入学式ママスーツにコサージュは必要?選び方や付け方

この記事は4分で読めます

Pocket
LINEで送る

さーくら咲いたら一年生~♪

ひ~と~り~で行けるかな~♪

 

という歌がありますが、

岡山はまさに桜満開!入学式シーズンであります。

今回は入学式のママアイテム、コサージュについてのお話です。

 

 

1.コサージュの決まりごと。絶対に必要なのか?

入学式や卒業式などのセレモニーでスーツ姿のママ達が必ずと言っていいほど付けているコサージュ。

 

見かけるたび私が疑問に思うのは、

コサージュはつけないと非常識なのだろうか?

ってことです。

 

みんな付けてるから付けないといけないのかなと思う反面、たまにしか使わないものをわざわざ買うのもなんだかなあ…と思ったりします。

 

流行り廃りがありそうだし…。

普段使わないから付け方もよくわからないし…。

 

まあ、それは今回お勉強するから良いんですけど(笑)。

 

コサージュって絶対付けないといけないものなんでしょうか?

 

 

その答えはコサージュを付ける意味にありました。

コサージュは紙や布で出来た花の飾りで、セレモニーで女性の衣装を引き立てる、華を添えるために用います。

 

入学式はおめでたい席であり、春らしい爽やかで明るい印象が良いとされるのでコサージュが好まれますが、無くても華やかな服装あればOK!ということです。

 

そういった意味で、カラースーツは入学式のママファッションの定番ですね。

顔うつりが明るくなり、優しい色あいが華やかでとっても春らしいです。

 

でも、パステルカラーのアウターって着る人を選ぶと思いませんか?

普段そういう色を着ない人にとっては勇気が要ります。

 

私なんか、パステルカラーのアウターは絶対ダメです。顔がぼやけるというのか…とにかく似合わない。

顔立ちといい肌の色といいパステルカラーと同化してしまいます(笑)。

 

そういう私みたいなタイプは、スーツインナーにパステルカラーや光沢素材を取り入れましょう!

ベージュや明るめのグレーのスーツならインナーを工夫するだけで華やかさアップ!

ドレープやフリルの付いたものなんかいいですね~。

 

好みの問題かもしれませんが、鎖骨が少し見えるくらい襟が開いたカットソーがスッキリとしてオシャレな感じがします。

これに真珠のネックレス、ピアスなどのアクセサリーをプラスすれば見た目も爽やかで明るい感じになり、コサージュは要らない!

…と思います。もちろん、あってもいいんですけどね(笑)。

ママスーツ2

引用元:ニッセン

 

逆にコサージュを付けた方が良いと思われるのが黒や紺、暗めのグレー、上下白黒の組み合わせのスーツ、ベージュの上下でシンプルなデザインのお洋服です。

たとえばこんな↓

DLARGE

引用元:ベルーナ

 

よく言えばすっきりした印象、洗練された印象。

悪く言うと地味。華が無い。ベージュだと物足りない。

セレモニー感を出すためにコサージュをつけましょう!

 

 

 

2.入学式にふさわしいコサージュの選び方

コサージュを選ぶとき、スーツとセットになったものをつけると統一感が出て洗練された印象になり、かっこいい感じに仕上がります。

 

でもスーツとは別にコサージュを買うとしたら、どんなのが良いでしょうか?

 

オススメはやっぱり華やかな色味のあるものですかね~。

スーツの色にもよりますが、春を意識してピンクかオレンジ、イエロー、パープル、ベージュなどが良いと思います。

 

あとは、その人のお顔の色との相性です!

いわゆるパーソナルカラーというやつですね。

 

これは夫のスーツ&ネクタイを買いに行ったときに、店員さんがしてくれた話の受け売りですけど、お肌の色によって似合う色(パーソナルカラー)が人それぞれ決まっていて、それを踏まえて服やアクセサリーを選ぶとしっくりくる・顔うつりが良くなるんだそうですよ!

 

こにらのサイトでパーソナルカラー診断ができます→第一印象でトクするパーソナルカラー診断

 

普段のオシャレにも絶対使えるので参考にしてみてくださいね(^^)

 

 

3.コサージュの付け方

さて、コサージュの付け方です。

ついつい会社のネームプレートみたいに胸元につけたくなりますが、それだと何か変…。

こんな風に付けてみましょう!

・左右…左につけることが多いが決まっていない。

・高さ…コサージュの上端が鎖骨のラインと揃うくらい。

・向き…花が上向きになるようにする。相手に茎が見えないようにする。

 

corsage_5

引用元:花織

 

上記画像の引用元である花織さんはコサージュピンを使った付け方も丁寧に解説していて、とてもタメになります!

 

スポンサードリンク

4.生花やスカーフでもいい?

生花でコサージュはもちろんOKです!素敵じゃないですか〜〜。

もともと生花を飾りにしていたものが利便性を考えて紙や布製のお花になったものでしょうから、生花を飾りにして何の問題もありません。

ただ、そのまま飾ってしまうと式の間にしなびてきて、教室に戻る頃には花がぐったり下向きに…なんてことは避けたいです(笑)。

しおれないように専用の加工が必要になるので、お花屋さんに頼んだり、自分で作ったりしなければなりません。

気合いが必要になりますが、凝り性な方やコサージュ毎回一緒なのは嫌だと言う方、さりげなく他のママと差をつけたい方は挑戦してみてはいかがでしょう?

作り方はこのブログが参考になりそうですよ→お花屋さ〜ん(ぽかぽか)

 

スカーフも良いと思います!

私は来年きっとスカーフにします。誕生日にいただいた素敵なのが日の目を見ずにいるものですから…(笑)。

スターフはカジュアルだから駄目と言う方もいますが、最近は入学式•卒業式のママファッションもカジュアル化傾向にあります。

スーツやワンピースなどのドレスコードを抑えておけば、スカーフでもOK!

その辺は時代に即して柔軟に考えて良いと思います(^^)。

 

どこぞの超有名私立とかマダムばかりが集う学校とかでない限り、大丈夫(笑)。

色味や巻き方を工夫してセレモニー感を演出出来れば良いですね。

 

スカーフは専用のリングを使うと巻き方のバリエーションがぐっと広がるらしい。

欲しいな…。

 

5.まとめ

今回は入学式のコサージュについてのお話でした。

まとめると、

•コサージュは絶対必要ではないが、服装に色や華やかさが足りない場合は付けた方がいい!

•コサージュを付ける位置ははジャケットまたは上着の左右どちらかでも良いが、高めの位置(鎖骨付近)にしないとキマらない。

•コサージュは花が上向きになるように、茎は相手に見えにくいように付ける。

•コサージュの色は春を意識したパーソナルカラーを選ぶ。

•生のお花やスカーフでも良い!

 

となります。

私は来年長女の小学校入学を控え、今からどんな格好をしようか想像が膨らみました(気が早いね)。

参考にしていただけると嬉しいです。今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。