本格激旨スパイシー! 授乳婦さんも安心、カレーの作り方のコツ。

この記事は4分で読めます

Pocket
LINEで送る

 

「カレーライスは飲み物」「カレーは別腹」という名言を残した、故ウガンダトラ氏の言わんとすることが分かってしまうホシ姐です!

カレーライスっておいしいですよねー。
私はカレーライス大好きです!
作るの簡単だし、栄養満点だし、スパイスやスープ、材料などにこだわって作るのも楽しいし、大人も子供も大好きなメニューです。我が家は月に一度は絶対カレー、それもスパイスをたっぷり使います。脳がスパイスを欲するのです(笑)。

私のように食いしん坊な方はわかるかもしれませんが、出産後ってカレーとかラーメンとか、ちょっと高カロリーでしょっぱいものが食べたいんですよ。
だって、妊娠中は体重を気にして、思うように食べれなかったんですもん。出産したら、「思いっきり食べよう!」と言う希望をもって、辛い体重管理の日々を耐え抜くんですもん。そりゃあ、出産が終わったのだから食べたくなるのが人情ってもんです。

私も一人目のチビを出産した時は「うひょーい!カレーじゃあ!」と思って、全力を注いで「こだわりカレー」を作りました。
そりゃあもう、美味しかったです!

 

でも次の日、乳腺炎で撃沈!
チーン…です。神様、私が一体何をしたというのですか?っていうような痛みで…往生しましたとも。

そして知りました。「授乳中のカレーは危険!」ということを。

そこで、今日は「授乳中でも食べられるカレーの話」をしてみます。

スポンサードリンク

1. 市販のカレールウに潜む危険 〜意外と知られていない?カレールウは主に○○で出来ていた!

どうしてカレーを食べたら乳腺炎になったのでしょうか?その答えはルウの原材料にあります。

もし、ご自宅にルウがあったら原材料の項をご覧下さいませ。1番最初に何て書いてありますか?

はい、そうですね。

油脂!

と書いてありますね?
原材料の項は量の多い順に記載することになっているので、カレールウは油が多いってことなんです。あの固まりの、40%くらいは油なんです。
脂っこいものを食べると、授乳婦さんは乳腺炎を起こしやすくなります。そして、母乳が不味くなり赤ちゃんは泣く、という…まさしく負のスパイラル!
カレーを食べて泣くことになろうとは…トホホ!と世のお母さんは熱発してからルウの危険に気づくのです。

 

2. 乳腺炎とは 〜どんな状態のことを指すのか知らない幸せなあなたのために解説!

乳腺炎を知らない幸せなあなたの為に解説します。
乳腺炎とは、乳腺が詰まって炎症を起こし、熱発したり痛みがでたりするものです。疼くような痛みって、このことか…(絶句)!!みたいな感じですね。悶え苦しむとも言う。
脂っこいものをお母さんが食べると母乳が油っぽくなるので乳腺が詰まりやすくなり、乳腺炎の原因になるのです。

なるほどー、じゃしばらくカレーを絶ちます!と宣言できるなら良いです。

私は出来ませんでした。CURRY LOVEの人なので。
その代わり、「いかにして乳腺の詰まりにくい美味しいカレーを作るか」を研究しました。作り方をこっそりあなたに教えます。

 

spices-white-pepper-nutmeg-cloves-food-seasoning

3. 作り方〜カレーへの情熱が私を駆り立てた!

授乳中は、市販のカレールウはほんの少し、トロミが軽くつく程度にしておきましょう。目安はいつも入れる量の1/3~半分くらいかな。サラっとしたカレーになりますが、しっかりスパイスを使うので美味しく出来ますよ!

1. カレーを彩るマストハブ!なスパイスたち。

• ターメリック…いわゆるウコンです。パウダーのものを使います。スーパーに大体売ってます。黄色い容器に入っていることが多いので見つけやすいかな?
味はあまりありませんがカレーの色付けに大事なスパイスです。入れすぎると苦くなるので注意します。ターメリックは肝臓にも良いってよく聞きますよね!
• クミン…クミンはカレー味や香りをつけるのに欠かせないスパイスです。買い忘れたらスーパーに戻りましょう。これでもかって言う位たっぷり入れるのが重要です。我が家はは大さじ1杯は入れてるなあ。クミンはホールのものとパウダーのものとがありますが、ホールなら最初に油と一緒に炒めて香りを油に移し、クミンをこして、残った油を具材炒め用に
使ってください。パウダーの場合は具材を煮た後、ルウを入れる前に入れると良いですよ。
• コリアンダー…クミンと一緒に使うことでカレーの味をうまくまとめます。香りもすごくいい!これも忘れたらスーパーに戻ってください(笑)。
• レッドペッパー…ご存知かとは思いますが、辛味をつけてくれます。量はお好みで…なんですが、ほんのちょっとの量でかなり主張してくるので、入れすぎ注意です。
• にんにく…日本人にはスパイスというより野菜のイメージかもしれませんが、にんにくも味や香りに深みを持たせるのにとても重要です!我が家はすりおろしチューブを愛用してます。
• しょうが…レッドペッパーだけだとヒリヒリした辛さが強調されますが、ここにしょうがが入ると、辛さに厚みが出ます。わかるかな~?これも我が家はすりおろしチューブを使うことが多いかな!

そうそう、ガラムマサラってあるでしょう?カレーに入れると美味しいスパイスなんですが…あれってスパイスそのものズバリの名前では無くて、色んなスパイスを混ぜたものだってご存知でしたか?我が家のガラムマサラはGSブランドのものなんですが、見たら29種類もスパイスが入ってました!
スパイスを揃えるのが面倒な方はガラムマサラとターメリックだけでも良いかも良いかもしれませんよ〜。

2.スパイスを使って、オリジナルカレーを作ってみよう!

さてさて。オリジナルカレーを作りましょう!
材料に絶対必要なのは、スパイスと多めの玉ねぎ、ルウです。あとは自由!でも、油の多いお肉は使わないで下さいね。本末転倒ですから…(牛すじとか、神戸牛とか言語道断です)。
まず、たまねぎは飴色になるまでしっかり炒め、甘みを出します。この時使用する炒め油は、ホールで使うスパイスがあるのなら、それらをしっかり炒めて香りを移し、こしたものを使って下さいね。材料を炒めたら、水を入れて煮ます。ローリエやコンソメスープの素、すりおろしにんにく&しょうがを入れたければ、ここで投入です。煮込んで具に火が通ったら、パウダースパイスを入れて味を整えます。使用するスパイスは、パウダーならターメリック : クミン : コリアンダー=1 : 3~5 : 3~5位ですが、お好みでのスパイシーが出るようにしてください。。レッドペッパーは味見をしながら少しずつ振り入れます。

注意点としては、パウダースパイスは煮込みすぎると香りが飛ぶってことでしょうか。具に火が通ってから入れましょう。
最後にルウをちょっぴり入れます。軽くトロミをつけて、、、出来上がり~!

はー、書いているだけで美味しそうだわ。明日はカレーにしようかしら。

ということで、今日のまとめです。

まとめ

  • 油脂を取りすぎると乳腺炎になり、カレーを食べたことを後悔する。
  • 市販のルウは油脂が多く、授乳婦さんは要注意!
  • どうしてもカレーが食べたい場合は、スパイス名人になるべき。

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。