B-1グランプリ準優勝、津山ホルモンうどんとは?人気店食べ歩き地図

この記事は5分で読めます

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは。ホシ姐です。

最近神社だのお祭りだののローカルネタばかり書いていて、「この人スピ系?」と勘違いされているかもしれないと思ったので、今日は趣向を買えて違うことを書いてみます。

今日のお題は「津山ホルモンうどん」です。

皆様、B-1グランプリをご存知ですか?

B−1グランプリはご当地グルメを通して地域活性化をしようという趣旨のイベントで、日本のどこかで年に1回開催されています(開催地はその年ごとに異なる)。

津山ホルモンうどんはそのB−1グランプリで入賞したことにより、一気に有名になったご当地グルメです。

 

ホルモンは苦手だから興味ない〜という人も、だまされたと思ってちょっとご覧ください。食べてみようかな〜という気になるかもしれませんよ?

 

1.津山市と牛肉の関係…徳川幕府に特別に肉食を許された町だった!

cow-bull-horns-coat-shaggy-pasture-field-grass

(前髪でMow前が見えない〜!)

 

人気店を早く教えなさい!という方には大変恐縮ですが、歴史から入らせていただきます(笑)。

なんと、津山には他の地域には見られない、和牛に関する特別な歴史があったのです!

 

日本では飛鳥時代(6世紀!大昔です)に仏教が伝来するまでは、牛や馬,犬,たぬき,猿,熊,鹿,うさぎ,山鳥,雉など狩猟によって得られたありとあらゆる獣や野鳥が食用と

していました。しかし、仏教が伝わると殺生禁断,肉食は汚れたものとして忌み嫌われるようになります。

仏教保護に大変熱心だった天武天皇は、675年「牛馬犬猿鳥ハ食スナカレ」と云うお触れを出し,一切肉食を厳禁しました。このお触れは「肉食禁止令」として大変有名です。以

降、日本においては肉食文化が廃れ、こうした風習は幕末まで続きました。

 

実際にはこの間日本人は全く動物の肉を食べなかったということではなく、狩猟で得た獣肉は良いが家畜を殺した獣肉は駄目、しかも脚の数が多いほど駄目という基準に基づいて食べられていたようですよ。

 

肉禁止令にある通り、日本では牛は長い間食べては行けない動物でした。

しかし、例外がありました。それが彦根藩と津山藩です。

 

両市は、徳川幕府の「お目こぼし政策」によって特別に牛肉を食べることを許されました。

これを「養生食い」と言います。

 

養生食いとは即ち、健康のために食べる、薬として食べることであり、空腹を満たすための普段の食事とは区別されていました。

 

牛肉は食べるとスタミナがつく、元気になると言われていたんですね。

彦根藩の領主、井伊家は毎年将軍家に対して,「牛肉の塩漬」などが献上したと伝えられています。

 

なんだ、徳川家も食べてたんじゃないの…(笑)。

 

どうして津山藩が特別に養生食いを許されたのかは定かではありませんが、津山は古くから山陰と山陽を結ぶ交通の要所だったため、古来より農耕や輸送に使う牛の市が開かれていたとの記録が残っています。

 

牛を食べる文化は、そういったところから生まれて独自に出来たのだと考えられます。

 

 

 

2.ホルモンとは何なのか?津山のホルモンの美味しさのヒミツ。

ushi

(引用元:津山ホルモンうどん研究会

 

ホルモンとは、狭義には小腸や大腸の肉のことです。広義には、胃、肝臓、心臓、腎臓、肺なども含みます。

上の図で言うと、①ハツ(心臓)②ミノ(第1胃)③ハチノス(第2胃)④センマイ(第3胃)⑤アカセンマイ(第4胃)⑥ヒモ又はてっちゃん(小腸)⑦シマチョウ(大腸)⑧レバー(肝臓)⑨カシラ・ツラミ(ほほ肉)⑩テール(尾肉)となります。皆さんが焼き肉で食べるホルモンはどこのお肉ですか?

どうしてホルモンと呼ばれるようになったのかは諸説ありますが、元々は食べない、捨てるもん→放るもん→ホルモンとなったと言われています。

 

このホルモン、実はホシ姐、岡山に来るまで嫌いでした(汗)。東北や北海道の人はあまりホルモンを食べないのです。焼肉屋さんにはあるけど、魅力が分からなかった。

臭みがあるし、飲み込むタイミングが分からない、こんなの何がいいのー?と思ってました。

 

けど、岡山のホルモンは美味しい!

臭みがなくて、とってもジューシー!

 

苦手意識がなくなりまして、今では焼肉屋さんに行ったら毎回食べてます(笑)。

 

一般的に、精肉は屠畜してから数日熟成したほうがおいしいと言われますが、ホルモンは鮮度が命!新鮮なうちに洗浄処理しなければ老廃物の臭みが出て味が落ちると言います。

津山のホルモンは、牛が工場のラインに乗ってから10分という驚異的なスピードで処理が進み、製造されます。

これが津山ホルモンの美味しさのヒミツです。

 

ホルモンが苦手な方も一度津島のホルモンを食べたら、ホルモン観が変わるかもしれませんよ!

 

 

3.津山ホルモンうどんとは?

スポンサードリンク

 

津山ホルモンうどんは、2011年B-1グランプリで第2位を獲得したご当地グルメであります。

 

ちなみに、B-1のBはB級のBではありません。ブランドのBですので、お間違えのないようお願いします(笑)。

 

直接津山に行って食べ歩きを楽しむのもよし、津山ホルモンうどんセットを買って遠方にいながら本場の味を楽しむのもいいですね!

 

一般的な津山ホルモンうどんには、うどん、各種ホルモン、キャベツ、玉ねぎ、もやしなどが入っております。

ホルモンと野菜を炒め合わせた上で少量のタレを絡め、うどんを加えてからもう一度タレをかけてしっかり味をつけるのです。

 

このタレですが、市販の焼肉のタレなんかよりかなりドロっとして濃厚です。味は結構辛めですが甘みもあり、病みつきになる美味しさです。

ホルモンだけでなく、シャキッと炒めた野菜もとても美味しく仕上がります。

 

石井食品さんから津山ホルモンうどんのタレというのが販売されているので、自宅で作ってみたい方にオススメです→石井食品オンラインショップ

 

4.津山ホルモンうどんの人気店と食べ歩きMap

ここからは具体的なお店の紹介です。津山市にはホルモンうどんを提供しているお店が50件以上あり、お店によって具が違っていたり、生産地にこだわっていたり、タレにこだわっていたりと、お店ごとに特色があります。この記事にすべてを書くことは無理なので、私のおすすめ店のみ書いておきます。

とにかく沢山お店の情報が欲しい〜という方は、こちらをご覧くださいね→津山小旅「津山ホルモンうどん地図」

1.橋野食堂

橋野食堂

(引用元:食べログ

岡山県津島市川崎549−9 電話 (0868)26-0502

営業時間:10:00~19:00(平日・土・祝)、10:00~16:00(日)

定休日:水曜日

創業120年、4代続く老舗中の老舗です。このお店はメディアで取り上げられたこともあり、とても有名です。グルメリポーターや芸能人の色紙がいっぱい!

ホシ姐も食べに行ったことがあります。お店の前に行列ができていました。とても美味しかったですよ!

 

2.よしむら 

津山市高野本郷1431-3 電話 (0868)26-1880

営業時間:【月~金】11:30~14:00・16:00~19:00(火曜は14:00まで)、【土日祝】11:00~19:00

定休日:水曜日

ホルモンと相性抜群の自家製みそだれは一度食べるとやみつきになる美味しさ!ホルモンうどんだけでなく、お好み焼きや焼きそばなども食べられます。冬季はカキオコもやっているので(11~3月)、ついでに他の岡山ご当地グルメを堪能したい方にオススメします。

 

3.お好み焼き三枝

津山市上河原441-5 電話 (0868)23-3972

営業時間 11:30~14:00、17:00~21:00(日曜・祝日は11:30~15:00)

定休日:月曜日。祝日の場合は翌日

津山ホルモンうどんの伝道師(色んなイベントで活躍している)が経営しているお店です。

ここのお店のホルモンは黒毛和牛!しかも津山の食肉加工工場から目利きの職人が直接仕入れた厳選ホルモンをしています。

タレは石井食品さんのタレと自家製タレをブレンドしたオリジナル。「ホルモンが苦手」という方にもこのお店のホルモンうどんは美味しいと評判なのだそう。

 

4.お食事処 たかくら

岡山県津山市下高倉西1810-1 電話 (0868)29-2549

営業時間 AM11:00~PM2:30・PM4:30~PM9:00(日曜日は昼のみ営業)不定休(お問い合わせください)

創業40年。自家製有機栽培にこだわった野菜を使用し、タレも自家製ダレ。20種類以上の野菜とくだものを使用しています。

ホルモンうどんだけでなく、日替わりランチやお好み焼き、親子丼、牛丼などもあります。

 

5.道の駅「久米の里」・食遊館  

道の駅

(引用元:道の駅「久米の里」・食遊館

岡山県津山市宮尾563-1 電話 (0868)57-7234

営業時間:10:00~16:00(毎月第1月曜日定休。ただし祝日の場合は翌日)

ドライブがてら気軽によれるのが道の駅「久米の里」・食遊館さんです。地元のお米や野菜、そしてもちろんお肉を使用。こちらの食堂はメニューがとても豊富で、ホルモンうどんだけでなく、ホルモンカレーやホルモンコロッケなど、ホルモン好きには気になるメニューが揃ってます。

普通のうどんやカレーライス、各種定食、ちらし寿司、丼もの、ソフトクリームなどのあるので、ホルモンがやっぱり苦手!という家族がいる場合に向いているんじゃないかしら。

 

5.まとめ

今回は岡山が誇るご当地グルメ、津山ホルモンうどんをご紹介しました。

いやー意外や意外、津山にそんな肉に関する歴史があったなんて知らなかったです。

津山にはホルモンうどんの他、「津山そずり鍋」や「干し肉」などの肉料理があります。

津山城や、まむし除けで有名な「福力荒神社」もありますし(あ、また神社の話を出してしまった)、何と言ってもJR津山線が良いです。山と山の狭い間を線路が縫うようにして走っている箇所があったり、山の麓を沿うようにしてゆったりと走る電車の姿は自然とマッチ!何とも美しいです(念のためにお断りしておきますが、ホシ姐は鉄子ではありません。)

 

なお、平成28年4月2日から岡山ー津山間をノスタルジーという観光列車が走るようです。電車好きの人は是非コレに乗って津山ホルモンうどんを食べに行ってください!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

岡山を舞台にした現役猟師の描く人気漫画に関する話はコチラ→山賊ダイアリーゆかりのオススメ観光スポット(ネタバレあり)

岡山グルメのニューフェイス!→山賊ダイアリーで人気急騰!岡山ジビエのスタンプラリーとは?

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。