ノロウイルスを家で流行らせないための正しい手洗い方法

この記事は2分で読めます

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは。家庭の健康と平和を応援したいホシ姐です。

前回の記事で、家庭における手洗いの衝撃的な実態が明らかになりました。
みなさんのお宅の男の子、お父さんは大丈夫でしょうか(笑)。水で10秒サササ〜っで終わってなかったですか?

水で手を濡らしただけの「したふり洗い」は、手に付いたばい菌やウイルスをぬり広げただけ状態。洗った意味がありませんのでご注意を。

 

そこで今回は「正しい手洗い」とは何ぞや?についてお送りします。

「正しい手洗いは20秒以上!」と言いますけれども、いたずらに水と時の流れを感じるだけではいけません。
洗い忘れがないように考えられた、正しい手洗い方というものがあるのです。

今日から早速やってみましょう。

もくじ

  1. こんな時は手を洗おう! 〜家族みんなで実践したい手洗いのタイミングとは
  2. 正しい手洗いの方法 〜正しい手洗いは難しかった!
  3. 世界手洗いダンス 〜みんなで踊ろう、手洗いダンス!
  4. まとめ


1.こんな時は手を洗おう! 〜家族みんなで実践したい手洗いのタイミングとは

 

14239608949_ae9592e720_m

 

前回の記事でも書きましたが、おさらいしておきましょう。手洗いのタイミングについてです。
・帰宅時
・トイレの後
・動物や昆虫に触った後
・料理の前
・食事の前
特に、男の子やお父さんは手洗いが不十分な傾向がありましたね。
家庭での手洗い啓発運動もお母さんの重要な仕事かもしれません。

 

2.正しい手洗いの方法 〜正しい手洗いは難しかった!

 

スポンサードリンク

20秒以上時間をかけて、石けんを使い、以下のように順序よく洗っていきます。

 

手洗い2

引用元:株式会社サラヤ

なんと、10行程もあります!最初は覚えられないかも…?
手洗いの手順を記したポスターを洗面所に貼っておくのも良いかもしれません。
実際にやってみると分かりますが、上記の行程を20秒でするのは大変です。時間にこだわらず、まずはゆっくりでも正しい手洗いが出来るようにした方が良いと思われます。

親指まわりや爪、手首は洗いが不十分になり易い傾向にあることは、過去ログ「5割は不合格の現実!ノロウイルス対策、肝心の○○が出来てない」でお伝えした通りです。

 

 

3.世界手洗いダンス 〜みんなで踊ろう、手洗いダンス!

 

4864460455_8573f96b60_m

日本では2009年より「世界手洗いの日プロジェクト」なるものがスタートしています。これは、「正しい手洗いを通して、発展途上国の人たちだけでなく、日本の子供の健康も守りたい」と考えるユニセフの活動の一環です。
なんと、正しい手洗いを楽しく学べるダンスというものが存在します。
子供も大人も楽しく学べる、手洗いダンスを踊りましょう→参考リンク:手洗いダンス〜日本ユニセフ協会「世界手洗いの日」プロジェクト

 

なお、消毒用エタノールはノロウイルスには効果不十分であることが分かっています。手洗いの代用にはなりませんので、ご注意を。

 

3.まとめ

今回は正しい手洗いについてお送りしました。
ポイントは、

  • 手洗いのタイミングを意識する
  • 石けんを使って泡立てる
  • 特に親指まわりや爪、手首まわりを特に意識しながら洗う
  • 十分にすすいだ後は、清潔なタオルやハンカチで拭く

でしたね。
個人的には、私たち日本人にとって一番難しいのは「正しい手洗いの習慣化」なのかなと思います。

なんせ、日本は衛生環境がいい!みんなそう信じて疑ってません。目に見える汚れがないからこそ、ついつい油断してしまってノロを広げちゃってる…という側面もあるのかなあと。

だからこそ、手洗いの健康へのメリットって計り知れないものがあるんじゃないか…という期待があります。
世界の健康と平和は家庭の健康と平和から!
正しい手洗いを啓発&実践していきましょう。

 

ノロウイルスの消毒方法についてはコチラの記事をご覧くださいね!→「シーン別に見るノロウイルス撃退テク〜消毒法を適切に使い分ける」

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。