妻が喜ぶおすすめ家族サービス~男の料理、手打ちうどん

この記事は5分で読めます

Pocket
LINEで送る

パパの皆さん、家族サービスしてますか?

 

平日仕事で忙しい分、家ではゆっくりしたい~と思われるかもしれませんが、それは妻も同じです。

お互いに気遣い合うのが夫婦!

 

最近奥さん疲れてるなあ~、奥さんの可愛い笑顔が見たいなあ~と思ったら、何かアクションを起こしてみましょう!

今回は私が最近、夫にしてもらって嬉しかった家族サービス「料理編」をご紹介します。

 

 

 

1.男の料理って何よ?

14421023480_be849706cd_m

 

よく男の料理って言いますけど、男性が作ればそれは「男の料理」なのかというと、そうではない気がします。

 

男の料理とは、

・肉! 

・具が大きい

・作り方がシンプル

・力が必要

みたいなイメージの料理ですね。

 

例えば、具がゴロゴロ入ったカレーやシチューとか。固まり肉のステーキに焼き野菜とか。牛丼とかね。

そんな感じです。

 

難しい技術は必要なく、レシピを見れば誰でも作れそうなメニューを豪快に作ってみる!

それが男の料理です。

 

パパが「今日の晩御飯は僕が作る!」と宣言したら、妻は

 

えええ!?

 

おお!!

 

 

このどちらかの反応を示すでしょう(笑)。

 

前者は料理をしない夫に対する反応、後者は料理は一応できるけど普段はしない夫に対する反応です。

 

どちらにせよ、妻は夫にめっちゃ注目します。

 

何を作ってくれるのかしら…

どんなものができるのかしら…と。

 

 

 

2.手打ちうどんを作るとな!?

スポンサードリンク

 

先に言ってしまうと、我が家の主人は一人暮らしの経験があって、料理が出来ます。

クッキングパパ レベルとまでは勿論いきませんが、チャーハン、スパゲティミートソース、麻婆豆腐、カレー、オムライス…

まあ、この位です。

 

彼は朝ごはん担当なので毎日キッチンには立ってます。

 

こう言うと結構みんなビックリしますね。

朝ご飯をご主人が作るの!?って。

 

ええ、作ってもらってます。

作る内容は迷うことがないように固定されているんですよ。なので、慣れたらパパッと出来ちゃうメニューです。

味噌汁、ごはん、卵焼き、ソーセージ、トマトまたはキュウリ(あれば)

です。パンがあれば味噌汁は省略。

 

 

世のパパさんたちも、本気出せば出来ると思います!

妻は定番の品を切らさないように気をつけるだけ(笑)。

 

このシステムはとても合理的で、朝夫がごはんを作ってくれると、私も一人で早起きしなくて良いし、子供や自分の身支度に集中できるので、共働き家庭におすすめです。

赤ちゃんがいる場合は、出勤前に授乳時間もしっかり確保できます。

 

朝ご主人に時間があればですけどね。

 

 

 

さて、一昨日から今日にかけて、世間は三連休。

夫はこんなことを言い出しました。

 

 

夫「連休中に何か生産的なことがしたいなあ~。」

私「何か作るの?巣箱パート2とか?」

 

 

巣箱とは…

これです。

 

IMG_5033

IMG_5032

 

 

在りし日のDIY作品。

 

シジュウカラ狙いだそうで、入り口の大きさを絶妙に調節した代物らしいです。

たまに突然こういうことしますね、彼は。

 

餌台を置いていて鳥は来ていますが、まだ空き家。

ただ今、入居者募集中。ご飯付きですよ~。

 

 

さて、それを聞いた夫はこうのたもうた。

 

「うどんでも打とうかと」

 

ほっほ~う。

いいねいいね~。面白いね~。

 

 

…ということで、今宵私は晩御飯は作らなくて良くなりました。

ちなみに、なぜ手打ちうどんを作ろうと思ったのかは完全に謎です。

 

 

手打ちうどんの材料

写真はまた作ってもらった時に撮るとして、作り方をさらっと書いておきます。

うどん大人3~4人前

白椿(中力粉 手打ちうどん用)…500g

水…240g

塩…20g

打ち粉(白椿か片栗粉かコーンスターチ)

 

道具:ボウル、麺棒(100円ショップに売ってます)、大きめの清潔なビニール袋2枚、まな板、包丁

 

準備

水と塩を完全に溶けるまで混ぜ合わせる

 

作り方

1.ボウルに白椿を入れて、粉の中心をくぼませ、準備しておいた塩水を2/3量加える。

 

2.1を指先を使って、手櫛のように全体がポロポロの状態になるまで混ぜ合わせる。残りの塩水も加えて同様に混ぜ合わせる。

 

3.2をひとまとまりにして大きめのビニール袋にいれ、1時間ほど寝かせる。生地がきれいにまとまっていなくてもOK

 

4.3にもう一つビニールをかけて二重にし、ビニールの上から足で踏んで生地を延ばす。誰かの背中を足でマッサージするような気持ちで。

延ばしたら袋の中の生地を4つ折りにして再び踏み込んで延ばす。

生地が滑らかになってくるまで、この作業を3〜5回繰り返す。

よっ!職人さんみたい!

袋から生地を取り出してキレイに丸め、再びビニール袋に入れて1時間寝かせる。

 

5.4を台に出し、打ち粉(生地が台にくっつかないように、薄く広めに粉を台に振りかける)をし、生地の厚さが3〜4mmになるように生地を麺棒で延ばす。

広めの台が無い時は、生地を2つに包丁で割り、2回に分けてやりましょう。

麺棒で延ばす時は、生地を四角っぽく延ばすようにすると麺の長さがそろいます。

 

6.5に打ち粉を振って3つ折にし、3〜4mmの幅に切る。この状態でジップロックに入れれば冷凍保存も可。

 

7.6をたっぷりの沸騰したお湯で12〜15分ゆで、ゆであがったらすぐに流水で洗ってしめる。

 

8.温めておいた市販のうどんつゆで頂きましょう!お好みで天ぷらや大根おろし、ネギ等を添えれば見た目も華やかに!

 

 

出来たうどんがこれです!

IMG_5380

 

ツヤツヤ。

美味しそう…というか美味しかったです。

しっかりとコシがあり、表面はとても滑らかなツルツルっと食べられるうどんでした。

 

IMG_5381

 

買って来た天ぷらと大根おろし、ネギ、海苔をかけて食べました。

 

私「美味しいね!

こういう讃岐うどんのお店あるよね!

うどん屋さんになれるよ!

また作ってね!」

 

 

はい、ベタ褒めしておきました。

 

長女も「パパ美味しい〜!おかわり〜!」と言っていました。

きっとまた作ってくれるはず…。

 

手打ちうどんはこねたり踏んだりするので、結構力が必要です。

そして、きれいに延ばして切りそろえるところ以外はそんなに難しくないそうです(夫談)。

きれいに切りそろえられなくても、家族は喜ぶと思いますので、男の料理に推しておきます(^^)

 

 

 

3.料理で家族サービスの注意点

人間とは不思議な生き物で、全く同じ2つの事象が起きるとしても、起きる順番によって評価が変わるんです。

 

悪いこと→良いこと…良かった

良いこと→悪いこと…悪かった

 

最後に何が起こるかがとても重要!

つまり、せっかくうどんが美味しくできても、後片付けが出来ていなければ…

 

ブブーー!

 

妻はにっこりしてくれません。

 

女性はそういうところ、厳しいんですハイ。

 

もし、パパさんが家族サービスとして料理をするのであれば、後片付けまでやりましょう。

 

 

後片付けのポイント

•妻レベルまでしなくて良いので、使った食器や道具類を洗って拭き、しまう。

•調理台にゴミや汚れた布巾が置きっぱなしになってなっていないか見る。

•調理台とコンロ周りを軽く拭き、床に粉やゴミが落ちていないか見る。

 

この3つです。

 

結構使ったビニールの空袋や輪ゴム、使用済みの布巾なんかが置きっぱなしになっていることがあります(私は誰に向けて言っているのか)。

妻によってはそれもムキー!っとなる原因になり得ますのでご注意を。

 

まあ、私は食器類を洗うまでしていただければ、多少散らかっていても合格ですが…(私自身が大さっぱな性格なので)。

 

 

お料理を作ってもらった奥様たちは、ご主人に最初から完璧を求めず、作ってもらったことにまずは感謝して褒めまくりましょう。

気を良くしてきっとまた作ってくれます(笑)。

お互いを気遣いながら、楽しく過ごしましょうね!

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。