ママ必見!蒸し料理が簡単にできるグッズはコレ!時短調理も。

この記事は2分で読めます

Pocket
LINEで送る

こんにちは。意外に料理好き!なホシ姐です。

もうすぐクリスマスですが、皆さん12月24日の夜は何を召し上がりますか?

我が家は今のところチキンだけ決まっております。近所のスーパーに丸鶏の中抜きを注文していて、前日の夜にタレに漬け込み、当日は焼くだけ!と。
去年は鶏の中にピラフを詰め込んで、お腹をタコ糸でチクチク縫ってから焼きました。ステレオタイプな鶏の丸焼きです…。

今年はどんな味付けにしようかな~、まだ考え中ですが、甘辛く照りっとした感じがいいなあ。

他の料理やケーキもまだ未定です。何がいいかしら?

さて、今日は忙しい世のお母さん方に勧めたい、「便利グッズ」について書いてみたいと思います。

記念すべき第一回目に紹介するのはコレ!じゃん!!

IMG_4575

ルクエです!!

 

少し前に流行ったので、ご存知の方や持ってます!という方も多いかと。
最初は、シリコンスチーマーって何なんじゃい、本当に蒸し料理が出来るんかい?と半信半疑でした。そして、こんな簡単な構造なのに4000円って高い…という思いもありましたが、広告を見るに本当に蒸し料理ができるようだったので、思い切って買いました。

買ってみたら、まあ便利だこと!

スポンサードリンク

 

多用しております。
ルクエの仕組みは、素材そのものが持つ水分や洗った時に付着した水分が、レンジで温めた時に水蒸気となり中の素材を蒸す、という至ってシンプルなものです。
どんな時に使うかというと、我が家は
1)早く料理を作りたい時に、予め火を通す目的で
2)冷凍の中華まんを暖める時
3)蒸しパンを作りたい時
4)ホイル焼きのホイルの代わり
などです。
1)は「ラップでいいんじゃないか~い?」と思うかもしれませんが、ルクエならゴミが出ないし、温めた容器をミトンなしでレンジから取り出すことが出来ます。ラップをかけるとか、ミトンをはめるとか、ちょっとしたことが面倒くさいのですよ。共感していただけます?
ちなみに、以前飴色タマネギの美味しさの秘密と、時短で作る裏技について書きましたが、このタマネギの予備加熱に使用しているのがルクエなんであります。

2)我が家は蓬莱の肉まんを水でサッと濡らして、ルクエでチンして食べてます。大きいルクエなら、蓬莱の肉まんがちょうど2つ入りますね。フカフカのホカホカ!になります。肉まんの下側がべちょっとならないところも大きなポイントかと!

3)甘く煮た金時豆をルクエに敷いて、蒸しパンの材料をグルグルっと混ぜて流し込み、レンジでチン!とすれば立派な蒸しパンの出来上がり!手作りお菓子も楽勝です。
蒸し料理って、専用の鍋に水張って、ふきん掛けて…という工程がすごく面倒なんですよね。ルクエは鍋の準備も必要ないし、蒸しパンの生地をアルミカップに移す工程も無し!です。

4)魚やお肉と切った野菜をルクエに入れて、バターと塩こしょうを少々…チン!で立派な一品が出来上がり。
ルクエをそのままテーブルへ持って行って、取り皿にサーブすることもできます。ルクエはお料理の大皿も兼ねてしまうのです。
この他、切ったカボチャを3分チンして潰し、マヨネーズやナッツ、レーズンなどと混ぜ、塩こしょうで味を整えてカボチャサラダというのも我が家の定番。手が込んだ風の料理が時短で簡単に出来てしまいます!

このように、普通なら鍋に湯を沸かしてから取り掛かることや、ラップやアルミホイルなどを使ってするようなことがルクエを使えば不要、しかもエコで簡単にできるんです。

洗うのも簡単なんですよ。シリコンなので、汚れがこびりつきにくいし、内側はツルっとしていて凹凸がないので。
便利でしょう!?4000円の値段に恥じない活躍ぶりですよ。ルクエ、オススメです。

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。