キャンプにオススメ!軽量・コンパクトなハンモックを比較してみた

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

春!

キャンプシーズン到来でございます。

(冬にしてもいいんだけどネ)

 

数年前からファミリーキャンプにハマっている我が家は、ゴールデンウィークに2連泊でキャンプを計画中。

大人は今から楽しみで楽しみで仕方がなく、どんなものを作って食べようか、どんな遊びをしようか、想像しては毎日ニヤニヤしています。

 

キャンプは一度始めると次から次へと色んなグッズが欲しくなるんですけれども、今一番欲しいのがハンモックです。

今回は軽量でコンパクトに収納できるハンモックをご紹介します。

 

1.パラシュートハンモックとは?

2016SET-10_1

引用元:coleman

キャンプは必要な荷物をいかに積むかっていうのが最初の難関です。

そして一番の難関かもしれない。

なので、私がハンモックを選ぶなら、軽くて・丈夫で・コンパクトに折りたためるものが良いと思います!

 

でもって、2人用で、子供と乗れるもの。

 

そういう視点で商品を見ていくと、必然とパラシュートハンモックにたどり着きました。

パラシュートハンモックとは、読んで字のごとく、パラシュート用の生地を使用して作られたハンモックのこと。

 

パラシュートは飛行機やヘリコプターなどから落下する時に使用しますね?

 

なので、コンパクト収納可能かつ軽量で、枝に引っかかったりすることを想定し裂けないよう頑丈に作られています。

 

これってキャンプにぴったり!

 

重さは500g〜1000gほど、折りたたむとティッシュボックスを2つ分くらいの大きさになるんです(ダブルの場合です。シングルはもっと小さいヨ)。

 

 

2.各メーカーのパラシュートハンモック

ネットで各メーカーのパラシュートハンモックを調べてみました。

1.コールマン スカイ

定価 5400円

重さ800g

耐荷重 180㎏

何人用とは書いていませんが、ワイドサイズで180㎏までということなので、2人までいけるかな?と思います。

カラビナやロープは入ってます。

2.ハイマウント

定価 6000円

重さ700g

耐荷重 180㎏

アウトドアや防災用品を扱うブランド。

通気性も軽さも抜群!

本体にフックとロープが付いています。

3.ラ・シエスタ

定価 10500円

重さ950g

耐荷重180㎏

南アメリカにあるハンモック専門ブランドです。リゾートチックなデザイン性のあるハンモックもありますが、トラベルハンモックもあり。

トラベルハンモックはロープもフックも付いていて、木に吊るして使うなら別に何か買う必要は無し。

名前がいいですね。私も大自然に囲まれてシエスタしてみたい!

4.バイヤー

参考価格8424円(amazon)

重さ680g

耐荷重 170㎏

バイヤーは元々は家具メーカー。米軍やキャンパーにハンモックや椅子、コット(折りたたみ式の簡易ベッド)などを販売してきた会社です。

トラベラーハンモックダブルXXLは超軽量なのに大人と2人が楽々使える大きさです。

ネットサイトを見ると付属品は専用ケースとしか書いてないので、ロープやカラビナは買う必要があるでしょう。

5.ハミングバード

定価 15000円

重さ 289g

耐荷重 181㎏

今回調べた中で最も軽いパラシュートハンモックです。その分他のメーカーより大分高価。

ダブルサイズでなんと重さは289g!

もちろん強度はお墨付きです。特別なパラシュート生地を使っているのかもしれません。

バックパッカーはこういうの好きだろうなあ…。シングルサイズもありますよ!

6.グランドトランク

定価 10000円

重さ 790g

耐荷重 180㎏

アメリカシカゴ発のアウトドアブランドです。

カラビナ、ロープ付き。

重さはまあまあ。防カビ加工がされているところが良いです。

7.チケット トウ ザ ムーン

IMG_2049

引用元:チケットトゥザムーン

定価 7560円

重さ600g

耐荷重200㎏

バリ島で生まれたブランド。

ハイグレードパラシュートナイロンを使用していて、軽量かつ通気性抜群!

名前とデザインも可愛いです。

多くのパラシュートハンモックが寝袋風の収納袋なんですが、これはブランド名に乗っかって三日月形の収納袋に収まります。

カラビナや固定用ロープは別売り、蚊帳も別で売ってます。

 

3.まとめ

今回はキャンプにオススメのパラシュートハンモックをご紹介しました。

車でキャンプに行くならどれも申し分の無い軽さだと思います。

あとはデザインや値段ですかね^^;

ネットにはノーブランドでもっと安いのもあります。パラシュート素材を使用している点では同じです。

縫製や耐久年数に若干差が出てくるかもしれないので、今回ご紹介したブランドのスペックと比較してみて、とりあえず安いのを試してみようかなという方はそちらも選択肢に入れてみると良いかもしれませんね(^^)

木に吊るして使うにはカラビナやロープ、ツリーストラップなどが必要です。

買われる際には、商品説明や付属品の内容を見て、キャンプにいく前に必要なものが全部揃っているかチェックしましょう(^.^)

ハンモックの吊るし方はそのサイトが丁寧で勉強になりました→ ベースキャンプ

ご参考にしていただけると嬉しいです。今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。