ミスユニバースジャパンの身長、体重に秘められた美の秘訣とは。

Pocket
LINEで送る

こんにちは。20代の頃、一晩だけ真剣に「ミスユニバースジャパン」に応募しようか悩んだことのあるホシ姐です。
身長と体重的にはいいかな~と思ったんですが、鏡を見て止めました。あとふた回りくらい、顔が小さくないといけないんじゃないか…と考え直したんですね(笑)。
今思えば、止めずに応募してみればよかったです。ダメかどうかは審査員が決めるのであって、私じゃないですね〜。

さて、先日ミスユニバース世界大会が行われ、優勝はフィリピン代表のピア・ウォルツバックさんに決定しました。発表時に司会者が優勝者の名前を間違え、一旦コロンビア代表に王冠が渡りましたが、その後誤りに気付いて王冠をはく奪、コロンビア代表が号泣するというハプニングがあったようであります。そりゃ泣きますわ…。

ミスユニバースの各国代表は当然のことながら皆さん美しいですよね!顔立ちはもちろんなんですが、スタイル、そして自信にあふれた笑顔…一般女性からすれば何ともまあ、羨ましい…どうしてそんなに輝いてるの!?と聞きたくなります。

そこで今日は、私が数年前にミスユニバースジャパン代表選考のトレーナーから聞いた彼女たちの美しさの秘密についてお話をしてみたいと思います。

スポンサードリンク

1.ミスユニバースジャパン代表に求められる理想ボディとは

women-model-beauty-portrait-black-and-white-naked

 

写真やテレビなどで見るミスユニバースの各国代表たちは皆スラっと背が高くてメリハリのあるボディをしています。日本人は小柄な体格が多く、脚も短め(泣)、そもそもが遺伝子的に国際ミスコンで入賞することは不利なはずなんですが、果たして世界の美女に引けを取らない日本代表の公称サイズはどれくらいなんでしょうか?

 


2006年大会で準優勝した知花くららさん  身長173センチ、体重? スリーサイズ90-60-90センチ 股下88センチ
2007年大会で優勝した森理世さん 身長174センチ 体重54キロ

(引用元 ウィキペディア)


やっぱり背が高いですね。日本人女性の平均身長は154センチなので、20センチも高いことになります。やはり、生まれながらにして恵まれたボディをしていると言えそうです。

 


体重は知花さんが非公表、
森さんが54キロとのことですが、これをBMIに換算すると、17.8!痩せすぎレベルです。

ミスユニバース大会に出るんだから、そりゃあスリムでスタイル良くなきゃ駄目でしょ!と思われますか??

 

実は違うんですよ〜〜。彼女たちは頑張って体重を増やしてこの状態なんです!

 

私はとある講習会で、ミスユニバースジャパン代表候補生のボディコンディショニング&トレーニングを担当する先生にお会いしたことがあり、とても興味があったので色々根掘り葉ほり聞いたことがあるんです。
それによると、応募した中から選ばれた候補生達は、皆とても痩せていて、身長が170センチ位か或いはそれ以上あるのに、体重は50キロない人が殆どだそう。もしかしたらコンテストを意識して、必要もないのに頑張って体重を落としてくるのかもしれません。
しかし、世界レベルのコンテストに出ることを考えると、身長は170センチ以上、体重も55~58キロ位は欲しいとのこと。日本人は美しさの基準としてスリムであることを重視する傾向にありますが、世界的なミスコンでは痩せすぎていると見栄えがしないんです!

 

そこで、トレーナーの先生は、候補生たちに「食べなさい!」と言うそうです。

沢山食べて、個別に組まれたメニューをこなすことで身体を鍛え、プロポーションを整えていく…それがミスユニバースジャパンに求められる美しさのもとになります。

 

トレーナーの先生が体重を増やせと言うのにはもう1つ重要な意味があり、筋肉をしっかりつけるという目的があります。
筋肉が無いと駄目なんだそうです。それはなぜか?

 

スポンサードリンク

 

もともとすごく痩せた体つきの候補生たちは、当然のことながら筋肉も無いので、高いハイヒールを履いてカッコよく歩けないのです!

これを聞いて、私はなるほど~と思いました(なので書いちゃってる…)。
10センチ以上もあるハイヒールを履きこなしてステージを闊歩するには、筋肉が必要なんですね~。筋肉が無いと、背中が丸くなったり、上半身がおいてけぼり状態で脚だけ動かすような歩き方になるので、格好が悪いのだそうです。

 

woman-women-high-heels-paint

2.まとめ

スリムさを美しさの要素として重要視する日本では、動きの格好良さ、素敵さにあまり価値が置かれていないように思います。トレーナーの先生から筋肉が無いと立ち姿も歩く動作もサマにならないという話を聞いて、もっと日本の女の子は健康美を意識した方が良いのかな~と思いました。
確かに街を歩いてみると、背筋を伸ばしてカッコよく歩いている子は少ないです。小学生くらいの小さい子供にも、姿勢の良くない子が多いこと!ビックリ致します…。
姿勢というのは不思議なもので、姿勢が良ければ美しく見える、姿勢が良ければ自信にあふれて魅力的に見える、姿勢が良ければストレスが減る、身体がどんどん健康になっていくのです。
ミスユニバースジャパンの美しさは、持って生まれたものだけではありません。程よい筋力から生まれる姿勢美、そして姿勢の良さが彼女たちを魅力的に見せているんです!
そして、それは背が高くなくても手に入れることが可能な、美しさの秘密です。
彼女たちの細さにばかりフォーカスするのではなく、身体の強さ、機能美としての筋肉、姿勢というものにもっと注目して頂き、内面から輝く健康美人が増えるといいな~と思いました。

 

2016年の日本代表が決定!上位4人の美しさには共通点が…→ミスユニバースジャパン2016が決定!上位4人の魅力を検証してみた。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)