スタバのカスタードプリン&チョコレートプリンを遂にGET…食べた感想!

この記事は2分で読めます

Pocket
LINEで送る

昨年11月10日に発売になったスタバのプリン。

なぜコーヒッショップがプリンなのか!?と最初は半分くらい鼻で笑っていたのですが、ずっとずっとずーーーっと品切れで「そんなに人気なのか…」と段々気になり始め、最終的にどうしても食べたくなった私です(笑)。

スタバには月に3〜4回行くのですが、8時開店のお店に9時に行くと既に品切れ。

一体毎日何個仕入れているのか知らないが、どこぞのスタバ狂が毎日朝イチでせっせとプリンを買い占めているに違いない…と思いながら過ごしていました。

ところが、そのどこぞのスタバ狂も遂にプリンに食べ飽きたのか、先日遂にプリンをゲットしました!

なので、その感想を今回は書いてみたいと思います。

スポンサードリンク

1.カスタードプリン

IMG_7726

1個320円です。プリンにしちゃ高いです。

見た目はこんな。白っぽくて、あまりプルプルしていません。プッチンプリンのプルプル度を10とすると、スタバのプリンのプルプル度は4〜5くらいです。

味も驚いたことにあまりプリンっぽくありません。

甘さが控えめで、卵の味も控えめ。その代わり、クリーミーでコクが深いです。

で、食感がババロアみたいです。ちょっとフワっとしていますね。これはこれで、とても美味しいと思います。

普段食べ慣れているプリンとは違う食べ物のような気もしますが。

ちなみに底にカラメルソースがあるのですが、プッチンプリンのように逆さまにしてプリンを出すことができないので、プリンの上にソースをつけてくれた方が良いような気もする。味は個人的にはもう少しほろ苦いのが良いかなあ…あまり存在感がないような。

スポンサードリンク

2.チョコレートプリン

IMG_7727

続いて、チョコプリン。
見た目はこんな感じ。ミルクが入ってるのかこちらも少し白っぽいです。
一口食べてあれ!?これはよく知ってる味だぞ…と思ったら、アレです、森永ミルクココアの味(笑)。
あのココアに牛乳の代わりに生クリームを入れて、クリーミーかつコク豊かに仕上げたような感じです。
口当たりはロイズの生チョコを食べたかのような滑らかさで、トロけます…。
固さはカスタードプリンより固めで食べ応えがありますね~。
カップの底にチョコソースはトロリとしていますが、プリン本体の味がしっかりしているので、これまたあまり存在感がありません。
でも、本体が美味しいから!

お値段はお一つ320円。
いずれも200キロカロリー!
一気に2つ食べたら、そりゃお腹いっぱいです。ご飯3杯分ですからね(汗)。
クリーミーで甘さがあるので、ブラックコーヒーに合いそうなお味だなと思います。
見かけたら是非食べてみてください(笑)。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

追記)スタバのプリンはあまりにも人気のためオークションに出されていることもあるみたいですが、オークションで購入されたものの品質については責任を負いかねますと本家のスタバさんが仰ってますので注意しましょう。

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。