアメリカに持ち込んでいる。彼らは麻薬を使用し、アメリカで犯罪を起こしている。彼らは強姦魔だ、中には善良な人間もいるかもしれないけどね。

仕事を求めて、隣国メキシコからアメリカに不法移民が流入していることが問題となっています。不法に入国するのは良くありませんが、それを差別的な言い回しで指摘するのは度が過ぎています。

 

・しばらくの間、アメリカで黒人大統領が登場することはないだろう

オバマさんの大統領としての仕事に疑問を持っているらしく、それを受けての発言がこれ。

個人を批判するなら分かるのですが、これは人種差別的発言です。

アメリカ国民みんなが人種で大統領を選ぶことはないと思うんですが。

 

以上の発言から想像するに、トランプ氏はかなり極端な考え方の持ち主で、「人種と宗教のサラダボウル」と表現されるアメリカを単一野菜にしかねない人物であります。

 

どうして人気があるのかな?

 

考えるに、支持層がトランプ氏と同じような考え方を持つ人たち、似た境遇の人たちなのでしょう。

彼らは自分たちの社会的影響力や資産が所得の再分配、人権問題、平等の名の下に侵害されていると思っているのかもしれません。また、オバマさんが大統領になったことを快く思っておらず、トランプ氏の爆弾発言が彼らの積年の欲求不満に火をつけている…そんな構図ではないでしょうか。

 

3.共和党を分かりやすく!

様々な問題発言を繰り返すトランプ氏を抱える共和党ってどんな政党なのでしょうか?

調べてみると、「保守的」「キリスト教」がキーワードになっているようで、

 

アメリカ共和党の政治思想は、

・国家は個人(家族)から財産を奪うもの

・国益重視で国際連合に反感を持っている

・不法移民反対

・人工妊娠中絶禁止

・家族制度重視

などを基本としているようであります。

 

民主党が国際連携や人権問題、環境問題、国内の貧困問題や福祉問題に取り組む姿勢を見せるのに対し、共和党は個人や国の利益を重視する傾向があるようです。

京都議定書から離脱したのも共和党政権。

相続税を廃止したのも共和党政権の時。

古典的資本主義とでもいうのか。やや時代にマッチしない感じがしますが、その辺が保守派と言われる所以でしょうか。

 

また、「正義」の名の下に過去に何度も他国の問題に軍事介入をしているようです。

クリントン政権が推し進めていた中東和平を事実上取りやめて、湾岸戦争やコソボ紛争、ソマリア内戦などに介入したのも共和党政権の時でした。

私はジョージ・W・ブッシュ氏が「ジャスティス!ジャスティス!」って軍事介入の演説をしてたのも印象に残っています。

個人的には、共和党の考えは少し時代遅れと思うけれど、「強いアメリカ」が好きな年配の方たち、お金持ちの人たち、選民思想のある人たちから強い支持を集めそうだとも思います。

事実として、共和党は白色人種の有権者の支持を集めているみたいですね。

 

4.カツラなんですか?画像で考察!

トランプ氏の人気の秘密は「不自然すぎる髪型にある」と言うサイトがありましたけど、まあ確かにずっと見ていたいような頭をしていらっしゃいます。

 

様々な角度から、カツラなのか?

どうなっているのか?

見てみましょう。

 

横からみた図。

U.S. Senator Cruz greets businessman Trump onstage as they address a Tea Party rally against the Iran nuclear deal at the U.S. Capitol in Washington

引用元:ニューズウィーク日本語版

薄い綿菓子みたいな感じです。光透過性が高いです。

カツラならもっと大胆にするのではないでしょうか?

 

前からみた図。

U.S. Republican presidential candidate Donald Trump takes a question from the audience at one of the New England Council's "Politics and Eggs' breakfasts in Manchester

引用元:ニューズウィーク日本語版

今日は前髪が多いですね。

カツラならいつも同じような髪型になるのでは?

 

またある日の前からみた図。

U.S. Republican presidential candidate Trump takes the stage for a campaign town hall meeting in Derry

引用元:ニューズウィーク日本語版

 

ん?

頭頂部に分け目が見えますぞ!

本当の生え際はあそこです!?

 

サウスカロナイナ州での会見で、記者の一人に自身の前髪を触らせ、

「誓ってカツラじゃない」

と発言しました。

 

やっぱりカツラじゃないんだ…。

 

5.まとめ

今回はアメリカ大統領候補のドナルド・トランプ氏についてでした。

まとめると、

・トランプ氏は超金持ちなジャイアンのような人である。

・トランプ氏は共和党の中でもかなり偏った思想の持ち主で、政治政策の方向性も心配だが、問題発言によって国際摩擦を作りそうである。

・カツラじゃありません。

となります。

 

各党の代表は7月に決まります!

アメリカ国民の冷静な判断が問われる選挙になりそう。要注目です!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。