外遊びにおすすめ!小さな子供が遊べる人気の乗り物おもちゃをまとめてみた!

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る


子供には元気に外で遊んで欲しい!と思うパパ•ママの中には「外遊び用の乗り物が欲しい!」と思われる方もいらっしゃることでしょう。

何買います?

最近は色々あるんですよ〜〜。

私は長女が1歳の時に三輪車を買ったのですが、その後彼女の成長と三輪車の使いっぷり、世間の流行りなどを見て「こんな風に買えば良かったのかな〜」と考えさせられたことがあったので、今日は個人的な経験を元におすすめの乗り物おもちゃについて書いてみたいと思います。

 

1.プラズマカー(対象年齢 3歳~)

FullSizeRender

価格 10.260円+税

体重移動とハンドル操作で前進、方向転換、後退が自在にできる乗り物おもちゃです。
ポイントは、2人乗りが可能なこと。
椅子の部分が広く作られており、制限体重も100キロまでなので、親子で乗って楽しむことができます。
パパやママと一緒に乗るなら3歳未満の小さい子も遊ぶことができるでしょう。
脚で地面を蹴って乗ることもできるので、一般的な車型おもちゃと同じように遊ぶことが出来ます。
グッドデザイン賞、キッズデザイン賞受賞商品。
我が家は昨年からずっと欲しかったのですが数日前にようやく購入しました!
次女(8ヶ月)を前に座らせて、私(アラフォー)が運転しています…フフフ。
まだちょっと二人乗りには早かったかなって感じですが、頑張ればできる!


2.ワイバイク(対象年齢 2歳~)

価格 10.260円(税込)~
3.でご紹介するストライダーと人気を二分するバランスバイクがワイバイクです。
ワイバイクは脚で地面を蹴って進む小さなバイクで、遊んでいるうちに自然とバランス感覚が身につくので、自転車への移行がスムーズに出来るのが親御さんたちから支持されています。
ストライダーよりも小さめにできていて、タイヤが太く、後輪はタイヤが二輪になっているのでバランスが取りやすいようです。
デザインもバイクっぽくてかっこいいです。
うちの近所では圧倒的にワイバイクが人気で、一家で2台持っているご家庭もあります。結構スピードが出ます。
制限体重は100キロまでですが、大きさから言うと5~6歳くらいまでかなと思います。

 

3.ストライダー(対象年齢 2歳~)

スポンサードリンク

ストライダー

 

価格 10900円+税

こちらも脚で地面を蹴って進むバイクです。自然とバランス感覚が身につくので、自転車への移行が容易になると評判です。
ワイバイクよりも自転車に近いデザインで、タイヤは少し細め。自立できません。
ハンドルやシートの高さを調節できること、フレームがスチール製で色あせにくいこと、2年間保証つきなのが大きなポイントです。

自転車が好きな親御さんはストライダーがいいなと思うのかもしれません(^.^)

 

4.へんしんバイクs(対象年齢 2歳~)

価格 14.800円+税
ストライダーにそっくりですが、このへんしんバイクは後でペダルを付けることができ、自転車に変身します。
なので、最初からブレーキも付いています(ワイバイクやストライダーはブレーキ付いていません)。
へんしんバイクsは一般的な子供用自転車の半分の軽さで、小さな子供でも自分で自転車を起こしたり、手で押したりできます。
これがあれば、3歳で補助なし自転車も夢じゃない!?
対象年齢3歳からのへんしんバイク(へんしんバイクsより少し大きめ)もあります。
1台2役なので、バランス感覚が身についたらすぐに自転車に挑戦させたい!というご家庭にオススメです。

 

5.三輪車(対象年齢 1歳~)

tricycle-red-childhood-toy-fun-ride-retro

価格 10.000〜15.000円程度
メーカーによっては1歳半~となっている場合もありますが、小さい子供の乗り物おもちゃといえば真っ先に思いつくのが三輪車です。
最近の三輪車は手押し棒付き、椅子周りに転落防止用のガード付きのものが多く、赤ちゃんでも安全に乗ることができます。
私も長女が1歳のころに買い、押して近所を散歩していました。結構乗って遊んだ方だと思います。
ただ、買って初めて知ったのですけれども、ペダルを自分でこいで進めるようになるのは3歳くらいからです。
買って2年も経つと、三輪車のハンドル部分付いているボタンは鳴らなくなり、購入当初「やあ、こんにちは!」って挨拶してくれたキャラクターは完全に無口になります(雨ざらしの場合です)。
それから、3歳にもなると、もうワイバイクやストライダーに乗れるんですよね。
置き場所やお財布が許せば三輪車とバランスバイクの両方を買うことも出来ますが、そうでない場合で子供にスポーティな外遊びをさせたいと思う親御さんは、バランスバイクが乗れるまで1年くらい待っても良いのかなと思います→これが私の個人的な経験に基づく反省デス。

 

6.まとめ

今回は小さな子供が遊べる人気の外乗りおもちゃをご紹介しました。
私は小さい頃、厳格な父親のスパルタ指導のもと、補助なし自転車の練習を泣きながらした思い出があるので、バランス感覚を養う乗り物にはとても魅力を感じます(笑)。すんなり乗れたら素敵だし、バランス感覚を育てると運動が得意になりそうな気がしませんか?

バランスバイクは脚で蹴って進みますが結構スピードがでるので、買ってみようかなと思われる方は「安全に遊べる環境があるのかどうか」も是非一度確認をしてみてください。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。