子供が足を痒がって寝ないのはムズムズ脚症候群なの?症状と対処法

この記事は4分で読めます

Pocket
LINEで送る

夜。

「足がかゆくて寝れんのんじゃ〜(岡山弁)」

最近の長女のお決まり文句です。

 

両足の親指をずっと掻いています。

おしゃべりもします。

 

なかなか寝てくれなくて毎晩寝かしつけに困っているのですが、

昨晩、一度寝たはずの長女が「足が痒い…」と言ってついに泣き出してしまいました。

 

眠気も手伝いグズグズ泣き続ける長女と、それに翻弄される私たち夫婦。

足の裏を交代で掻いたり、マッサージしたり、冷やしてみたり。

1時間以上は長女の足裏を掻いてあげていたと思います。

 

私はいつものことだとあまり気にしてませんでしたが、夫は『こんなに痒がるっておかしい』と思ったみたいで携帯で検索…

「この症状はムズムズ脚症候群じゃないの?」

って言ってきた。

 

ムズムズ脚〜?

そんなバカな…

 

はい、今日は「子供が夜に足裏をめっちゃ痒がる場合」について、調べたことを書いてみます。

スポンサードリンク

 

1.足の裏が痒くて寝れない長女。これってムズムズ脚症候群?

足

ムズムズ脚症候群と聞いて、私は「それは無いっしょ」と思いました。

 

ムズムズ脚ってあれでしょ、別名「レストレス・レッグス=休めない脚」。

パーキンソン病の患者さんが訴える症状の一つです。

 

仕事柄そういう方達に何人もお会いして来ましたが、あれって自分の意志と関係なく勝手に脚が動いてしまうことを指すんじゃなかったっけ…?

痒いなんて言ってた患者さんいたかな…?

 

夫の調査結果に否定的であったものの(笑)、内心ムズムズ脚症候群だったら困るなあと少し心配です。

翌日(つまり今日ですが)になって、早速調べてみました。

 

1.どんな病気か?症状と原因

まず、パーキンソン病でなくてもムズムズ脚症候群になることがあります。

どんな症状かと言うと、「夕方〜夜にかけて脚に不快感をともない、じっとしていられない状態」で、

 

子供のムズムズ脚症候群は

・足がかゆい

・熱い

・足が痛い

・足がチクチクする

・足がピリピリする

などという言葉で訴えられることが多いそうです。

 

また、訴えてくることは無くても、寝る前に

・足を何かにこすりつけている

・足を掻いている

・足をずっと動かしていている

・泣く、機嫌が悪い

などの行動が見られればムズムズ脚症候群の可能性があるそうですよ。

 

ここまで見ると、うちの長女は「かゆい」と言って、足を掻いているからムズムズ脚症候群の可能性がありますね…。

 

さて、気になるのはムズムズ脚症候群の原因です。

パーキンソン病のように脳の神経に何か異常があるのでしょうか?

 

調べてみると…パーキンソン病同様、脳内の伝達物質ドパミンが正常に働かないことで起こる場合と、成長痛に関連して訴えてくる場合があり、前者は

1.ドパミンの不足

2.ドパミンが正常に働く為に必要な鉄分の不足

とに大きく原因が分かれるそうです。

 

また、ムズムズ脚症候群は遺伝する確率が高く、肥満や運動不足などの生活習慣とも相関することが知られています。

成長痛に関しては、ムズムズ脚症候群の子の方がそうでない子より成長痛の経験が多いことが知られているそうです。

身長が伸びている時に脚のムズムズを感じることがあるっていうことですかねえ…。

 

2.上記を踏まえて我が子のことを考えてみた。

調べている間に私は自分の幼少時代のことを思い出して来ました。

そういえば、私も小さいころ足の裏が痒くて寝る時に母親に掻いてもらってた記憶が…と。蘇りましたよ。

 

何十年前ですか!?20年かな…(嘘)。

そして、私は成長痛経験者です。

めっちゃ背が高いです。

 

思い当たって、思わず長女の身長を今日測ってみました。

1ヶ月半前より2センチ近く伸びていました…。

 

成長痛による一時的なものかもしれないなと思いました。

 

念のため、消去法でも考えてみます。

まず、うちの子に限って鉄分不足はあり得ないです。

好き嫌いなくご飯は何でもモリモリ食べるし、生理も来てないし(汗)、週に3回水泳して、真っ黒に日焼けして走り回れる元気があって、保育園の先生に「アスリート」と呼ばれている逆三角形の5歳児です。

鉄分不足なら貧血で激しい運動は無理でしょうから、鉄不足ではありません。

 

家では落ち着きがなく怒られてばかりですが、昼間はよそ行きの顔で先生の話をお利口に聞いているらしいので、ADHDではないと思うし…。

 

以上のことを踏まえて、うちの子は今一時的にムズムズ脚症候群かもしれないが、放っておいても治る気がしてきました。

別に病院行かなくても…!小さい頃の私と一緒なのだと思う!

そんな気がして来ました。

 

実際病院のサイトを見るに、ADHDが否定でき、規則正しい生活リズムのもと脚を掻いてあげる程度で寝てくれるようなら、中学校に上がる頃には自然に治ることが多いので経過観察で良いそうですよ。

 

 

2.うちの子ムズムズ脚症候群かなと思ったら?入眠の工夫

スポンサードリンク

ムズムズ脚症候群かもしれない長女の寝かしつけについて、今日は最初から以上のような工夫をしてみました。

 

・入眠儀式を飛ばさない

最近布団に入るのが遅くて、入眠儀式である「本読み」を省略していたのを思い出し、慌てて今日久しぶりに本読みしました(笑)。

相変わらず読み終わってから寝るまでにすごい時間がかかるけれども、5歳までずっと一人っ子で母を独占してきたところが急に妹が出来て、寂しいのを我慢してるのに入眠儀式である本読みも省略され、「もう遅いから寝なさい」と言われて腑に落ちないという精神的なものがあるのかな〜と思ったり…。

ムズムズ脚症候群の原因については学びましたが、満たされない気持ちが身体的な症状に結びつくことも、よくありそうな話ではありませんか。

もっと早く布団に入って寝かせられるようにならないとダメだね、かーちゃんは。

 

・涼しい環境を作る

長女は暑がりです。思えば彼女は数日前から「熱い。扇風機出してくれ。エアコンをつけてくれ」と騒いでいました。

暑さは痒さと相関しますよね…?

涼しくしたら、痒くなくなるかな?

そう思い、今日は寝る前に寝室を換気して外の涼しい空気を入れた後、脚の下にアイスノン、上半身の下には「白元 冷却ジェルマット」を敷いて寝かせたところ、寝た!

足の裏が痒いとは一言も言わなかったです。

 

本読みに関しては効果のほどは微妙で、私の自己満足に終わったようでしたが(笑)、冷やすのはかなり効果が高いと感じました。

ムズムズしている子のパパ・ママは是非お試しください!

 

3.まとめ

今回は子供のムズムズ脚症候群のお話でした。

まとめると、

・ムズムズ脚症候群はパーキンソン病でなくてもかかる場合がある

・ムズムズ脚症候群は日中の多動や鉄不足があったり、脚をさする・冷やすなどの工夫をしても寝られない場合には治療を考慮すると良いが、それ以外の場合は自然に治ることが多い

となります。

ご参考にしていただけると嬉しいです。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。