妊娠に気づかず風疹ワクチンを受けた場合、赤ちゃんへの影響は?

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

私事ですが、風疹というと辛い思い出があります。

 

小学校2年の夏、父親と二人で海へキャンプに行き、翌朝全身にプツプツが…!

楽しいキャンプが即中断、一気に険悪ムードに突入。

なぜか怒る父!

買える途中、ずっと車の中で「神様助けてください」と泣いてお願いしていた私。

 

車のタイヤがキキキキ…と鳴っていました。父は父なりに焦っていたのかも。

 

診断の結果は「風疹」です。

 

そんな鮮烈な思い出がありましたので、結婚後、妊娠に際して自信を持って「私は風疹に罹ったことがある!」と言い切れたんですけれども、人によっては妊娠前に「私罹ったことあるのかな?」「予防接種したのかな?」と記憶が定かでない場合もあるし、妊娠していると知らずにワクチンを接種して赤ちゃんへの影響が心配になる場合もあると思います。

 

今回は風疹ワクチンと妊娠のお話第一弾「妊娠に気づかず風疹ワクチンを接種してしまった場合」について書いてみます。

 

 

1.妊娠中に風疹にかかると赤ちゃんに悪いと言われる訳

妊婦5

 

風疹は別名「3日ばしか」とも言います。3日もすれば症状が良くなるので、この名前がつきました。

風疹ウイルスによって起こる感染症で、春先から初夏にかけて多く、潜伏期間は2~3週間。

突然全身に発疹や発熱、リンパの腫れなどが見られますが、感染しても明らかな症状が出ないまま免疫を獲得する人も中にはいるようです(全体の15~30%)。

なので、風疹にかかった記憶が無いけど免疫を持っている人も中にはいらっしゃいます。

 

注意すべきは、過去に風疹にかかったことが明らかであったり、ワクチンを接種した記録が残っていても、時間経過と共に徐々に風疹に対する免疫が落ちるケースがあることです。

だから、実は私のように風疹にかかったことがあると自信を持って言い切れる場合であっても、決して安心は出来ないのが正解。

 

風疹は子供が罹ると症状自体は軽いことが多いですが、大人は症状が重くなりやすく、妊婦さんが罹ってしまうとお腹の赤ちゃんに影響する場合があります。

先天性風疹症候群といって、お腹の赤ちゃんが風疹ウイルスに感染し、生まれながらにして難聴や心臓の病気、白内障、精神や体の発達の遅れをもって生まれてくることがあるのです。

 

先天性風疹症候群は、特に妊娠初期に気をつけた方がいいと言われており、妊娠12週までに風疹にかかると先天性風疹症候群の可能性が高いそうです。

妊婦さんが風疹にかかると必ず赤ちゃんに影響するのかというとそうではありませんが、先天性風疹症候群が起こる確率は決して低くはありません(20~90%)。

妊娠中はなるべく風疹にかからないように注意しましょう。

 

風疹にかかったことがある•ないに関わらず人ごみを避けたり、夫や同居している家族も風疹にかからないように心がけた方がよいです。ご家族は自分が風疹にかかって妊婦さんにうつさないように、抗体価が低い時は予防接種を受けましょう。

風疹ウイルスは感染者のくしゃみや咳などによる飛沫でうつるので、マスクと手洗いうがいも大切です。

 

 

 

2.風疹ワクチンは生ワクチン!

スポンサードリンク

さて、ここからが本題です。

妊娠中に風疹にかからないよう気をつけなければいけないのは先に述べましたが、妊娠に気づかず風疹ワクチンを打ってしまった場合、赤ちゃんに悪影響はないのでしょうか?

 

風疹ワクチンの添付文書には、

・妊娠していることが明らかな者は禁忌

・妊娠可能な婦人は少なくとも1ヶ月間避妊したのちに接種し、接種後2ヶ月間は妊娠を控えること

と書いてあります。

 

こんなことを書かれると、妊娠に気づかず接種してしまった人はとても心配ですよね。

上記のような記載がされている根拠は、風疹ワクチンが生ワクチンであることに基づいています。

 

インフルエンザワクチンはウイルスの病原性を取り除いた不活化ワクチンなので病原性がなく、妊婦さんはむしろ積極的に接種が推奨されているんですけれども、風疹ワクチンはウイルスを弱毒化したものであり、病原性がないとは言い切れないのです。

なのでワクチンに含まれるウイルスが赤ちゃんに感染することも完全否定されておりません。

 

 

理論的にはまあそうなんですが、今のところ妊娠中に気づかずワクチン接種をして、先天性風疹症候群の赤ちゃんが生まれたとの報告は世界的にみても無いそうです。

世界的にですよ?

 

なので、心配しないでください。

 

…ということで、結論は

きっと大丈夫!

ということになります。

 

 

3.まとめ

今回は妊娠に気づかず風疹ワクチンを接種した場合についてのお話でした。

ワクチンが赤ちゃんに影響することはまずないので、ご安心を。

 

風疹に限らず、妊娠中はあらゆる病気になるべくかからないように気をつけたいものです。

妊婦さんはご自分の身体をいたわるのが赤ちゃんを大切にすることにつながります。

あまり無理せず、ご自愛くださいませ!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

妊婦健診における風疹抗体検査についての記事はコチラです→妊婦健診の風疹抗体価が低い時•高すぎる時の考え方と対処法

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。