妊婦健診の風疹抗体価が低い時•高すぎる時の考え方と対処法

この記事は4分で読めます

Pocket
LINEで送る

「妊娠おめでとうございます!」から始まる妊婦健診。

初期の間に必ず検査されるのが風疹抗体価であります。

 

風疹といえば、水疱瘡やおたふくと並んで「一度かかると二度と罹らない病気」の代表。

 

私の場合、絶対小学校2年生の時に罹っているのに、中学校の時にもう一度ワクチン接種をし、妊娠してから抗体検査されたので…ちょっと不思議でした。

 

免疫があるに決まってるじゃないか、検査することも無いよ…と思ってました(思いませんでしたか?)。

 

 

でも、実際は罹ったことがあるからと言って大丈夫とも限らないし、罹ってないと思っていても罹っている(いた)なんてこともあるそうです。

 

妊娠中に風疹にかかると赤ちゃんに影響することがあるので検査をする!

…らしいので、今日は妊婦健診における風疹抗体検査についてのお話をしてみます。

スポンサードリンク

1.風疹抗体価とは?

妊娠中に風疹にかかると、先天性風疹症候群といって赤ちゃんが難聴や白内障、心臓の病気、精神や体の発達障害を持って生まれる可能性があるそうです。なので、妊婦さんは妊娠全期間を通して、風疹に罹らないように気をつけなければなりません。

 

一番望ましいのは、妊娠を希望した場合に、前もって予防接種を受けておくことです。

 

生理が来て妊娠していないことが確認出来たら予防接種を受ける→その後少なくとも2ヶ月間は避妊をするのがよいと言われています。

過去に風疹に罹ったことがある•予防接種を受けたことがあると確信している方でも決して安心はできなくて、時間が経つとともに免疫が落ちて抗体が不十分になることもあるそうです。

 

特に、風疹の予防接種は1977年8月から1995年4月までは女子中学生のみに接種していたので、誕生日が以下の期間に該当する方たちは風疹に対する免疫が低く、注意が必要と言われています。該当する妊娠計画中の方は予防接種を受けましょう!

 

 

予防接種法改正に伴い、風疹の予防接種率が低い世代とは?

1979年4月2日~1987年10月1日生まれの女性

1987年10月1日以前に生まれた男性

※50歳以上の方は風疹予防接種のない時代で自然の流行により抗体を獲得したと考えられるので、殆ど心配要りません。

 

 

ちなみに私は、上記の世代ドンピシャであります。

昨年次女を出産したときの抗体価は32。今思うとギリギリセーフでした…。

自然免疫を獲得したのに、そんなこともあるんですね。

 

風疹ウイルスに免疫があるかどうかは、風疹抗体価を調べることで判定出来ます。

主流はHI法という手法で、値は8未満、8、16、32、64,128…と2の階乗で表されます。

 

値が低ければ免疫がないので風疹感染に注意、適度に高い(標準値32〜128)なら免疫あり、高すぎれば今現在風疹感染の疑いがあり…となります。

 

 

 

2.風疹抗体価が低いと言われたら?

スポンサードリンク

抗体価が16以下の方は風疹に対する免疫がないか、もしくは不十分です。

こういった場合、妊娠中に風疹に罹らないよう特に気をつける必要があります。

具体的な方法は以下のようになります。

 

1.人ごみを避ける

風疹は感染者のくしゃみや咳などでウイルスを含んだ唾液が飛ぶことによって感染します。いわゆる飛沫感染です。

里帰りのために新幹線や飛行機に乗るとか、通院に電車を利用するとかいう場合はしっかりマスクをしましょう。

あとは手洗い、うがいもしっかりと。

風邪やインフルエンザの予防にもなるので、風疹抗体がある•ないに関わらず妊婦さんにはおすすめの病気の予防法です。

 

 

2.家族が予防接種を受ける。

近年風疹は20〜40代の男性に多いそうです。

まさに、妊婦さんの夫世代であり、風疹の予防接種率が低い世代です。

妊婦さんは予防接種を受けることができないので感染しないように気をつけるしかないのですが、夫は予防接種を受けることで風疹を予防できます!

大人になってからの風疹は症状も重くなりがち。生まれてくるお子さんや愛する妻のためにも、自分のためにも予防接種を受けましょう。

 

 

3.出産後すぐに予防接種を受ける

妊娠中は風疹ワクチンを受けられませんが、出産後はすぐに接種が可能です。

風疹になってしまったら、自分も大変だけれども、赤ちゃんにうつしてしまったら…もっと大変!

我が子のためにも母は健康第一と考えて、抗体価の低かった方は1ヶ月健診の折にでもワクチンを接種しちゃいましょう。

ここで打っておけば、次の妊娠の時にも一安心です。

 

 

3.風疹抗体価が高い=風疹に罹ってるの?

高い値が出た場合は、今まさに風疹にかかっているのか、ごく最近かかったものなのか、免疫が強くて抗体価が高いのかをはっきりさせる必要があるため、再度風疹抗体価を検査するとともに、風疹特異的IgM検査を行います。

検査のタイミングにもよりますが、初回の抗体検査で今まさに風疹にかかっている状況であれば、再検査の際の抗体価は前回値より更にドーンと上昇することが予想されます。抗体価が不変でIgMが陰性であれば、風疹の心配はありません。

 

抗体価が4倍以上の上昇かまたはIgMが陽性の場合は、風疹に罹っているか最近罹っていた可能性が否定出来ません。

 

ちなみに抗体価は256倍からが高値と言われますが、臨床では珍しい値ではなく、施設によっては512倍以上で再検査とするところもあるようですよ。

 

 

補足)風疹特異的IgMとは?

風疹特異的IgMは抗体の一種です。風疹抗体価(IgG)と共に風疹感染で上昇しますが、IgGよりも消失が早く、2〜3ヶ月で消失することが特徴です(まれに時間が経っても消失しないことがあります)。

風疹検査は妊娠初期に行いますから、抗体価が高くても前回値と不変で風疹特異的IgMが陰性であれば、妊娠成立以降の風疹感染を否定出来ます。

 

 

風疹に罹っている(罹っていた)可能性が否定できなかったら?

まずは落ち着いて、妊娠が成立してから現在にいたるまでに身近に風疹にかかった人がいなかったかどうか確認をしてみてください。

風疹は飛沫感染なので、満員電車で目の前の知らない人にくしゃみをかけられたとかいうようなことが無い限り、周囲の誰かからうつされるものです。

また、風疹が世の中で流行しているのかどうかも有効な判断材料になります。その辺は、医師がよく把握していますので聞いてみてください。

実際のところ、風疹抗体価が高かったり非特異的IgMが高くても、どちらかが単独で高いだけのケースは問題ないことが多いそうです。まれに長期間にわたって高い抗体価を維持する特殊な例もあります。

世間で明らかな流行がなければ、そして身近に風疹に罹った人がいなければ、採血だけで風疹感染があるとは言えないそうです。

 

 

4.まとめ

今回は妊婦健診時の風疹抗体検査についてのおはなしでした。

まとめると、

•抗体価が低かった場合、妊婦さんは人ごみをさけ、マスクをし、手洗いうがいに務める。夫や身近な若年者は抗体検査を受けるとともに、必要に応じて予防接種を受ける。産後速やかに予防接種を受ける。

•抗体価が高い場合も、血液検査だけで風疹を判断することはできない。 身近に風疹にかかった人がいたり、世間で流行したりしていないか落ち着いて確認する。

となります。

 

それにしてもですね、こんなに重要なことはもっと早くに教えて欲しいです。

結婚した人(結婚適齢期の人)全員に前もって知ってもらえるような仕組みが欲しいと思いました。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 〜追記〜H28.4.8

岡山市では平成28年4月1日〜29年3月31日までの期間、妊娠を希望する女性とそのパートナーに対し、先天性風疹症候群の予防を目的として麻疹風疹ワクチンの接種費用を一部助成するそうです。また、一定の条件を満たした女性ならびにその家族について、無料で風疹抗体検査も実施しているそうです。

詳しい内容については、岡山市HPをご覧ください。

 

こちらの関連記事も合わせて読んでみませんか?→妊娠に気づかず風疹ワクチンを受けた場合、赤ちゃんへの影響は?

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。