スタバの飲料は砂糖まみれ!新作は大丈夫?カスタムしてヘルシーに。

Pocket
LINEで送る

 

私の週に一度の朝の楽しみ。それはスタバの甘系ドリンクです。

 

長女を保育園に送った帰りにドライブスルーで頼んでます。なんか身体が重だるい、頭がシャキッとしないという時に効くんだな~これが。
甘さが身体に沁み渡るよう。

 

そんな私の日々の楽しみを揺るがしかねない衝撃的なニュースが飛び込んできました。

スポンサードリンク

 

1.スタバのドリンク、砂糖の量で非難される。

lump-sugar-sugar-cubes-white-sweet-candy

砂糖の使用実態や影響について調査しているイギリスの専門組織「Action of Sugar」は多くのホットフレーバードリンクに含まれる砂糖含有量が非常にショッキングなレベルであるとの調査結果を発表しました。

 

それによると、調査した大手ストリートコーヒーショップのホットフレーバードリンク131商品のうち、98%は砂糖含有量が健康を害する危険レベルであることが分かりました。これはコカコーラと比較すると、3倍近い量になります。

 

最も砂糖の多い危険な飲み物として酷評されたのは、スタバの「ホット・マルド・フルーツ」。

ベンティサイズに含まれる砂糖の量はなんと99g!ティースプーンにして25杯分だそうです。

 

 

お家で紅茶を入れて飲むとき、砂糖は多めに入れるとしても2杯かそこらです。それを考えるとめっちゃ多い!

大人の1日あたり砂糖摂取量はMaxティースプーン7杯だそうなので、一度飲んだらおよそ3.6日分の砂糖を摂ることになりますね。

 

恐ろしい…。
私の場合、いつもトールサイズにしてたことがせめてもの救いです。

 

甘いと思ってたし、甘いのが飲みたいなと思ってスイーツ感覚で頼んでましたが、週に一度は頻度的には多いかな…。

 

 

ちなみに、
ホワイト・チョコレート・モカのホイップクリームのせ ベンティサイズ  砂糖含有量73.8g
シグネチャー・ホット・チョコレート ベンティサイズ  砂糖含有量60g

もワーストランキングに載っとります。

 

 

まあ、あの手のベンティサイズ飲んでる人、見たことないけどね…。

外国の人は飲むのかもしれない。
今回の調査で砂糖の量を指摘されたドリンクの多くは日本では販売されていないそうですが、健康を害するぐらい砂糖がどっさり入った飲み物が、人気のコーヒーショップで普通に提供されているんだよってことは、消費者として知っておくべきだなと思います。

 

なお、スタバは英新聞ガーディアンに対し、2020年までに甘系ドリンクの砂糖含有量を25%減らし、全ての栄養成分を公開すると回答しています。

 

 

2.日本のスタバは大丈夫!?

スポンサードリンク

2406812666_725f5879d5_m

こんなニュースを聞くと、私が普段飲んでいる(飲んだ)スタバの甘系ドリンクは大丈夫なのかが気になります。

 

調べました。

 

その結果ですね、砂糖含有量は公表されてないことが分かりました(ゴメンナサイ)。

 

代わりと言ってはなんですが、カロリーは分かったので、それを載せておきたいと思います。

 

以下は全てトールサイズのカロリーになります。
スターバックス ラテ ホット 222kcal アイス 124kcal
ソイ ラテ ホット 215kcal アイス 120kcal
カフェ モカ ホット 391kcal アイス 243kcal
カプチーノ ホット 114kal
キャラメル マキアート ホット 210kcal アイス 202kcal
ホワイト モカ ホット 370kcal アイス 221kcal
コーヒー フラペチーノ 184kcal
モカ フラペチーノ 234kcal
キャラメル フラペチーノ 303kcal
ダーク モカチップ フラペチーノ 340kcal
ホワイト モカ フラペチーノ 308kcal
抹茶 クリーム フラペチーノ 330kcal
バニラ クリーム フラペチーノ 262kcal
ダーク モカ チップ クリームフラペチーノ 316kcal
チョコレート クリームフラペチーノ 292kcal
チョコレート クリーム チップ フラペチーノ 357kcal
さくらブロッサム&ストロベリー ラテ ホット 384kcal
さくらブロッサム&ストロベリー フラペチーノ 401kcal

 

(引用元:スターバックスコーヒー 2016年2月15日更新)

 

新作のさくらブロッサムも載せてみました。結構いいカロリーしてます。

でも、どうせ飲むなら思いっきり楽しんで飲んでくださいネ。

 

同じドリンクでもホットよりアイスの方がカロリーが低いのは、覚えておくといいかも…メモメモ。

 

ちなみに私が最近飲んだのは、ダーク•モカチップ•フラペチーノです。

モカチップのほろ苦さが、フラペチーノと甘さと絶妙にマッチしていて…美味しかったです(笑)。

 

砂糖の取り過ぎは、カロリーの問題もありますが、急激な血糖値の上昇が問題だと思います。

習慣的に砂糖を多く含む飲食物を摂取すると、肥満や糖尿病になります。

健康な人は上がった血糖値をインスリンによって下げる機構が働きますが、肥満の人はインスリンが効きづらく、インスリンはそこそこ出ているのに血糖値が下がらないという状況になりかねません。またカロリーの多いものを摂ってばかりいると、膵臓が疲弊して来てインスリンが出にくくなります。

要するに、こういう甘系のドリンクを習慣的に飲むことは良くないってことです。

 

なので、たとえ今健康体であっても、砂糖たっぷりのドリンクはたまーにご褒美として飲むくらいにとどめるのがいいのではないでしょうか…ねえ?

 

(自分に言い聞かせてる?)

 

3.カスタマイズしてカロリーダウン

coffee-cup-spoon-cappuccino

とは言っても「私はスタバが好きなんだ!」という方もいらっしゃるでしょう。

そんな貴方には、スタバのドリンクを「カスタム」することをおすすめします。

 

出来るらしい!

ホームページにそう書いてあります(笑)。

 

頼むのにちょっと勇気が要るのと、ますます舌を噛みそうという問題はありますが、言えたら何だか通っぽい!

 

カスタム1:ミルク→低脂肪タイプにする!

スタバのミルクには、普通のミルク、低脂肪タイプ、無脂肪タイプ、豆乳の4種類あるんです。
このうち低脂肪タイプは普通のミルクと無脂肪タイプを混ぜたものになります。
ソイラテ以外の全てのミルク入りドリンクは低脂肪タイプにカスタム可能です。

カロリーセーブの入門者はここからスタートしてはいかがでしょう?
低脂肪タイプにカスタムすると、フラペチーノは10kcalほど、それ以外のドリンクは20〜40kcalダウンできます。

 

カスタム2:ミルク→無脂肪乳にする!

もっとカロリーをダウンしたい方は、無脂肪乳にしてみましょう!
これもソイラテ以外の全てのミルク入りドリンクに対応しています。
無脂肪乳にすると、カロリーダウンの効果は絶大です。
フラペチーノで20kcalほど、それ以外のドリンクは40〜60kcalダウンできます。

 

カスタム3:ミルク→豆乳にする!

豆乳って色々なものに混ぜられていますよね。コーヒー豆乳とか、豆乳ブリンとか、豆乳いり生クリームとか。
豆乳=ヘルシーみたいなイメージがあります。
スタバでは、スターバックス•ラテとカフェアメリカーノ以外の他のドリンクはミルクを豆乳に変更出来ます。さくらブロッサムもできるようです。
豆乳にすると、カロリーは数kcalダウンできます。
あまりダイエットの効果はないようです。豆乳が好きな方、大豆タンパクを摂りたい方、いつものドリンクをちょっと違うテイストにしたい方におすすめです。

 

 

4.まとめ

今回はスタバのドリンクの健康に対する影響についてのお話でした。
私はある飲み物に添加物が入っている、砂糖が沢山入っているという理由で一切を受け付けないという考え方はしません(糖尿病を患っていたら別ですが)。
味が好きなら、普段オーダーしているものをサイズダウンするとか、飲む頻度を見直すとか、カスタムしてカロリーダウンするとか、工夫していくのが良いと思います。

何事も節度が大切ですよね。
砂糖も大人のたしなみかと。

 

さて、今度スタバに行ったら、通らしくカスタムオーダーしてみようと思います!

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

翌日、早速スタバでカスタム注文した話(笑)→スタバ新作さくらブロッサム&ストロベリーをカスタムして飲んでみた

スタバの商業戦略について考えてみました→コーヒー&ビッツに見るスタバ人気の秘密。実はインスタント?

冬の限定商品はこんな味でした→スタバの新商品、チョコラティ クランブル ココ を飲んでみた!

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  1. 記事楽しく拝見させていただきました。
    以前スタバで働いていたものです。
    確かにカロリーしか公開されていませんね。
    カロリーだけで見るとラテよりキャラメルマキアートのほうがカロリー少ないんですね。
    これはラテとキャラメルマキアートでフォーム量が違うからですね。キャラメルマキアートのほうがフォーム多い分ミルクの量が少なくなって、結果カロリーも低くなります。ラテとカプチーノのカロリー差を見て頂ければよく理解できると思います。 ミルクの量が少ないのにラテとキャラメルマキアートのカロリーが同じくらいなのは、言わずもがなキャラメルマキアートにはシロップ(砂糖)が入ってるからですね。

    一つカロリーから砂糖含有量の目安を理解する方法があります。ラテとモカのカロリー差に注目してください。ラテとモカの作り方の違いはモカにはチョコレートシロップが入ってる事です。つまりラテとモカのカロリー差=モカシロップのカロリー。 ラテ222kcal に対してモカ391kcal その差は170kcal=モカシロップのカロリー。 仮に凄く少なく見積もって170kcal中の半分の85kcalが砂糖だとしても砂糖小さじ5杯分、、、 、、、 WHOによると一日の砂糖摂取量目安は6杯分なので、やはり砂糖含有量多そうですね、、、 カロリーでごまかすために無脂肪乳に変更ってカスタム確かにありますが、砂糖含有量で考えるならば、「シロップ1ポンプの更に半分で」ってカスタムが一番有効ですね。多分かなり薄味に感じると思いますが。  

    次にホットよりアイスの方がカロリー低いのはアイスには氷が沢山入ってるからです。
    これと同じでフラペチーノも氷沢山入ってます。なのに上記のカロリー、、、つまりフラべチーノに表記されているカロリー数の大部分ははシロップとホイップのカロリーですね。。。。コーヒーフラベでも184kcal。新作のフラペだと401kcal。 かなりの砂糖含んでそうですね。  こういうのを機会に砂糖含有量についても意識していきたいですね^^

  2. 訂正: ラテとモカの違いはシロップだけでなく、ホイップの差もありますね。

    • こんにちは。コメントありがとうございます(^^)
      実はこのブログでコメントを頂くのは初めてで、とても嬉しいです。
      シロップ1ポンプの半分っていうカスタムがあるんですか!?
      そんな細かいところまで指定出来るなんて知らなかったです。工夫次第でカロリーセーブもできるし、自分好みの味を探して色々試す価値がありそうですね。今度ポンプ半分やってみます。
      それにしても、理系ですね(笑)!