産後うつで無気力、家事ができない…乗り切る方法について

この記事は4分で読めます

Pocket
LINEで送る

出産後、体当たりで慣れない育児を頑張るママたちに突如として訪れる精神的な変化。

ずっと気持ちが沈んでいたり、「あれもこれもやらなきゃ…」と分かっているのに身体が動かない、何事にも興味が湧かない、赤ちゃんの泣き声でパニックになったり頭が真っ白になる、今の自分に絶望している、涙が出る…そんなことありませんか?

 

もしかしたらそれは、産後うつかもしれません。

 

産後うつとは、産後の女性の5人に一人に生じる病気です。真面目な性格の人に多いと言われ、「もっと頑張りたいのに出来ない」という気持ちがいら立ちや無力感、絶望感につながります。

赤ちゃんが産まれて嬉しいはずなのに苦しい、幸せいっぱいなはずなのに悲しい…という気持ちから周りに言い出せず、一人で悩み、孤独感が絶望感を一層強くします。

 

私は産後うつのことを知らずに何年も悩んでいました。

我が家は核家族の転勤族で、両親は飛行機に乗らなければ会えない遠方に住んでいます。なので近くに親戚も友人もなし。主人は優しく家事も出来るのですが、とにかく仕事が忙しくて頼ることができませんでした。

とても苦しかったです。今でも当時のことを思い出すと辛くて涙が出るほどです。

 

苦しんでいるただ中に産後うつのことを知っていたら、周りの誰かが産後うつのことを知っていて私が悩んでいるのに気づいてくれていたら良かったのに!と思います。

 

なので、もっと産後うつのことについて、広く知ってもらいたい!そんな思いです。

 

産後うつはマタニティーブルーズとは異なり、治療が必要な病気です。

悪化すると罹った女性は孤独感を強め、赤ちゃんのネグレクトや自殺に追い込まれることもあります。ただ落ち込んでいる、ただ機嫌が悪い、疲れてやる気がでないだけ、産後にちょっとホルモンバランスが崩れているだけ…ではありません。

 

自分が産後うつかなと思ったら、また身近な人が産後うつかなと思ったら、そのままスルーせずに適切な治療を受けて、休むように(休ませてあげるように)してください。

 

産後うつの詳しい症状や治療については他の記事に書いてあるので、是非そちらをご覧頂きたいと思います。

 

今日は産後うつになった場合の、家での過ごし方についてお話します。

 

 

1.家事ができない!

9182929407_1cacb26855_m

産後うつが進行すると、無気力になって身体が動かなくなります。

自分では「洗濯物を干さないといけない」、「買い物に行かなければいけない」、「ご飯を作らなければいけない」などと、分かっているのにできない。

端から見るとサボっているように見えるし、本人もサボっているという自覚があります。

 

でも、できない!

 

頭と身体が鉛のように重たくて、家事が出来ません。

 

そんな時は、家事をしなくていいです。

 

むしろ、しないでください!

 

産後うつの治療の基本は、通院と家でゴロゴロすることです。

布団を敷いて、寝てましょう。できれば赤ちゃんとご一緒に。

 

育児はハードです。出産したばかりの母親は、24時間自分を赤ちゃんに捧げています。

ご飯が思うように食べられなかったり、ぐっすり眠れなかったり、お風呂に入れなかったり…時として「自分を犠牲にしている」と思うことも。

 

初めてのことだらけ、慣れないことだらけの毎日はただでさえストレスフルです。

そこに「家事をしなければ…」というストレスがかかってくると、必然的に「やろうと思っているのにうまくできない」というストレスもかかって来ます。

赤ちゃんがいると、うまく家事が進まないのは普通だからです。

 

家事をしなければ…という気持ちを手放すと、肩の荷が2つ降りることになります。

 

ストレスを減らすことが、お家での過ごし方の基本になります。

 

 

2.赤ちゃんのお世話はどうする?

スポンサードリンク

よく、「産後うつになったら、赤ちゃんの必要最低限のお世話だけしてください。」と聞きますが、必要最低限のお世話とは何でしょうか?

 

赤ちゃんの最低限のお世話とは、

 

•授乳

•オムツ換え

 

です。

 

お風呂は、ご主人にお願いしましょう。毎日じゃなくても良いので。

お母さんは授乳とオムツ換えだけしてあげてください。

 

もし授乳とオムツ換えが難しければ、かなり症状が重いです。

母親は自分自身の身の回りのことも出来なくなっている可能性があります。

 

こういう場合は、今すぐ親子で実家に帰るか、それが難しければファミリーサポートネットワークを利用して育児のサポートをしてもらうことをおすすめします。

ファミリーサポートネットワークは厚生労働省が子育て援助活動支援事業として位置づけるもので、事業所は全国各地にあります。市町村が窓口となっていることが多いです。お近くのファミリーサポートセンターは、女性労働協会のHPで確認出来ます。

 

問題は、ファミリーサポートネットワークは利用説明会に行かなければならないことです。産後うつの症状が重い場合は難しいのではないでしょうか。

こういう場合は、代理人が説明会に参加してよいかファミリーサポートセンターの事業所に確認したり、市町村の子育て窓口に電話して相談してみることをお勧めします。

 

 

3.辛い産後うつを乗り切るコツ

219530983_d2039757f0_m

産後うつの治療は通院と休養です。

しかし、ファミリーサポートを使用せずに自宅で療養する場合、ご飯や掃除、洗濯、買い物はどうするのかという問題があります。

ご主人も仕事をされているでしょうから、協力しようにも限界がありますよね。

そこで、「世の中にあるサービスを最大限に利用する&家事のサイクルを見直す」という2つの手法で、乗り切りましょう!

 

1.ご飯と買い物

朝ご飯はパンやコーンフレーク、果物、ヨーグルトなど「出せばすぐ食べられるもの」にスイッチしましょう。

可能なら、ご飯だけご主人に炊いてもらってください。一度に大量に炊いて小分けにして冷凍し、その都度チンして食べます。

晩ご飯は、宅配のお弁当や冷凍食品のおかずにすると良いと思います。最近の冷凍食品は、冷凍技術が進化したためか、とても美味しいですよ。私は今でも時々利用しています。

買い物は個別宅配料が安く、食料品以外のものも色々揃えられる「コープの宅配」を個人的におすすめします。最近は「冷凍のおかずセット」なるものも売っているし、解凍するだけで食べられる調理済みのお肉やお魚料理もありますよ。

買い物をお休みの日にご主人にお願いするという選択肢もあります。ご主人が嫌じゃなければ頼んでみてください。

 

2.掃除

赤ちゃんがまだ小さく、動き回らないのであれば、あまり気にしないでください。

ご主人が元気な時にちょろっと掃除機をかけてもらう程度で良いと思います。多少掃除が出来なくても、現代の生活では感染を起こしたりするような衛生環境レベルになることはまず考えられません。

赤ちゃんがハイハイや「ずり這い」などで動き回るようになったら、赤ちゃんの移動スペースだけは誤嚥の危険性のある小さいものが無いようにしましょう。

 

3.洗濯

乾燥機能付き洗濯機をお持ちなら、是非活用しましょう。

なければ週末にまとめてする、週に2回だけするなど、洗濯の頻度を見直します。

赤ちゃんのお洋服で汚れたものは、洗濯用漂白剤に浸けておいて、ご主人やファミリーサポーターが来た時にお願いしてください。

赤ちゃんのお洋服が足りない場合は、買い足すことをおすすめします。

インターネットショッピングを活用すれば、外出しなくても何でもそろいます。

 

4.まとめ

今回は産後うつになった場合の、家での過ごし方についてのお話でした。

産後うつの治療は周囲のサポートが鍵となりますが、ご主人の仕事が忙しい、通院が難しい、ファミリーサポートを利用する経済的な余裕が無いなども壁にぶつかることもあります。そういった場合も最初から「無理だ」と決めつけないで、実家や身の回りの知人、市町村の育児相談窓口に相談してみましょう。

一人で悩まないでください。声を上げれば助けてくれる人はきっといます!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

産後うつの具体的な症状や原因、治療についてはこちらです→育児が辛い、できないと思ったら産後うつかも?治す方法について。

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。