ゴーヤの苦みが嘘みたいに取れる!美味しく食べる下処理方法とおすすめレシピ

Pocket
LINEで送る

苦みがあるから別名「ニガウリ」。

ピーマン以上に苦手な人が多いであろう好き嫌い野菜の代表格です。

 

ゴーヤ君、きみはどうしてそんなに苦いんだい?

せっかく作ったグリーンカーテンの中で君が放ったらかしにされてしまうのは他でもない、君が苦いからだよ?

もっと苦みが少なければ、君は夏の食卓のヒーローになれるかもだよ…

 

そう思いませんか(笑)?

 

毎年猛暑だ猛暑だと言われる日本。節電対策として注目されるグリーンカーテン。

育てやすさと食べられるという理由でグリーンカーテンとして栽培されるものの、多くの人が持て余しているゴーヤ。

私は夏になると「ゴーヤ要らない?」と黙っていても知人や先輩たちから声がかけられます(ありがたや笑)。

 

緑のゴーヤにはモモルデシン、チャランチンという苦み成分が豊富に含まれていて、これらは胃壁を刺激して消化を助けたり、血圧や食後血糖の上昇を防いだり、免疫細胞を活性化したりする作用があると言われており、夏バテはもちろん健康に役立つ効果が高い化合物として注目を集めているらしいです。

また、ゴーヤに豊富に含まれるビタミンCは日焼けやシミ対策、夏風邪予防にもバッチリ(バッチリっていう言い方はふるいの?)。

 

しかしながら、いくら健康に良いと言っても美味しくなければ食が進まないのが人情です(笑)。

栽培したゴーヤが苦すぎたら、食べずに終わってしまいます。

 

今回は、ゴーヤをカーテンだけで終わらせない!

ちゃんと食べようゴーヤ!

美味しく食べようゴーヤ!

 

…ということで、苦みを抜く方法を探してみました。

スポンサードリンク

1.ゴーヤの苦みを取る方法をまとめてみた!

ゴーヤの苦みが美味しいという人はそのまま食べればOKですが、苦手な人は中ワタ&種を取り除いた後にこんな風に工夫してみてください↓

1.薄くスライスする

分厚く切ると油や調味料と味がなじみにくく、苦みが際立ってしまいます。

1~2ミリくらいの厚さに切ってみてください。

新鮮なものならシャキっとしていて薄くスライスしやすいです。

 

2.塩でもんでからサっと下ゆでし、砂糖水につける

スライスしたゴーヤを塩もみや水でさらす下処理法はよく聞きますが、これにはれっきとした科学的根拠があります。

苦み成分モモルデシンが水に溶けやすい性質だからです。

スライスしたゴーヤを塩や砂糖でもんでしばらく置くと、浸透圧差でゴーヤの水分がしみ出して来ますが、この時モモルデシンも一緒に出て来ます。だから苦みが取れるんです。

塩だけでもむより、砂糖と塩の合わせ技の方が美味しく苦みが取れるそうです。

〜下処理方法〜

スライスしたゴーヤ1本に対して塩小さじ1を加えてもんでから5~10分ほど放置し、もう一度もんで出て来た汁をしぼります。沸騰したお湯で10秒ほどゆで、大さじ1~2の砂糖を入れて作ったひたひたの砂糖水に、ゆで汁を切ったゴーヤを浸す。

数分置いて味をみる。まだ苦ければ砂糖を追加してまた数分置く。

それでも苦ければ沸騰した砂糖水でもう一度サッと茹でる。

(引用元:cookpad いぶ吉ママさん)

 

3.塩と砂糖でもむ

これは2の進化系でしょうか?

塩と砂糖で同時にもんでサっと茹でるだけ。かなり簡略化されています。

〜下処理方法〜

ゴーヤ1本を数ミリの厚さにスライスし、塩と砂糖各小さじ1/2でもんで10分放置した後、熱湯で10秒湯通し→冷水につける。

(引用元:cookpad おゆかGOHANさん)

この方法で下処理したゴーヤをチャンプルーにすると苦みが本当に少なくて子供もモリモリ食べるそう。

すごいですね。やってみよう…。

 

~7月1日さっそく試してみました~

善は急げがモットーの私はさっそくこの方法を試してみましたよ。

皆さん、だまされたと思ってこの方法をぜひお試しください!

本気で苦みが取れます。

シャキシャキ感はそのまま!食べると少し甘みがあってそれを旨いと感じます。

その後、ほんの~り心地よく苦いです。

美味しい!!

これなら普段の野菜料理をゴーヤで置き換えて色々作っても美味しく食べられると思いました。

 

4.おかかと和える

おかかにはゴーヤの苦みをごまかす効果があるそうです。

サラダに使う時、2や3の下処理と合わせたらより一層美味しく食べられるでしょう。

ゴーヤチャンプルーに花かつおをかけて食べるのも良いかもしれない。

 

5.油と一緒に調理する

ゴーヤの調理法といえば、「チャンプルー」。

油と一緒に炒めると、苦みを感じにくくなるそうです。人間の味覚の不思議を利用した工夫みたいですね。

そういえば大学生のころ、母の実家に一人で遊びにいった時、おばあちゃんが「ゴーヤをもらったけど料理方法が分からない」と言うので、ゴーヤチャンプルーを作ってあげたことがあったなあ…。

あのときは塩でもんで水にさらしていましたが、まだちょっと苦かったです。

豚肉と豆腐と人参、ニンニク、鰹節を入れてオイスターソースで炒めたと記憶しています。確かテレビで見たレシピだったと思う。

一人暮らしをして自炊するようになり、料理上手なおばあちゃんに自分が料理を作ることが出来たのが嬉しかったなあ。

「美味しい」とすごい喜んでもらえたけど、砂糖と塩の下処理をしていればもっと美味しかったのかも。

また作ってあげたくなってきました…。

 

2.ゴーヤを使ったおすすめレシピ

スポンサードリンク

ゴーヤってどう料理すれば美味しく出来るのかな…と悩める主婦の方におすすめのレシピを集めてみました。

 

1.旨い!ゴーヤーチャンプル

ec45830b8fc0ff451485e3cf534095ff

(引用元:cookpad by ひまわり。chanさん)

主婦たちの間で流行っているチャンプルーのレシピです。

ゴーヤチャンプルーで検索した人のほとんどがこのレシピで作っている感じです。

具材の定番のお豆腐は、切ったあとにキッチンペーパーでくるんで電子レンジでチンした後に炒める、豚肉は塩こしょうをしてから小麦粉でコーティングしておくなど、こだわりが感じられます。オリーブオイルで豆腐を焦げ目がつくまで焼き、これとは別にごま油で豚肉と下処理したゴーヤを炒め、豆腐と合わせて醤油、酒、和風だし、オイスターソースで味をつけます。最後に卵でとじ、鰹節もたっぷり。

 

2.常備菜に!ゴーヤのサッと炒め

IMG_6381

下処理方法3の後ザルでよく水気ををきり、ごま油で炒めて醤油、砂糖で味を付け、たっぷりの鰹節と和えるだけのシンプルレシピです。

ゴーヤは薄くスライス&下ゆでしてあるので、軽く炒めるだけでOKです。

今日作ってみたんですが、ビックリするくらい美味しいですよ。

長女(5歳)も一口食べただけで「ん!美味しい!」とモリモリ食べて「明日も作ってね」と言ってくれました。

夏の常備菜に、大量消費にオススメです。

 

3.豚肉巻きフライ

ゴーヤを縦半分に切った後、長さ5センチ程度に切ります。

下処理法2か3で苦みを少し抜き、水気を拭いてから内側に小麦粉を軽くまぶします。

塩こしょうで下味をつけた豚肉を巻いて、もう一度小麦粉をまぶし、卵液にくぐらせ、パン粉をまぶして油で揚げます。

ソースやケチャップをかけて召し上がれ。

 

4.麻婆ゴーヤ

麻婆ナスのゴーヤバージョンです。

下処理3の方法で苦みを取り除いてから行います。

先にひき肉の辛みそ餡を作っておいて、ゴーヤを軽く炒めたところに辛みそ餡をからめるのが色よく仕上げるコツ。

当然のことながら、市販の麻婆ナスの素を使うと早くできちゃいます。

回鍋肉でピーマンの代わりにゴーヤを使うのもアリ。

 

5.酢の物

下処理方法3の後、酢の物にします。

酢の物といえば、私は夏場に1.5Lもある「酢の物の酢」を買います。そのままだと甘すぎるので、使うときは純米酢をプラス。簡単です(笑)。

簡単時短バンザイ!

 

6.ゴーヤの肉詰め

チャンプルーに次ぐゴーヤ料理の王道?

2.5センチ前後の厚みに輪切りにしたゴーヤを下処理して、中に調味したひき肉を入れてフライパンorオーブンで焼きます。

ハンバーグのタネを入れるもよし、ギョーザのタネを入れるもよし。

カレー粉を入れてスパイシーにしたり、仕上げにとろけるチーズをのせて焼いても美味しいです。

 

タレを工夫するだけで味に変化をつけることもできます。

梅肉みそ(二人分:梅肉2個分、ごま油大1、砂糖•みそ•醤油各小さじ1/2)や大根おろし+ポン酢も美味しい。

 

7.ツナ&マヨ・ゴーヤサラダ

ツナ&マヨネーズもゴーヤとよく合います。

下処理3で作ったゴーヤのスライスを軽く油切りしたツナ缶とマヨネーズであえるだけ。シャキシャキ美味しいですよ。

簡単時短バンザイ!(2回目)

 

8.ゴーヤのチーズグラタン

塩と砂糖で下処理すれば苦みが抜けるので案外なんでも合うと半ば本気で思っています(笑)。

下処理したスライスゴーヤをベーコンと一緒に軽く炒めて、ゆでたジャガイモと一緒にたっぷりのチーズでオーブン焼きに。うーんトレビアーン♪

 

9.スープ

アジア諸外国ではスープにして食べられることが多いみたいです。

鶏だんご+ゴーヤは鉄板の組み合わせです。

〜鶏だんごのタネの作り方(2人分)〜

鶏ひき肉200gに玉ねぎのみじん切り1/8個分、片栗粉大1、酒・ごま油各小2、塩こしょうを加えて、粘りがでるまでよく混ぜ合わせる。

・エスニックスープ(2人分:水400cc+トリガラスープの素小1+ナンプラー小2+レモン汁適量+胡椒)でゴーヤと鶏だんごを煮て、お好みでごま油や白髪ネギ、白ごまなどを入れて頂きます。

や細かく切ったエノキなどを入れて、生姜と塩こしょう、酒、片栗粉で調味します。

春雨やフォーとの相性も抜群!

・ハヤシ風とろみスープ

軽く煮からめるタイプのスープです。

スライスゴーヤ1/2本を適量の玉ねぎや椎茸と一緒にバターで炒め、油が全体になじんだら小麦粉大1/2をまぶし、水150ccとトマトケチャップ・酒 各大2、ウスターソース小1、しょうゆ小1、コンソメスープの素顆粒小1、ローリエ1枚を加えます。

ひと煮立ちしたら鶏だんごのタネを丸めていれ、時々裏返しながら全体に火が通るまで煮ます。仕上げに塩・胡椒で味を整えてください。

 

3.まとめ

今回はゴーヤの苦みを取る方法とレシピをご紹介しました。

まとめると、

ゴーヤの苦みは塩と砂糖でもんでから軽くゆでるとびっくりするほど抜けて、料理のレパートリーが増える

となります(シンプルなまとめ)。

本当に取れるので、是非お試しください。

今年の夏はグリーンカーテン上でゴーヤが寂しくひからびない夏♪

美味しく食べて元気に夏を過ごしましょう!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

〜夏の味覚が大好きな貴方にオススメの記事!〜

・生でも美味しく食べられる話題のトウモロコシ→生で食べられる激甘とうもろこし味来(みらい)は通販で買える!美味しい食べ方

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)