料理備忘録〜プレゼントやおもてなしにピッタリの感動的なケーキのレシピ

この記事は2分で読めます

Pocket
LINEで送る

みなさん料理はお好きですか?

私は下手の横好きに近い料理好きです(しかも最近はめっきり食べるの専門)。

料理は食べるのも良いけど、作るのも楽しくてストレス解消になります。

 

ああ、たまには気の赴くままに料理にいそしみたい!

そう思っても、時間と気持ちの余裕が無いとなかなか難しいのが現実です。

食いしん坊でもある私は、毎日ピンタレストで「いずれ作って食べてみたいな」と思う素敵な料理のレシピをチェックしています。

世の中には素敵なお料理のアイデアがいっぱいあって、見ているだけで夢が広がるんですよ(笑)。

さて、今日はそんな夢のおすそわけ&覚え書き。

 

見た目に華やかで、見る人を感動の渦に巻き込む(言い過ぎかな…)ケーキを紹介してみます。

 

1.バラのアップルパイ

d820db8adf5503b81d4d461088b7dff8

引用元&レシピ:クックパッド

目を見張るゴージャスさですが、びっくりするほど簡単らしいです。

薄く半月切りにしたりんごを甘く煮て、帯状のパイ生地の上にリンゴを並べていき、端からクルクルとパイ生地を巻いていく→焼く、で終了です。

これを考えた人は素晴らしいですね!

アップルパイはパイ生地でリンゴを隠すものだという従来の常識を覆しました。

画期的だ…。

バレンタインとかにも良さそう。気になる殿方に出来るオンナをアピールできちゃう(チョコじゃないけどね)。

 

2.アラベスク模様のスイスロール

スポンサードリンク

5936512472_0abe2cbd53_o

引用元&レシピ:LRF

最近、絵入りのスイスロールが流行っているみたいですネ。

通販でもドット柄やらホルスタイン柄やら鯉のぼりデザインやら、色んなスイスロールが販売されています。

さすがに鯉のぼり柄は作るのが難しいと思いますが、模様いりスイスロールなら見た目が派手な割に作るのが簡単です!

プレゼントやアットホームなおもてなしに喜ばれると思ったのでメモしておきます。

色つきの生地で好きな文字や模様を描き、数分軽く焼いたところにメインの生地を流し込んでしっかり焼くだけ。

ご紹介しているレシピでは赤い色はストロベリーパウダーで付けているそうです。

 

 

3.ルバーブのタルト

5015featured4

引用元&レシピ:baking a moment

ルバーブは繊維質の多いピンク色の茎をした野菜です。

日本ではあまりなじみがないけれど、ヨーロッパでは砂糖で甘みをつけてジャムにしたりパイの具になったり、割とメジャーなようです。

我が家は北海道に住む義母さんが時々ジャムを送ってくれます。

家の近くの産直市場でもこの前見たかな、結構良いお値段してましたが。

このケーキはカゴみたいに織り込んだデザインがとても素敵ですよね。

タルト生地を一回焼いたところにフィリングを入れてもう一度焼き、粗熱をとったあと甘く煮たルバーブを織るようにしてトッピングします。

 

ここで私のどうでも雑学。

ルバーブはダイオウの一種である!

(※ダイオウは、下剤の主成分を含む薬用植物です)

ルバーブは薬用のダイオウほどではありませんが、ごく微量の下剤成分が含まれています。繊維もたっぷりなので食べるとお通じが良くなりますよ♪

 

 

4.ドットケーキ

Polka-dot-cake

引用元&レシピ:goodtoknow

切ってビックリ、何これどうなっているの…?と目を丸くしてしまうカラフルなケーキです。

着色した生地をケーキポップの型に入れて焼き、出来たケーキポップを20センチのケーキ型に敷き詰めたところへ、ケーキスポンジ生地を流し込んで再度焼くという流れ。

ちょっと手間ひまかかりますが、とても可愛いケーキですよね。

このレシピでは食紅を使っていますが、ホウレンソウパウダーや紫イモパウダー、ラズベリーパウダーなどを利用すれば子供にも安心だし、味の変化も楽しめて美味しいんじゃないかと思います。

 

 

5.まとめ

今回は見た目に華やかで、見る人を感動の渦に巻き込むケーキのご紹介でした。

さしあたって私は来月の夫の誕生日にバラのアップルパイを作ってみようかなと思っています。

バラの花言葉=愛です(笑)。

ぴったり…。

作ったらまた写真をアップしたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。