便の匂いを減らすサプリメント、シャンピニオンエキスとは?

この記事は2分で読めます

Pocket
LINEで送る

 

こんにちは。中学生の頃、一度だけシャンピニオンエキスを試したことのあるホシ姐です。
あの頃はまだシャンピニオンエキスの 詳細を知らずに「なにやらマッシュルームの成分が臭いに効くらしい!」という情報だけを聞きつけて、お小遣いで買いました。

いくらで買ったのかなあ〜、結構高かったんじゃないでしょうか?

そんなにうんちの臭いで悩んでいた記憶もありませんが、たまたま見つけて物珍しかったんでしょう。

 

さて、先日「おなら症候群を改善!回数を減らし臭いを軽減する方法とは」という記事をアップしましたが、その中でシャンピニオンエキスはどうかな?という個人的な見解を書きましたので、今日はシャンピニオンエキスのことを詳しく書いてみます。

 

ちなみに、私がシャンピニオンエキスを推すのは中学生の時に効果があったからではありません(笑)。
当時のことはもう忘却の彼方であります。

 

スポンサードリンク

1. シャンピニオンエキスとは… 忘れ去られた悲劇のサプリメント

マッシュルームから抽出されたエキスで、その昔、口臭や体臭、便臭などに効果が期待できるとして注目されました。しかし、平成21年に公正取引委員会がシャンピニオンエキスの消臭効果について「合理的な根拠が認められない」と指摘。当エキスの特許を持っている株式会社リコムは処分を不当だとして、臨床研究データや学術論文を提出し処分撤回を求めましたが、覆りませんでした。

当時この事件は報道ステーションやNHKなどで報道され話題となりましたが、その後、様々なサプリメントが登場し、サプリメント市場の競争が激化する中で、シャンピニオンエキスの存在感は次第に薄れていきました。

シャンピニオンエキスは芸能人で言うところの、「あの人は今…」的な存在なのです。

2. 臭いに効くの?効かないの?… 本当のところはどうなの?

「消臭効果があります」という表現での販売は認められていないものの、においに効果があることを示唆する臨床データが出ています。
人の腸内では、ウェルシュ菌という細菌(悪玉菌)が食べ物の残りカス中にあるタンパクや脂肪を腐敗させ、悪臭物質であるアンモニア、インドール、メルカプタン、硫化水素などを作ります。これが便やおならの臭いの原因です。
(株)リコムの研究データによると、シャンピニオンエキスを一定期間毎日服用した人は、腸内の善玉菌の増加と悪玉菌の減少、便中に含まれる悪臭物質の量が大きく減少したとのことです。これは服用者の糞便中に含まれる腸内細菌の数や悪臭物質の量を調べて分かった結果であり、シャンピニオンエキスの消臭効果を謳う理由になるのですが、こういったデータを提出しても「合理的な根拠が認められない」として退けられてしまうのは、シャンピニオンエキスを飲むことで臭いが減るのと、シャンピニオンエキスに消臭効果があるのとは区別されるべきことだから、のようです。表現の難しいところですね。シャンピニオンエキスが直接的に悪臭を消す、みたいな広告が受け入れられないのかもしれません。

ただ、詳しいメカニズムは明らかにされていないものの、シャンピニオンエキスを飲むと、結果的に腸内環境の改善したり、便やおならの元となる悪臭物質が減ったりすることが期待出来るということは言えそうですね。

今もシャンピニオンエキスはお腹がスッキリするとか、臭いが気にならなくなった!などの表現で、サプリメントとして販売されております。

 

3. シャンピニオンエキスは需要がある

そんなこんなでシャンピニオンエキスは、流行のピークは過ぎたものの、加齢臭や口臭を気にしている人たちに今も人気があるようです。また、あまり知られていませんが、実はシャンピニオンエキスは病院で使用される栄養剤にも含まれています。病院内の臭い対策として需要があるということなんですね。個人的には、配合されているものと無いものとで違いを実感できているからこそ配合されてるのかな?と思います。

便やおならの臭いが気になる方は、生活習慣の改善と合わせて一度試してみるのがいいかもしれませんね!

4.まとめ

・シャンピニオンエキスは腸内環境を整えることで悪玉菌の活動を抑制すると考えられる。

  • 悪玉菌の活動が抑制されると悪臭物質の発生も減るので、おならや便臭の改善が期待出来る。
sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。