コーヒー&ビッツに見るスタバ人気の秘密。実はインスタント?

この記事は4分で読めます

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは。今朝、子供の送迎帰りにスタバへ立寄ってしまったホシ姐です。

注文したのは「コーヒー&クリームフラペチーノwithコーヒービッツ」。名前が長い!舌噛みそうです。

トップ写真がそれですね。噂によると、季節商品が完売した店舗だけが販売するレアなドリンクらしいです。

「ホットアップル」が売り切れちゃったから売っていたのかな〜〜?と思います。

コーヒー&ビッツ、飲んだ瞬間は程よく甘くて、クリーミーな口当たりなんですが、次にコーヒービッツのほろ苦さと香りが感じられ、後を引きます。美味しかったです。

 

いやー、それにしてもスタバさんは商売が上手い!本当に上手い!最近ようやくその良さに目覚めて来ました(遅いってか)。

 

実は私、コーヒーが好きでして。よくコーヒー屋さんで豆を買って飲んでいるんですね。しょっちゅうは買いに出かけられないので、豆の状態で多めに買い、その都度ミルで挽いて淹れるとか、開封前の豆は冷凍庫で保存するなど、なるべく香りが落ちないように工夫しております。

ちなみに、というか指摘される前にお断りしておきますと、最近は授乳婦さんでも1日に数杯はコーヒーOK、と言われております。なので、私は飲んでも構わないんですよ。

 

話は戻りますが、そんな感じで少しだけコーヒーに思い入れがあるもんですから、私は今までスタバを少しなめておりました。

 

「スタバなんて、コーヒー好きが行くところじゃないわ~!」みたいなね。

 

「なぜ、店名にコーヒーという名前を掲げておきながら、正統派のコーヒーを真面目に売らないのか!?

あのクリームやら、キャラメルやら、チョコやらをたっぷりかけるスタイルは何なのか、コーヒーを冒とくしとる!」

 

と、コーヒーが大好きな人は頑固親父風に、そう思うのです。
コーヒー通には、美味しいコーヒーを淹れるお店に対する固定的なイメージというものがあり、大体それは以下のような感じです。

 

コーヒー好きがコーヒーショップに求める固定的イメージ

  1. ある程度年齢を重ねた男性がオーナーである。
  2. 1のオーナーは寡黙で渋い印象である。
  3. コーヒーは自家焙煎で、もちろん豆をその都度挽いてから淹れる。
  4. ドリップ法で、上手に豆を膨らませながら抽出する技を持っている。
  5. 4の過程で雑味が出る瞬間を見極め、サッと華麗にドリッパーを外す技を持っている。
  6. 店は静かでオーナーこだわりの音楽が流れており、お客さんは落ち着いてコーヒーを飲んでいる。

スポンサードリンク

 

 

NKJ56_coffeecok_TP_V

 

どうですか、あるある〜〜!ですか?

 

自分であげておきながら、ポイントが細かいと思いますが…、コーヒー好きには、「コーヒー店はかくあるべき!」というイメージがあるんです。コーヒー好きの皆さん、ありますよね?
人によってちょっとポイントが違うこともあるかもしれませんが、何にせよ、コーヒー好きにとっては「コーヒーが主役として引き立つように設定されたこだわりと環境と技がある」ことが大切なんですね。

スタバはそういう意味では、落ち着いた空間はあるけど若くて可愛いお姉さんが多く、コーヒーもさっと出てくるので、「持てる技を駆使した渾身の一杯」感に欠けています。 正統派コーヒー以外のラインナップが主流になっている感じもありますねえ。うんうん。

 

さて、じゃあどうして私がスタバを見直したかと言うと…理由はこうです。

 

スターバックスコーヒーは元々コーヒーショップだったが、現状はカフェである。

 

と見方を変えたからなんですね。
カフェという認識をもってスタバを見ると、スタバは本当に素晴らしいです。
どんなところが素晴らしいか、あげてみます。

1)季節感のある限定商品
スタバは定番ドリンク以外にも、次から 次へと限定新商品を出してきます。夏はフローズンヨーグルトとかマンゴー系、冬はアップルティー系、といった風ですね。商品に季節感を出すことで、お客さんの興味を常に引きつけているし、季節感の演出がうまく流行を作り出していると思います。

2)スイーツ感を求める女性客の心を掴んでいる。
スタバはホットコーヒーやエスプレッソなどの定番商品以外にも、キャラメルマキアートやフラペチーノなど、甘いフレーバードリンクを沢山出しております。これがコーヒー通に避けられる理由でもあるんですが、女性は甘いものが好き。お出かけして、友達とスイーツを食べて、お話するのが好きですよね!デートのの途中でスタバに立ち寄り、彼はブラックコーヒー、彼女は甘系ドリンク!というのもよくある展開なんじゃないでしょうか。スタバの甘系ラインナップは、そんな女性のニーズにバッチリ応えております。

3)デザインや限定品にこだわることで、ファッション性を生み出している。
スタバの商品って、みんなオシャレに作られていますよね。ブランドマークもそうですが、タンブラーのデザイン、ドリンクの外観、サンドイッチの中身に至るまで!そして、やっぱり限定品。オシャレなものが限定で発売されるとなると、「行かなくちゃっ!買わなくちゃっ!」という風に人はなるんですね。特に女性は(笑)。スタバの限定タンブラーを持っているとか、期間限定のドリンクを片手に街をプラプラ歩くっていうのはファッションの1つと化していると思います。

4)オシャレなブランドイメージを持たせることで、お客さんの満足度を高めている。
3)に関連しますが、スタバに行くとかスタバの限定商品を持つということは、一種のオシャレなんであります。今流行りのパーマヘアを試してみる、ネイルを変えてみるなどといったオシャレ行為が人を満足させるのと同様に、スタバに行くと「今私オシャレしてる!」という満足感が得られます。

5)オシャレな空間ではオシャレに振る舞うべきというお客さんの意識が働いて、店内の空間を更に心地よいものにしている。
3や4に関連しますが、事実、スタバの店内は落ち着いたイメージでオシャレな音楽が流れ、スタイリッシュにデザインされています。そんなオシャレな空間では、お客さんは自然と落ち着き、オシャレを意識して大人しくドリンクを楽しみます。空間に合わせてついつい自分を演出してしまうのです。お客さんの演出により、お店はますます洗練された空間、心地よい空間に高められています。

6)スタバに行くこと自体がちょっとしたオシャレステータスになっている。
4と5に関連して、スタバ=オシャレな空間なので、スタバに行くことが1つのオシャレステータスになっています。

まさに、好循環とはこのこと!
ブランドイメージがいかに大切かがよく分かりますね。

そして、最後のポイントです。

 

7)しかし、お店の内装や販売品、サービスはパッケージ化されたインスタント商品である。

ガクっ!!褒めちぎっておいて、最後にそう来ましたか、と思うでしょう…。

でも、ここがスタバの極め付けにすごいところです。ブランドイメージ、ドリンク、物品、空間、礼儀正しく爽やかな店頭スタッフ…ありとあらゆるところがオシャレで洗練されているのに、それらは全て、スターバックスコーヒーという企業によって規格化された、パッケージ商品であるということ。それも、新店舗が出来てすぐに提供することができる、インスタント商品なんですね!

ふう、熱く語ってしまいました…。見直してみると、私のひねくれた性格が垣間見えます(笑)。
とにかくスタバの企業戦略はすごいと思います。
コーヒー通の皆さん、もし良かったら今度そういう目でスタバに行ってみて下さい(笑)。なるほど~と思っていただけたら嬉しいです。

 

さてさて、今度のスタバ限定商品は何かな~?
楽しみです。

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。