ニコチン依存度をチェック!禁煙は辛い?成功の秘訣とは。

この記事は5分で読めます

Pocket
LINEで送る

こんにちは。ホシ姐です。

当ブログをご訪問いただき、ありがとうございます。

最近「禁煙シリーズ」と題して、タバコの有害性や子供への影響などについて続々と記事を書いております。

今このページをご覧のあなたは愛煙家の方でしょうか?タバコをできればやめたいと思っていらっしゃいますか?

なかなかやめるのは難しいと聞きますが、もし禁煙したいとお考えなのであれば、かなり真面目に調べて記事を書いています。参考にしてもらえたら嬉しいです。

 

今日のテーマは「ニコチン依存症と、それを脱却する秘訣について」です。

 

1.ニコチン依存症とは

喫煙による健康被害の実態が次々と明らかになり世の風潮が完全に嫌煙ムードとなる中、タバコをやめたいと思う人は非常に多いです。

 

やめたいならやめればいいじゃないの…。

 

非喫煙者の人は口を揃えてそういいます。

でも、これがなかなか難しいらしい。

なぜなら、タバコをやめたくてもやめられないのは病気だからです。

ニコチン依存症という言葉を聞いたことがありませんか?これがタバコをやめられない人の病気です。

喫煙は単なる習慣や癖ではなく、喫煙によって肺に侵入したニコチンが脳に作用し、ドパミンやセロトニンなどの神経伝達物質を放出させます。これにより喫煙すると一過性の心地よさを感じますが、習慣的に喫煙をすると脳のニコチン要求度が増して来て、喫煙量がどんどん増えて来ます。タバコには沢山の有害物質が含まれているので健康に悪いと分かっていても、吸わなければイライラしたり、口さみしくなったりするのでついつい吸ってしまう…そんな悪循環に陥ってしまうのがニコチン依存症の特徴です。

 

2.あなたのニコチン依存度をチェック!

禁煙のモチベーションを高めるには、あなたのニコチン依存度を知ることが有効です。

ちょっとチェックしてみましょう!

 

あなたに質問です。

質問)朝起きて、何分でタバコが吸いたくなりますか?

 

よーく、今朝起きたときのことを思い起こしてくださいね。

 

 

ズルはだめですよ(笑)。

 

答え)

•1時間以上経ってからと答えた方…あなたの依存度は軽いです。止めようと思えばすぐに止められるかもしれません。

1時間くらい…あなたの依存度は中程度です。ニコチンの依存度はタバコを続けるほど高くなっていきます。早めに禁煙した方が身の為です。

•30分以内…あなたの依存度は高いです?ご自身にも自覚があるのではないでしょうか?タバコを吸ってから時間が経つとイライラしてきませんか?それは立派なニコチン依存症です。

•5分以内…あなたの依存度は最強レベルです。自他共に認めるヘビースモーカーですね。タバコが有害と分かっていても止められない悪循環に陥ってしまっています。これまでに禁煙しようと思ったことはあるものの、続けられなかったのではありませんか?

 

タバコの依存には心理的なものと身体的なものがあります。

心理的なものとは、すなわち習慣です。手持ち無沙汰とか、目覚めの一服とか、そういうことです。習慣を見直すだけで、ニコチンへの依存度は減らすことができます。

一方で、身体的依存はニコチンの薬理作用によって形成されます。これにはイライラや落ち着きのなさ、吸いたいという欲求などが含まれ、禁煙の大きな障害となります。

 

 

3.禁煙は辛い?

スポンサードリンク

 

禁煙を難しくしている要因の1つに、ニコチン摂取の中断に伴う離脱症状が挙げられます。

離脱症状とは、たとえばこんな症状です↓

・イライラする

・落ち着かない

・身体がだるい

・眠い

・タバコが吸いたい

離脱症状のピークは禁煙開始後2~3日目です。禁煙を挫折してしまう人の多くは、この離脱症状が辛くて、しかもその辛い状態が長い間続くと思うために諦めてしまうことが多いようです。

しかし、離脱症状は行ってしまえばほんの数日!喫煙を続けることで治療困難な病気にかかるリスクは非常に高く、一度かかってしまうと一生辛い病気と向き合わなければなりません。それを考えたら、何のこれしき!という強い心で禁煙に臨みましょう。

最近はニコチン依存症が病気として認められたこともあり、禁煙を目的とした受診や処方薬に保険が適用されます。

自己流の禁煙は辛いものになりやすく、挫折もしやすいです。以前禁煙に挑戦したけど無理だったという人は、禁煙外来のドアを叩いてみてはいかがでしょうか?あなたが想像しているより楽に禁煙できる方法が見つかるかもしれませんよ。

 

4.禁煙は今からでも遅くない!

喫煙歴が長いから、今さら禁煙したって遅いでしょ…と思う方に朗報です。

禁煙すると、あなたの身体にこんな変化が起こります↓

禁煙 20 分後  血圧や脈拍が正常化し、手足の血のめぐりも良くなる。
8 時間後 血液中の酸素濃度が正常化し、心臓発作をおこす危険率が低下しはじめる。
24 時間後  体内から一酸化炭素が除去され、肺の汚れが消えはじめる。
48 時間後  体内のニコチン濃度がゼロになる。
72 時間後 呼吸が楽になる。
2~12 週間後  体全体の血液の流れがスムーズになる。
3~9 ヶ月後 肺の機能が 5~10%上昇し、せきや息苦しさ、ぜんそくなどが改善する。
5 年後 心臓発作を起こす危険率が喫煙者の約半分に低下する。
10 年後 肺がんになる危険率が喫煙者の約半分、心臓発作を起こす危険率が非喫煙者と ほぼ同じになる。
11 年後  歯周病のリスクが非喫煙者と同じレベルになる。

参考引用元:職場におけるたばこ対策ハンドブック

 

血流や呼吸の不調はかなり早期に改善することがわかります。これは希望が持てるではありませんか!

また、禁煙は止めるタイミングが早ければ早いほど寿命が延びることが証明されています。喫煙歴を振り返るより、自分の寿命を伸ばすことに着目してみてくださいね!

 

禁煙と寿命についてはこちらの記事をご覧ください→肌が若返り、美貌を取り戻せる!禁煙によるメリットの数々

 

 

4.気が緩むタイミングがある!

せっかく禁煙を始めても、気が緩んで再喫煙をしてしまうことがあります。禁煙が破られてしまうタイミングは大体決まっています。

・3日目に注意

ニコチンの離脱症状がピークの時です。この苦しみがずっと続くのか!?と悲観的にならないでください。3日を過ぎれば離脱症状は和らいできます。5日目あたりからグンと楽になりますよ。

禁煙外来で補助剤を処方してもらえば、離脱症状を緩和することもできます。

 

・3週間目に注意

血行が改善し、身体のビタミン不足も解消されて肌の調子が良くなってきます。肺活量も少し回復しています。せっかく体調が良くなってきたこの時期、「3週間我慢したから1本くらいいいかな?」と思ってしまいがち。ダメですよ!ダメダメ。頭の中からタバコという言葉を削除してください。

 

・3ヶ月目に注意

朝すっきり起きられるようになり、ご飯が美味しく感じたり、身体の動きも軽快に感じたりします。とってもいい感じです!でも、気が緩みやすい時期でもあります。

何が一番危険かって、飲み会が危険です。禁煙に失敗する現場の実に99パーセントが酒席でございます。勧められても断ってください。判断力が鈍るほど飲まないように!

 

5.禁煙を後押ししてくれるもの

1.家族や友人

禁煙したいと思うなら、「私は禁煙を始めます!」と宣言しましょう。あなたの事を大切に思ってくれている家族や友人は、きっとあなたの勇気ある決断を喜び、応援してくれます。喫煙者からは驚きと憧れの眼差しで見られることでしょう(笑)。

禁煙宣言をすると、喫煙所に誘われなくなり、宣言した手前、後には引けません。とても有効な手段ですよ。

 

2.禁煙仲間

身近な人に喫煙者がいたら、一緒に禁煙しない?と声をかけてみましょう。禁煙したいのに実行にうつせない人は多いです。

志を一緒にする場合仲間を見つけて、辛さを分かち合ったり、励まし合ったり、競争したりしてみましょう。

あなたは誘った手前、気安く中断することが出来ません(笑)。

 

3.禁煙補助剤

禁煙外来を受診して、タバコに対する依存度が高いと判断された場合には禁煙補助剤が処方されます。薬局にニコチンガムが売っているからそれでいいやと思う人もいるかもしれませんが、それは違います。ガムだと自分の好きに食べてしまいやすく、ニコチン依存が軽減できない場合がありますし、禁煙に関する適切なアドバイスを受けることが難しいからです。

その点、病院で処方される薬は用法や用量が決まっており、徐々にニコチン依存状態を軽減できます。また、禁煙に関する情報やアドバイスが受けられるので、禁煙するぞ!というモチベーションを維持することが可能です。

離脱症状の軽減が期待できるのも大きなポイントです。

 

4.インターネット禁煙マラソン

インターネットのメールを利用した新しい禁煙法です。

禁煙をマラソンに捉え、大勢の禁煙希望者たちと一緒にゴール(卒煙)に向かって頑張ろう!というプログラムです。

禁煙マラソンではメーリングリストやメールマガジンのシステムにより、禁煙に成功した人や担当アドバイザー、医療スタッフなどからアドバイスや励ましを受けて自分にあった方法で禁煙をすることができます。また、健康や喫煙に関する情報、禁煙外来に関する情報を受け取ることができ、吸いたい時に吸わないようにするサポートも充実。24時間365日禁煙をサポートしてくれます。

禁煙マラソンは有料プログラムですが、参加者の半数以上が一年後に禁煙できています。詳しい内容については、インターネット禁煙マラソンホームページをご覧ください。

 

6.まとめ

今回は「ニコチン依存症と、それを脱却する秘訣について」お送りしました。

有益な情報はあったでしょうか?

禁煙したくても出来ない人の多くは離脱症状の辛さに尻込みをしています。具体的に離脱症状がどれくらいの期間続くかご存知でしたか?ピークは最初の2、3日目で、それを過ぎれば楽になると書いてありましたね!そして、禁煙を始めてすぐに身体の調子が良くなり始めることもわかりました。

細菌は嫌煙ムードが高まる一方で、禁煙を支援するプログラムやツールも充実しています。ぜひご自分にあったツールを見つけて禁煙に挑んでみてください。

 

合わせてこちらの記事もいかがですか?お子さんがいなくても読んでみてね。→【子供と喫煙の害】禁煙を楽にする具体的方法まとめ

家族と一緒に暮らす方に読んで欲しい記事(お子さんがいなくても)。→受動喫煙で赤ちゃんが突然死や病気に!分煙も決して安心できない

母乳育児をしている愛煙家のママに知っていただきたいこと→タバコで母乳がニコチンに汚染される!赤ちゃんへ及ぼす影響とは

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。