2016年淡路島 レンタルサービスのあるバーベキュースポット

この記事は4分で読めます

Pocket
LINEで送る

淡路島は海の自然、山の自然、温泉、寺社仏閣、グルメ、お花見スポットなどお出かけ好きには堪らない要素が詰まった場所です。

暖かくなってくると、アウトドア派の人は早くキャンプに行きたいなとかBBQがしたいな…って思い始めます。

ええ、私のことです(笑)。

淡路島に行きたい…。

淡路牛や地元の海の幸をジュージュー焼いて、潮風を感じながらBBQしたいですね!

 

キャンプやBBQは結構準備が大変。

準備がまた楽しかったりするんですが、道具がそろっていなかったり、家族が車に全員乗り込むと荷物が詰めないというご家庭もあるでしょう。

そんな方たちにも気軽にBBQを楽しんでもらえるよう、淡路島では道具なしでもBBQができるスポットがあります。

今回は、食材&BBQ道具のレンタルサービスのあるキャンプ場をご紹介します。

全て日帰り対応なので、泊まらなくてOKです!

 

1.南淡路シーサイド オートキャンプ場

南淡路休暇村

画像引用元:南淡路シーサイド オートキャンプ場

休暇村南淡路の敷地内にあるキャンプ場。宿泊用のオートサイト23区画とデイキャンプ用のサイトが設けられています。

オートサイトは目の前に福良湾をのぞみ、魚釣りや自然豊かな淡路島の海の景色を存分に楽しむことが出来ます!

キャンプ場のBBQレンタルサービスは事前予約が必要です。

休暇村には温泉もあるので、合わせてどうぞ♪

宿泊する場合、予約は6ヶ月前から。テントが無い家族も宿泊が出来るようにレンタルサービスとのセットプランもあります。

 

海辺のキャンプ…いいですね。

遊覧船が目の前を通るロケーションは子供もかなり喜ぶのではないでしょうか。

見た感じ、土曜日や連休は予約が埋まっています。早めに予約するか、平日に休みを取らないといけない感じですね!

 

施設情報

住所:南あわじ市福良丙870−1

電話:0799-52-0291

営業期間:通年

BBQサービス:1人1850円(食材のみ。牛肉、魚介、野菜、おにぎりなど。2日前までに要予約。2名〜)

レンタル:ドラム缶コンロ、ランタンなど。薪や炭は売店で購入可。

デイキャンプ:時間については要問い合わせ

アクセス:淡路島南ICから県道25号を福良方面へ、車で15分。

 

 

 

2.FBI淡路(エフビーアイ アワジ)

aria1_a

画像引用元:FBI淡路

FBI捜査官がやっているキャンプ場ではありません(笑)。

FBIとは、first class backpackers inn.の略だそうで、バックパッカーをこよなく愛するオーナーが経営しています。

ここの特徴は、全サイト焚き火OKなところ、テントサイトの区画線が無いところです。

これは今どきすごく珍しいと思いますよ!最近は焚火台を持っていないと焚火しちゃ駄目!ってところが多いですから。

 

おしゃれなカフェやバー、キャビンもあります。

レンタル用品もハイブランドのものが豊富に揃ってます。小川キャンパルの三角テントがあるなんて素敵ではないですか!

テント以外にも、ランタン、ガスコンロはもとよりエアベッドまで貸してくれます…。

エアベッドのレンタルって正直初めて見ました。

キャンプは寝心地が…という方でも安心ですね。

 

施設情報

住所:洲本市五色町鳥飼浦2359船瀬ビーチ

電話:0799-34-0900

営業期間:4/23~10/31(2016年度の予約は3/13〜)

BBQサービス:1人前3000円(食材のみ。牛肉、鶏肉、魚介類、ウインナー、野菜、おにぎり付き)。キャンプサイトでのBBQになります。2日前までに要予約。

レンタル:テント、マット、コンロ、テーブル、椅子、ダッチオーブン、ランタンなど各種あり。

デイキャンプ:10時~17時まで

アクセス:津名一宮ICから県道88号、31号経由で湊方面へ、車で30分

スポンサードリンク

 

3.淡路じゃのひれオートキャンプ場

海と山に囲まれた広大な自然の中にあるキャンプ場です。

区画サイトが面積が広く、12m×12m。ゆったりしてます。

このキャンプ場の魅力は、きれいに整備されていて様々なアクティビティがあるところです。

相当力を入れていると見ました!

敷地内には本格的な魚釣りが楽しめるレンタルサービス完備の海上釣り堀、イルカと戯れることが出来るドルフィンファーム、手ぶらでバーベキューが楽しめるBBQガーデンがあります。

手ぶらでBBQコースには、地元牛である淡路牛や海の幸がついたコースもあり。

淡路島の自然と味覚を同時に楽しめちゃいます!

 

個人的には、アメリカ直輸入のキャンピングトレーラー「エアストリーム」が気になりますが…。

 

施設情報

住所:南あわじ市阿万塩屋町2660

電話:0799-52-1487

手ぶらBBQレンタル:淡路牛BBQコース一人前3000円、じゃのひれBBQコース一人前4000円(食材、テーブル、椅子、道具つき)、2名~。

※手ぶらレンタルは飲食物の持ち込み不可。

営業期間:10~17時(12~3月は16時まで)

BBQの利用には前日までに事前予約が必要です。

アクセス:西淡三原ICから県道31号・国道28号経由、県道25号を阿万方面へ、車で20分。

 

 

4.ウェルネスパーク五色 高田屋嘉兵衛公園

ウェルネスパーク

画像引用元:ウェルネスパーク五色 高田屋嘉兵衛公園

大きく自然豊かな公園の中にあるオートキャンプ場。

こちらのサイトもかなり広々しています。写真で見た感じ、テントサイトが芝生っていうところが個人的には少し気になりますが…。

ここの魅力は海水浴場まで車で5分のロケーション、広い芝生や遊具(ローラースライダーやターザンロープなどを備えた広場があるところ、サイトが広々しているところです。

遊具付きの公園は子供連れには嬉しい!

テニスコートやフットサル、ゲートボールが出来る施設もあるので、グループで行っても楽しめそう。

体験イベントも充実していて、春はイチゴ狩りが出来るほか、うどん•そば打ち体験、陶芸体験、染め物体験、紙すき体験などもできます。

デイキャンプの時間帯も長くて11〜21時まで。たっぷり&ゆっくり遊べるところがいいですね〜。

 

施設情報

住所:洲本市五色町都志1087

電話:0799-33-1600

BBQサービス:BBQパック(食材のみ。キャンプ場へ持ち出し)1人前2500円、テラスBBQ(館内のBBQ場で食べる)セット1人前4320円。2名〜。3日前までに要予約。

営業期間:通年

デイキャンプ:11〜21時まで

レンタルサービス:タープ、テーブル•チェア、コンロ、調理器具、食器セットなど。網や木炭は売っています。

アクセス:北淡ICから県道31号を南へ車で30分

 

!注意!

今回は日帰りBBQを想定して情報掲載しています。

食材のみの料金が掲示されているところは、手ぶらで行く場合、道具類のレンタル料金が発生します。

宿泊キャンプをしたい場合はテントサイトの空き状況を各HPで確認の上、ご予約くださいね(^^)

キャンプ場HPは写真下の引用元もしくは文章内リンクをクリックするとご覧になれます。

 

 

 

5.ひかえめなまとめ

今回は淡路島の手ぶらでBBQが楽しめるキャンプ場をご紹介しました。

我が家はキャンプが好きなので、出来れば泊まってBBQを楽しみたいと思う方ですが、キャンプが趣味でない方にとっては日帰りでレンタルあり!というのはお手軽で嬉しいサービスですよね。

また機会を見て、地元の美味しい食材が売っている道の駅やマーケットの情報もお届けしたいと思います。

皆様のお出かけの参考にしていただければ幸いです。今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。