倉敷の夜桜&お花見デートスポット〜足高公園

この記事は2分で読めます

Pocket
LINEで送る

倉敷駅から約4キロのところにある足高公園は、標高67メートルの足高山にあります。

春には約300本のソメイヨシノとオオシマザクラが咲き乱れる、倉敷の桜の名所です。

 

日中に行くのも良いですが、おすすめは晴れた日の夕暮れ時、薄暗くなり始める時間帯です。

太陽が沈むのに伴って美しく変化する空の色と、咲き誇る桜の花々が幻想的な世界へと誘ってくれます。

 

いよいよ暗くなるとライトアップが始まります。

足高公園はライトアップに力を入れていて、毎年趣向が変わります。

 

昨年行った方も、新鮮な気持ちで楽しむことができると思います。

 

群青色の夜空に浮かび上がるようにして照らされた桜は、花の雲のようです。

思わず口を開けたまま、眺めてしまいます(笑)。

スポンサードリンク

 

ashitaka_01

引用元:倉敷観光WEB

 

さて、ここで足高山の説明を少し。

 

足高山は400年前は海に浮かぶ孤島で、小竹島、笹島、戸島、吉備の孤島などと呼ばれていましたが、桃山時代から江戸時代前期にかけて干拓が進み陸続きとなったのだそうです。

 

山頂には備中国最古の神社18社のうちの1つ、足高神社があります。

 

 

かつての瀬戸内海は京都と太宰府を結ぶ海路でしたが、鳴門のように渦潮が見られる流れの激しいところでした。

通る船は帆を下げ、島の上にある足高神社に「無事に難を逃れられますように」と祈願したそうです。そのため、足高神社は「帆下げの宮」と呼ばれ、交通安全のご利益があります。

 

ちなみに昔の海路は今国道2号線になっているそうです。

 

境内が広く、建物も歴史を感じさせる立派な神社なので、お花見の際には是非ご参拝ください。

 

足高公園の桜の見ごろは、3月下旬から4月上旬です。

神社に無料駐車場が30台の他、臨時駐車場が開設される予定です。

倉敷駅から近いので、日中ならレンタサイクルで行ってもいいかもしれませんね(^^)

 

昨年は4月第1日曜日に「おでん祭り」があったみたいです。笹沖商店街が主催のイベントです。

恐らく…今年もあるでしょう(笑)。

※笹沖…足高山が孤島だったころの呼び名、笹島に由来します。なるほど~ですね(^.^)

ということで、今回は足高公園の桜と歴史についてご紹介しました。

 

気になる方は是非行ってみてください!

 

足高公園

住所:倉敷市笹沖字足高1033

アクセス:瀬戸中央自動車道早島ICから車で約10分 JR倉敷駅から大高経由児島行きバスで約10分、「大高」下車、徒歩約15分

岡山県の桜情報

開花予想 3月24日

見頃 3月30日〜4月6日

レンタサイクル情報はこちらです→岡山県内の観光に!レンタサイクル営業所をまとめてみた。

岡山のお花見情報を集めています→岡山県桜のお花見スポット一覧 〜自分にピッタリの場所を見つけよう

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。