FBI大山に親子でキャンプに行った感想!設備と外遊び&温泉&買い物情報

Pocket
LINEで送る

ゴールデンウィーク初日から2泊3日で家族キャンプに行って来ました!

今回泊まったのは、2015年にオープンしたばかりの鳥取県西伯郡伯耆町にあるキャンプ場「FBI大山」です。

淡路島の観光情報を調べている時に、たまたま「FBI淡路」のサイトを見つけ、大山にも関連施設があるのを見つけ、「海より山がいいな」ということになって即予約(笑)。

ネットでは「バーもあるオシャレなキャンプ場」「本格的なグランピングを楽しめる数少ないキャンプ場」として紹介されていますが、実際のところどうだったのか…を家族の思い出と共に記録に残しておくことにします。

スポンサードリンク

1.FBI大山とは?キャンプ場の特徴

IMG_5784

まず、FBIって何…とツッコミたくなります(笑)。

First class Backpackers Innの略だそうで。

 

どの辺がファーストクラスなんだろう?というのは、泊まってみて納得。

・自然と調和した雰囲気が素晴らしく良い。

ペンション村からすこし外れた森の中にあるのですが、夜は素晴らしい星空を見ることが出来ました。

ド近眼の私にも見えたので、普通の人はもっと感動することでしょう(笑)。

場内は白いペンキ塗りの可愛い木塀でガードレールが作ってあり、要所要所にランプがかかっています。

夜はランプに火がともされ、各テントからもれる炊事の良い香り、焚火の香ばしい匂い、暖かい光、ひそひそとした話し声などが相まって、本当に素敵な光景だった!

タラの木が沢山生えていて、今はちょうどタラの芽が旬の季節。

子供たちが一生懸命摘んでいました。「タラの芽エエエ!」絶叫している男の子がいて面白かったです。

 

・炊事場&トイレがとてもキレイ!しかも沢山ある。

FullSizeRender

カントリー調の可愛い炊事場が数カ所にあり。

トタンの屋根もパッチワークのようにカラフルで、フラッグガーランドがかけられていました。オシャレ。

しかも、どこにテントを張っても便利な位置にあります。

蛇口の数も多くて、混み合うことは無かったです。お湯も出る。快適!

 

・シャワー24時間OK!

我が家は子供連れなので、コインシャワーより温泉…と最初から決めて使用しませんでしたが、シャワーを好きな時間に使うことができるというのは良いですね。

 

・好きなところにテントを張れる。区画もなし!直火で焚火OK!

最近のキャンプ場は区画サイトで直火禁止が多いけれども、FBI大山は違います!

車を乗り入れて、好きなところにテントが張れます。

焚火台も不要。木の枝はその辺で拾って燃やしている人が多かったです(薪も売っていましたけどね)。

車、テント、タープ、焚火スペース、そしてプライバシー…これらをすべて確保しようと思うと普通のオートキャンプ場では区画の広さがかなり気になりますが、FBIはテントの大きさが大きいのか小さいのかで若干料金が変わるだけ。

騒音やペットの散歩等、マナーを守ればかなり自由度の高いキャンプを楽しめます。

 

この他、ファーストクラスたる理由としてバー&カフェがある、レンタル用品がとても充実していることなどが挙げられます。

我が家はバーは利用しなかったけど、大人だけで行くのなら利用したらまたひと味違ったキャンプが楽しめるのかなと思います。

レンタル用品はコールマンのドームテント(よくレンタルであるやつ)以外に小川キャピタルの三角テントやエアーマットなどもあり。

エアーマットのレンタルってなかなか無いんじゃないでしょうか。

 

2.感想

スポンサードリンク

・気温について

GW、しかも標高400メートルということもあり、夜どれくらい寒いのか結構心配でした。

初日はかなり寒くて、多分夜の気温は5~8度くらいだったと思います。

風も結構ありました。

-3度まで対応のシュラフ以外に毛布2枚と冬用防寒着で乗り切れました。

子供たちも風邪を引くことなく…。

他の人たちも毛布やダウンジャケットなどを持ち込んで冬の出で立ちでしたヨ。

二日目の夜は寒さはそうでもありませんでしたが、風が強くて、テントが時々ハタハタ言ってました。

 

・地面

大体どこもかしこも斜めです。平地を探すことが難しい(笑)。

草地ですが、直火OKということもあり、所々土が露出しています。

寒さをしのぐ為にも、しっかり眠る為にもテントのインナーマットは必要だと思います。

まあ、そういうことがあるからレンタル用品でエアーマットがあるのかもしれませんが(笑)。

我が家はスノーピークのインナーマット&コールマンのエアー枕で快適に眠れましたが、何ぶん斜めなので寝入った時と朝起きたときで、結構場所が移動してました。

子供が「すべる~~」って言ってました。

滑り止めにヨガマットみたいなラバーマットを敷くともっと快適なのかもしれません。

 

・こんな風に楽しみました!

今回の我が家のキャンプテーマは、

2泊3日でゆっくりアウトドアを楽しむ

ハンモックで遊ぶ

バウムクーヘンを作る

でした。

いつも1泊2日でバタバタを過ごしていましたが、1泊だけより疲れない気がする。

設営→寝る→撤収はハードスケジュールだということがよく分かりました。周りを見ても、2泊している人たちが多かったです。

ハンモックは今回初めてキャンプにお目見えした我が家の新しいギア。

ラ•シエスタというブラジルのブランドで、パラシュート素材で出来ており、軽量&コンパクト&丈夫なのが特徴です。

たたむと高級ティッシュの箱よりも小さくなりますが、耐荷重は180キロ。

親子で乗ってブランコみたいに使っても余裕でした。

 

多くのパラシュートハンモックが他にロープや金具を買わないといけない中で、ラ・シエスタのハンモックはこれだけでOK!

 

しかもネット通販で安く買える!というところが魅力です。

 

バウムクーヘンは木の棒にアルミホイルを巻き付け、棒を2本の丸穴ペグに通して、時々ホットケーキの生地をかけて焼くという「モンハン焼き」みたいな手法で作りました。

焦げ目がついたらバニラシュガーをかけて生地を足して焼くを繰り返すこと1時間。

表面がパリっとしたアツアツのバウムクーヘンが出来ました。味は殆どホットケーキだったので、今度作るときは溶かしバターと砂糖を多めに入れて焼いてみたい。

IMG_5805

IMG_5811

 

・欲しいギアが増える。

キャンプに行くたび、欲しい物が増えてます(笑)。他のご家庭のテントやキャンプギアを観察しては、勉強しています。

今回新たに欲しいなと思ったのは、

素敵なウォータージャグ(スチール製かイグルー)

ラック(いつも物の置き場に困ってます)

ハンギングドライネット

ウインドスピナー

光るガーランド

快適な椅子(ドリンクホルダー付き)

追加のランタン

です。

もうキャリアを買わないと積み込めないというのに、物欲の塊です…。

キャンプギアだけでなく、昨年家族も増えているので(汗)。

頑張って働かなきゃ(汗)。

 

3.周辺の温泉&買い物スポット

・100円ショップ、スーパー(伯耆町大殿)

赤ちゃんのお世話に気を取られて、今回私は笑ってしまうくらい色々忘れ物をしました。

まな板とか、スプーンとか…結構肝心なものです。

FBIから車で15分くらいのところにある大殿は買い物に便利な街になっていてとても助かりました。

100円ショップ「セリア」、その隣にホームセンター「ジュンテンドー」、フーズマーケット「ホック」、ドラッグストア「シンヤクドー」、コインランドリーが1カ所に固まっています。

フーズマーケット「ホック」はかなり大きなスーパーで、品揃えに申し分ありません。食べ物はなんでも揃うし、値段も良心的。何なら見たこと無い地元ブランドのビールやソース、加工品なんかも売ってます。

食材はテントをFBIで張ってからここで調達しても全く問題ないと思います。

 

181号線を挟んでほぼ向かいに、鳥取の高級和牛を扱う「肉の今川」というお店もあります。

鳥取ハーブチキンや豚肉、ニュージーランド産の生ラムも取り扱いあり。和牛は結構高くて、100g1000〜1200円くらいしたかな…。

まあ、ホックのお肉コーナーとよく比較してお買い上げください(笑)。

 

・温泉

1日目は皆生温泉、2日目は伯耆町大殿にある「岸本温泉ゆうあい・パル」に行って来ました。

皆生温泉は日本海を眺めながらゆっくり入ることが出来ます。

0歳児のいる我が家もバンボを持って家族で楽しみました。

「ゆうあい・パル」は水曜が定休ですが、手頃な値段で入浴でき、施設も割とキレイです。泡風呂とサウナ、露天風呂あり。

 

・自家製天然酵母のパン屋さん「小さじいち」

IMG_5795 IMG_5798

FBIから車で2分ほどのところに、とっても可愛いパン屋さんがあります。

イチジクとくるみのパン、チーズのパンを食べましたが、噛むほどに滋味が溢れるようなパンでとても美味しかった!

 

4.子供の遊び場~森の国に行って来た!

IMG_5834 IMG_5843

最終日は公園&森のアスレチック「森の国」に行って来ました。

ここはキャンプ場も併設されていますが、キャンプサイトは大したことないです(笑)。

でも、公園の遊具やアスレチックは素晴らしい。

「子供の頃、こんなんで遊べたら良かったのに」と思えるようなのがいっぱい!

アスレチックは「昆虫コース」と「大山コース」の2コースあり、昆虫コースの方が小さい子向けです。対称年齢は3歳からとなっていますが、5歳児でも難しい。

小学校低学年でも厳しいんじゃ…というのがチラホラ。でも面白い(笑)!

オプションで竹馬や一輪車、芝滑りなどのアトラクションもありますが、そんなことをしなくても十分楽しめると思います。

 

森の国

営業時間 9:00~17:30

交通アクセス

〒689-3319 鳥取県西伯郡大山町赤松634(大山観光道路沿い 県道24号線沿い)

TEL 0859-53-8036

 

5.まとめ

今回は鳥取県にあるキャンプ場「FBI大山」とその周辺スポット情報をお届けしました。

うちの長女は相当楽しかったようで、「鳥取県に住みたい。すっとキャンプで暮らしたい」と言って帰宅後号泣し、なだめるのが大変でしたが…それくらい楽しかったみたいです。

皆さんも是非、ご家族やお友達と素敵な思い出を作ってください。今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

〜アウトドア関連記事〜

・岡山県津山市 木もれ陽の森にキャンプに行って来た感想!料金や温泉情報など→本当に自然の中!かなりオススメです。

・小豆島 オートビレッジ吉田のキャンプ体験記!施設や買い物情報など→小豆島でキャンプ!耳より情報をお届けします。

・2016年淡路島 レンタルサービスのあるバーベキュースポット

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)