風邪の主原因はウイルス!効かないハズの抗生剤が処方される謎

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは。日本の家庭の健康を応援したいホシ姐です。

先日、ヤフーニュースを見ていたら、こんな記事がありました。

 

「風邪の原因は主にウイルス。抗生剤は細菌に効くものであり、ウイルスには効かないのに、多くの人が疑問を抱くことなく風邪の時に出された抗生剤を飲んでいる。これは明らかにおかしい

 

というような内容でした。
時を同じくして、地元のとある友人から、

 

「2歳になる娘の風邪の治りが遅くて困っている。かかりつけの小児科医の先生は抗生剤を極力避けて、自然治癒力で風邪を治す方針の先生なのだが、あまりにも治りが遅いので、保育園の先生に別の小児科を紹介してもらった。すると、今度の先生は抗生剤を飲めばすぐに治りますよ!と言う。抗生剤はあまり飲まないほうがいいと聞いたことがあるのだが、どっちが正しいのか?ホシ姐の家ではどうしてるのか?」

 

というような質問でした。

 

なるほどですねー。
どっちの先生が正しいんでしょうね~?

 

皆さんはどう思いますか?

ちなみにホシ姐の家はですね、子供が風邪を引いたときに出される抗生剤は、

 

飲んでます!

 

そして、先ほどの友人の話に出てきた二人のお医者さんも、別に間違ってないと思います。ヤフーニュースも、「おかしい!」という論調はさておき、ウイルスに抗生剤が効かないのは真実です。

さて、一体どういうことなのか見ていきましょう。

 

1.風邪に抗生剤は本当に意味がないのか?

 

adorable-baby-bath-blanket-boy-child-clean

 

どこのサイトにも風邪の原因の殆どはウイルスによるものなので、抗生剤は効かないですよという風に書いてあります。
確かに風邪の8~9割はウイルスによるものです。

けど、実際のところ医師は患者さんを診察して、「あ、ウイルス性の風邪だわ!」だという風には分からないんですよ。ウイルスは超小さいので、目には見えませんし(笑)、細菌性の風邪症候群も1割前後あります。こういう症状なら絶対ウイルス!とか、絶対細菌!とかいうことは言えません。それに、風邪をちょっと引いたくらいでは、病院で鼻汁や喀痰を検査に出すこともしませんよね?

そして、もう1つ。
ウイルス感染によって、免疫力が低下し、細菌に感染する可能性がある。
私が自分の子供に抗生剤を飲ませる理由は主にこれです。子供はそもそも免疫力が弱く、風邪が悪化して肺炎になって入院、ということも珍しくありません。
風邪をひくと鼻や喉粘膜の防御機能が弱くなったり、体力が低下します。すると、別のウイルスや細菌にも感染しやすくなるのです。

抗生剤は細菌には効くので、風邪を引いている間は医師の指示どおりに抗生剤を飲むことで、

 

1.細菌性の風邪の場合には主原因を叩ける

2.ウイルス性の風邪であっても2次感染を予防する

 

という2つの効果が期待できると思います。風邪が重症化し易い小児に抗生剤物質を出す医師が多いのは、こういう理由からなんですね。すぐに治りますよ〜は言い過ぎというか、誤解を招く危険があるかもしれませんが…どうですか、案外理にかなってるでしょう?

 

ちなみに、私は自分が風邪引いても抗生剤は基本飲みません、重症化はまず考えられないので。よっぽど喉が痛くて、熱も高ければ考えますが…。

 

 

2.抗生物質は害がある?

 

スポンサードリンク


さて、友人のYさんの相談の中に「抗生物質は良くないと聞いた」とありましたが、一体どんなことが良くないのでしょうか?
小児科の先生の中にも、抗生物質は良くないという考えをお持ちの方がいるようです。それはこんな理由からだと思われます。
1.抗生物質により、お腹の中にいる善玉菌も殺菌されてしまう。

近年、お腹の中の善玉菌は消化の過程のみならず、宿主の免疫にも深く関わっていることがわかりました。あの安倍総理が闘っている免疫系の難病「潰瘍性大腸炎」も腸内細菌が関わっているのではないかと言われているんですよ。免疫をつけるために必要な細菌を抗生物質によって減らしてしまうのはリスクなのではないか…?ということです。

2.抗生物質の乱用が、薬物耐性菌を生み出す原因となっている。

抗生物質を使い続けると、その薬が効きづらい菌(薬剤耐性菌)ができ、いざ本当に抗生物質を使わないといけない場面で使える薬が無い…ということが起こり得ます。菌は人から人へ、物から人へと移りゆくものですから、一度できてしまうと世の中に広がってしまうんですね。これは今も医療現場で問題となっていて、耐性菌対策を意識し、抗生物質の使い方も随分見直されました。

以上2点がのが抗生剤が体に悪いと言われるゆえんなのですが、要は程度の問題かと思います。何が絶対悪いということは無くて、善玉菌のことにしても耐性菌のことにしても数日~10日ほどなら問題ないと思いますし、抗生剤を飲んで二次感染を予防することも有効な手段だと思いますよ。

同じ抗生剤を漫然と使い続けない、飲む側は出された抗生剤を処方通り服用し飲みきる、しっかり飲んでサッと治す!これが一番大切ですかね~。

 

お父さんお母さんは、風邪で同じ抗生剤をずーーっと飲んでいないか、決められた用法用量を守って飲めているかに注意していただきたいと思います。

以上、ホシ姐のお薬相談室でした。

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。