瀬戸内海の景色と千本のソメイヨシノ~倉敷市「王子が岳桜園地 」

この記事は2分で読めます

Pocket
LINEで送る

桜には色んな種類がありますが、日本人が春の風景を思い浮かべる時、頭に浮かぶのはソメイヨシノではないでしょうか?

薄い桃色の可憐な花が葉っぱが生えるより先に一斉に咲く、清楚でいて圧倒するような美しさは日本を代表する植物ですよね。

今日はソメイヨシノが沢山ある倉敷市のお花見スポットをご紹介します。

 

倉敷市にある王子が岳は瀬戸内海国立公園に指定されています。

唐琴の浦に住んでいた百済の王女が生んだ8人の王子が住んでことからその名がついたとか。

岡山には結構百済の人が住んでいたんですね。桃太郎伝説で桃太郎と戦った温羅も百済の王子でした。

 

 

さて、王子が岳桜園地ですけれども、標高235メートルの山の上にあります。

見頃になると、約1000本のソメイヨシノが山全体が桜色に染めあげます。

 

IMG_5204

画像引用元:倉敷観光WEB

 

瀬戸内海の穏やかで美しい景色も一望できる絶景スポットでもあります。

 

変わった形の岩が点在し、おじさん岩、ニコニコ岩、ひつじ岩などと名前が付けられています。

 

ゴジラ岩や夫婦岩という名前のついた奇岩はよく聞きますけどね。

おじさん岩は何でしょう、あぐらでもかいているのでしょうか(笑)。

ニコニコ岩。

 

IMG_5205

画像引用元:倉敷観光WEB

 

可愛い顔なのかと思ったら、案外ニヤ~っと笑っています。

本当はニヤニヤ岩ですね(笑)。

 

スポンサードリンク

 

この公園は遊歩道が整備されていて、ハイキングをしながら桜や奇岩を見て回る感じになります。ところどころに休憩用のベンチや東屋があるので、疲れたらそちらで休むと良いでしょう。

祠や仏画、修験場などもあり、昔から信仰の対象であったことが伺えます。奇岩が沢山あるからかな。

花より団子な後楽園のお花見とはちょっと違いますが、瀬戸内海を眺めたり、桜を見たりしながらお弁当と食べるのもとても素敵だと思います。

 

ここでお花見をするのなら、運動靴と帽子、転んでも良いように露出のない服装が適しています。

 

王子が岳はパラグライダーやロッククライミングなどのアウトドアスポーツを楽しむスポットにもなっているようです。

中でもパラグライダーは日本でも有数のフライト場なのだそうです。もしかしたら、飛び立つ瞬間を見られるかもしれませんね。

王子ケ岳

画像引用元:倉敷観光WEB

 

王子が岳の桜の見ごろは、3月中旬~4月下旬だそうです。

190台分の無料駐車場あり。

気になる方は是非行ってみてください。

 

王子が岳桜園地

倉敷市児島唐琴町1421-8

アクセス:

瀬戸中央自動車道児島ICから車で約30分 JR宇野駅から渋川(瀬内マリンホテル)行きバスで約20分、「渋川(マリンホテル)」下車、車で約10分(登山道で徒歩約1時間)

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。