妊婦さんの食事について、健康のために心がけたいポイントは?

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは。ホシ姐です。
あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

昨年12月から始めたこのブログですが、今年の目標は「面白くて為になる記事を沢山書く!」です。頑張ります!

 

さて、前回「腸スッキリ!妊婦さんも安心の便秘に効くオススメの食材とは。」という記事をお送りしたんですが、記事を書いててふと思いました。

妊婦さんの食事の基礎知識について書いてないじゃないか!と。

案外色々あるんですよ〜。便秘解消のために良い食材も、今回のポイントを踏まえなければ、別のことで悩む羽目になってしまうかもしれません。
ぜひ、今日の記事をご覧くださいませ!

 

 

妊婦さんが食事のときに心がけたいポイント

1.栄養バランス

妊婦さんの栄養状態はお腹の中の赤ちゃんに影響します。つわりがおさまったら、栄養バランスの整った食生活を心がけましょう。
栄養学の専門的な知識がなくても、赤、黄、黒、緑、白の5色の食材のバランスに注意するだけで、自然と栄養バランスの取れた食事ができます。。これは、東洋医学の考え方に則った健康法の1つで、買い物の時と料理の時に食材の色を気をつけるだけなので生活に取り入れやすく、オススメの方法です。

 

 

2.カロリー

妊婦さんはホルモンの影響で身体に脂肪が付きやすくなっています。

ホシ姐は元々瘦せ型で、食べても太りにくい体質なのですが、妊娠した途端太り出し、出産するとシューっと痩せます。ホルモンの働きは絶大なのです。
妊婦さんの太りすぎは、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病の原因になったり、難産の原因になることがあり、注意が必要です。
ご飯が美味しくても、食べ過ぎないように品数を増やしてみたり、よく噛んでゆっくり食べるようにしたり、薄味を心がけてみるなどして工夫して下さいね。

ちなみに、妊婦さんの必要カロリー摂取量は、デスクワークメインの方や自宅で過ごす方なら1800キロカロリー、立ち仕事をしている方なら2000キロカロリーほどだそうです。

 

夕食の献立例

不明

引用元:KIKKOMAN「プレママごはん」

 

スポンサードリンク

 

croissant-chocolate-breakfast-healthy-fruit-and-nut

 

 

3.塩気

妊娠すると、身体が浮腫みやすくなるという話を聞きませんか?
これ、本当にそうなんです!そして、案外盲点だと思います。
ホシ姐はチビすけ1号を出産したときに17キロも増えてしまったのですが、足の甲がプクっとクリームパンのように膨らんで、指で押しても凹んだまんま…という浮腫みようでした。
さすがに看護師さんに指導されましたね。でも、沢山食べているという自覚はなく、「妊婦は空気を吸うだけで太るんじゃないか」と思っておりました。
しかし、2人目を妊娠中に気づいたのです。ラーメンを食べた時と、同じ位のカロリーのパンを食べた時では、圧倒的にラーメンの方が体重増加することを!
ラーメンを食べると、1日で体重が1.5キロも増えるんですよ。食べたラーメンの重さより明らかに増えてる…。そして、数日間かけて徐々に体重が戻っていきます。
これは…塩分摂取による浮腫みに違いない! と確信しました。
妊婦さんの身体は出産に備えて循環血液量が増えるように身体が変化しており、水太りしやすいです。塩分の多い食事を1回摂るだけで、体重が増えてしまいます。体重が増えると心臓に負担がかかりますし、何より塩分の取り過ぎは高血圧の原因になります。更に塩辛い味付けだとご飯が進むので、体重も増えやすいです。
妊婦さんの食事はダシの旨味を上手く利用して、塩分は控えめにしましょう。妊娠中からダシの取り方を練習しておけば、美味しい離乳食作りの練習にもなりますよ!酢やハーブ、スパイスなどを使うのもおすすめです。

 

side-view-of-a-bottle-with-salt

 

妊婦さんが便秘しやすいのはなぜでしょう?よろしければ過去ログをご覧ください→妊娠で頑固な便秘になるのはなぜ?実はこんな理由があった!

 

4.摂り方

摂り方って何だろう?と思われるかもしれませんが、簡単です。

冷たいものを控える!ということです。

 

なぜか?
冷たいものを食べると胃腸が冷え、血行が悪くなります。すると、それを是正するべく交感神経が働き始めるのです。交感神経は、血管を収縮させたり、心拍数を上げたりすることで、冷えた身体を温めようとするんですね。

消化管の運動は副交感神経が優位な状態で活発になり、交感神経優位な状態では抑制されます。ですから、冷たいものを好む食生活だと、慢性的に腸の動きが悪くなり、便秘を悪化させてしまう可能性があるのです。
妊婦さんは暑くてもキンキンに冷やしたものを飲まないようにしましょう。

 

カロリーや便秘を気にする妊婦さんはレタスやキュウリ、トマトなどを使ったサラダを沢山食べようと思うかもしれませんが、これらの夏が旬の野菜は食べると身体を冷やしてしまう性質がある点も気をつけたいポイントです。

サラダはドレッシングもかけることになるので、塩分オーバーになる可能性もあり…。これも案外盲点なんじゃないかとホシ姐は思っております(笑)。

 

5.まとめ

妊婦さんの食事の重要ポイントは、食事の栄養バランスと、カロリー塩分冷やさないゆっくり食べるでした。
気をつけることが沢山あって難しそうだ…!と思われるかもしれませんが、そんなに難しいことはありません。
カロリーとゆっくり食べる、冷やさないの3点は根菜類を取り入れることで解消できます。

コツさえ押さえれば簡単なんですよ!

…ということで、次回はいよいよ妊婦さんの便秘解消に役立つ栄養たっぷり!簡単お料理レシピをお届けします。お楽しみに〜。

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。