赤ちゃんに読みたいおすすめ人気絵本。知育絵本の選び方とは?

この記事は4分で読めます

Pocket
LINEで送る

読み聞かせの時はいつも全力。

ここは劇場か!?ってくらいの迫力と七色の声を使い分けて臨場感を出したい私です(楽しいヨ)。

最近チビすけ次女も少し目が見えるようになってきたみたいで、顔を1メートル位まで近づけると笑ってくれるようになり、そろそろ絵本の読み聞かせを始めようかなーと思っています。

 

絵本の読み聞かせ、みなさんはどうしてますか?

よく、絵本は0歳から読んであげるのが良いって聞きません?

 

よっしゃ、母ちゃん絵本読んだるで〜!と思って本屋に行くと絵本がズラリ。

うちの子ウバウバ言いだしたばかりなのに、何買って読んだらいいんだろう…?と困ってしまいます。

 

私も長女の時に試行錯誤でいろいろ絵本を買って試しましたが、赤ちゃんの反応が良い絵本、大きくなっても好きな絵本というのが確実に存在します。

赤ちゃんには赤ちゃんに適した絵本の作りがあるんです。

そこで、今日は「赤ちゃんの絵本の選び方」と「オススメの絵本」について、お話ししたいと思います。

 

1. 絵本選びのときに知っておきたいポイント

1. ストーリー性は無くてもOK

赤ちゃんですので、絵本のストーリーを理解することはまだできません。

ストーリーを楽しむのは、もっと先。2〜3歳くらいになったら簡単なお話が分かるようになります。

赤ちゃんのうちは五感を使って気を引くもの、楽しませたりするようなものがおすすめです。

視覚や聴覚、触覚、本を通じた触れ合いをテーマにしたものを選ぶと良いと思います。

 

2.視覚を育む本

視覚を育てる絵本は、鮮やかな色使いと、単純なイラストのものがおすすめです
赤ちゃんは視力が弱いので、コントラストのはっきりした色使いや、丸、四角、三角などの簡単な形を描いたものが分かりやすいですね。

また、1ページに描いてある絵の数は少なめの方がいいと思います。

手作り絵本でもいいかもしれない。なんちゃって絵本作家してみますか(笑)。

 

3.聴覚を育む本

聴覚を育てる絵本は、動物の鳴き声や乗り物の音、生活音など、音をテーマにしたものや歌の本が良いと思います。

聴覚に関しては、健康な赤ちゃんは産まれて間も無いうちからよく聞こえていて、音を聞き分けることができます。

我が家の次女は水の流れる音やドライヤーの音、掃除機の音、ビニールのかさかさする音などを聞き分けて泣きやんだり、神妙な顔をしたり、喜んだりしております。

お父さんお母さんが動物などになりきって気持ちを込めて読んであげれば、赤ちゃんも興味しんしん。

ワンワンやニャーニャーは動物の泣き声ですが、赤ちゃんは1歳くらいになると動物の名前として「ワンワ」「ニャーニャー」と声に出します。

 

4.触覚を育む本

布絵本ってご存知ですか?

布絵本は、フェルトや綿、麻、ポリエステルなど、異素材の物を使うことで色んな手触りが楽しめるように工夫されています。

中には鈴が付いていて本を振ったら音が鳴るとか、ある部分を触るとカシャカシャ音がするとかいう仕掛け付きの布絵本もあり。
普通の街の本屋さんではあまり売ってないかもしれませんが、子供の絵本専門店やネットの絵本専門店なら取り扱いがあります。

あと、私がおすすめなのは街の図書館。

布絵本は少し前に流行ったので、お母さんやおばあちゃんたちが地域でサークルを作って活動していることが多く、作品を図書館に寄贈していることがあります。

貴方の住む街の図書館にもあるかもしれませんん。
とはいえ、不特定多数の人が触った絵本を赤ちゃんに触らせるのはちょっと…という方もいらっしゃると思うので、そういう場合はご自分で買うか、もしくは自分で作ってみましょう!

100円ショップに行けばほとんどの道具が手に入ります。ボンドを使えばぶきっちょさんでも出来る!

 

5.スキンシップができる本

触れ合いが楽しめる絵本も良いと思います。

絵本の展開を通じて、お母さんが赤ちゃんの手を拍手してみたり、顔をつんつんしたり、腕や足を優しく少し動かしてあげると、赤ちゃんも大喜び!

読み手の愛情が赤ちゃんにも伝わり、素敵な時間になりますね。

歌の絵本の鉄板曲「むすんでひらいて」や「おおきなくりの木の下で」などは音と同時にふれあい手遊びが楽しめるのでおすすめです。

 

2.おすすめ絵本

スポンサードリンク

•「じゃあじゃあびりびり」 〜視覚、聴覚

赤、青、黄色の原色を豊富に使い、日常にある物を簡単な形、音で表現しています。例えば「自動車、ブーブーブー」など。赤ちゃんの絵本のエッセンスが詰まったオススメの一冊です。
我が家の経験ですが、この本は少し大きくなっても(3歳~4歳)、たまに読んでもらいたくなるようです。

「ママこれ読んで」

「え、これ読むの!?(もう4歳なのに?)」

みたいな感じです。

IMG_4587
•「くっついた」 〜視覚、スキンシップ

可愛い人の顔がたくさん出てきます。お父さんお母さん、赤ちゃん、家族みんなが揃って読んだら楽しい絵本だと思います。

ストーリー展開を通じて、スキンシップが出来ますよ!

IMG_4583
•「いないいないばあ」 〜聴覚、スキンシップ

言わずと知れた名作です。

イラストや色は産まれたばかりの赤ちゃんには見づらいのかなと思いますが、赤ちゃんはみんな「いないいないばあ」が大好き。

隠れたものがばあ!っと出てくる、驚きが楽しいのです。
読みながら、赤ちゃんにもいないいないばあをして見せたり、させてあげたりするといいと思います。

月齢的にはそうですね…早い子なら8ヶ月くらい「いないいないばあ」の遊びが理解出来ると思います。
ちなみに、「いないいないばあ」は英語で「peek-a-boo!(ピーカブー!)」。

世界共通の赤ちゃんが大好きな遊びです。

IMG_4589
•「どうようおとえほん」 〜聴覚、スキンシップ

写真は我が家にある「ちゃれんじ」の付録絵本なんですが、本屋さんにある童謡歌絵本ならなんでも良いと思います。

電池付きでスイッチを押すと歌と音楽が流れます。歌に合わせた手遊びが書いてある本が使いやすいです。
歌を流しながら、パパママは歌いつつ、赤ちゃんの身体を動かしてあげます。赤ちゃんは楽しい踊りが好きなので、にっこり。
ちなみにこの手の絵本は一冊あると、長~く遊べます。幼稚園や保育園に通う年になっても、とても重宝しますよ!

IMG_4588

•「のりものおでかけプップー」 〜視覚、聴覚、触覚

コンパクトサイズでベビーカーに吊り下げておくことができる布絵本です。可愛いイラストと色々な乗り物の音が楽しめます。

色使いも鮮やかで、表面はふわふわ素材、中はツルツル素材で出来ています。

350_Ehon_103469

だるまさんが… 〜視覚、聴覚、スキンシップ

大ヒットした絵本です。

我が家は長女が保育園で見て気に入ったことをきっかけに購入しましたが、内容的には0歳でも楽しめると思います。

白地にハッキリとした赤で大きく描かれただるまさん、絵がすごくかわいいです。

だるまさんの動きに合わせて赤ちゃんを優しく揺らしたり、シンプルな動作音で赤ちゃんの興味をひいたりして遊ぶことができます。

IMG_4590

3.まとめ

今回は「赤ちゃんにおすすめの絵本」についてのお話でした。

まとめると、

赤ちゃんの絵本はストーリーよりも絵や色、音、スキンシップなど五感に訴えるものを選ぶとよい

となります。

私が親になって実感するのは、「赤ちゃんは言葉はしゃべれないけど、色んなことを感じたり観察したりして、ものすごい勢いで周りのことを吸収している」ということです。脳が日々発達しているんですねえ…。

教育ママになるつもりは全然ないんですが、絵本の読み聞かせを通じて親子のふれあいの時間を末永く持ちたい、子供に絵本を好きになってもらいたいと考えています。

 

お子さんの絵本選びに、出産祝いのプレゼントに、参考にしていただければ嬉しいです。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。