公立小学校でも入学準備に大金が必要!内訳と出費のタイミング

この記事は2分で読めます

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

今からの5年以上前のことだと思いますが、夢見がちだった新米ママの私は、とある育児雑誌で「家計と家族計画と将来設計」のページを見ていました(あるあるでしょう…)。

保育料に住宅ローンに自動車ローンに学資保険、そして日々の生活費…子育て世代にとってお金の問題は尽きないわけで、そんな中、その雑誌には「子供が小学校に入学してからがお金の貯め時です」と書いてあった。

小学校入学はそれまで専業主婦をしていた人が働き始めたり、保育料がかからなくなってお金が貯めやすくなるタイミングですよ~と言うのです。

なるほど!今お金が貯まらなくても、子供が小学校に入ったらもう少し楽になって貯蓄に回せるお金が出来るのか!!と夢見がちだった私は希望の光を見た気がしたんです。

と、こ、ろ、が。

今、夢から覚めて現実を見ています(汗)。

ぜんっぜん楽にならない。

小学校って意外と出費があったのです。

今日はまあ、そういう話を書いてみます。

とりあえず、小学校入学時に必要になるものを書きつらねてみます。

まず、ランドセル。これはかなり値段に幅がありますけど相場は3.5~5.5万円くらい。革製品だともっと高級なものも当然あります。安くおさえたい気持ちはありますが、作りがちゃっちいと子供は扱いが雑なのですぐ壊れてしまうジレンマがあって、うちは結構奮発して良い値段のを買いました。年長さんの夏に買ったかな。最近は人気モデルはすぐに売り切れてしまうので、早めに買いました。ラン活というやつです。

スポンサードリンク

次に学習机ですが、小学校低学年のうちはリビングで勉強した方が習慣がつくという理由から買わない人も多いみたい。買おうと思ったらやはり2~3万円はかかりますね。素材にこだわるともっと値が張る。ちなみにうちはまだ学習机を買ってません。一人で勉強出来ないので…。

そして、入学直前(2~3月)に制服、ブラウス(半袖・長袖を3着ずつ)、体操着、帽子、上靴、運動靴、外靴、靴下、黒パン(ブルマ)、傘、筆箱、図工セット、ピアニカ、算数セット、手提げ袋など、ドタバタと出費が続きます。全部合わせて4万円位かかりました。ちなみに、公立の小学校ですが制服がある学校なんですね。冬制服とブラウスで1.5万かかっていますが、多分私服の小学校でも洋服を買い足したらそれくらいはかかるんじゃないでしょうか。ピアニカは学校で販売しているヤマハのものが5000円したので、ネットで3500円くらいのものを買いました。ちょっとでも節約よ…。

 

そして、4、5月に1年分のPTA会費と学童の保護者会費&連合会費がそれぞれ8000円前後で合計2.5万円の出費。

5月に入って夏の制服代(3着分)1.4万円と水着代5000円の出費。

上記のほか、給食費5500円と学童保育費9000円が毎月。

学級費が毎月2500円(私的には使途不明金)。朝顔を育てる鉢や団体障害保険の加入などで数千円。

というかんじで、なんだかんだで入学準備~5月末までの間に15万近くの出費がありました。学習机をかったら20万近くになりますね(汗)。

制服や学童保育がなかったとしても10万くらいはかかるので、ご参考までに。

 

私は最初、入学前に双方の両親からお祝い金を頂いて「こんなに貰っていいの~!?」とめっちゃ喜んでいましたが、ふたを開けてみたら全然足りなかったです(泣)。義務教育とはいっても結構お金かかるものですね~。

子供が大きくなるにつれ何かと買い足さないといけないし(しかも可愛いのを着せてあげたい)、習い事や家庭用学習教材、塾なんかも普通に行かせたいな~と思うし。出費のネタはつきることがありません(笑)。ま、近頃は親の「普通」の感覚が贅沢になって来ているのかもしれませんが。

来年小学校の入学を控えているお子さんがいるご家庭は、「少なくとも10万かかる」と今から身構えておきましょう。両親や義両親に「○○を買わないといけないけど、結構高いんだあ…」と布石をしておくのもオススメです(笑)。

ではでは!今日もご清聴ありがとうございました~。

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。