真庭の花見名所 醍醐桜の紹介〜種が宇宙へ飛び、宇宙桜に!

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

岡山県の北に位置する真庭は、県で最も遅くに春が訪れます。

4月になると桜のシーズンが終わるのを名残惜しむ人たちが大勢訪れる、魅力的なお花見スポットが沢山あります。

 

今回はその中でも最も有名な、落合の醍醐桜をご紹介します。

 

1.岡山県No.1の大木!醍醐桜

醍醐桜2

引用元:ホテルレオパレス岡山

 

真庭市の醍醐桜はあまりにも有名です。

 

日本の名木百選に選ばれているその木は、のどかな落合の山里にただ一本、圧倒的な存在感でそびえ立っています。

推定樹齢1000年、目通り7.1m、根本周囲9.2m、枝の振り幅20m、樹高18m、アズマヒガンザクラという種類の桜で、県の天然記念物に指定されています。

 

県下一の大木であり老木でもある醍醐桜は、長い間、真庭の地や住民たちを見守り、また様々な歴史的瞬間も見て来ました。

 

鎌倉時代後期から南北朝時代に生きた天皇「後醍醐天皇」は、倒幕を企てて失敗し、島根県の隠岐の島へ流刑されることになった際、道中ここを通りかかって桜を絶賛したのだそうです。これをきっかけに、「醍醐桜」と呼ばれるようになったというのが名前の由来です。

 

なので、正確には「後醍醐桜」なんだと思いますが…(汗)。

 

どうして醍醐桜になってしまったのか?後醍醐天皇は今頃「醍醐(※)じゃなくて後醍醐じゃあ〜!」と悔しがっているかもしれません。

 

後醍醐天皇

引用元:Wikipedia

 

2016年の醍醐桜の見頃は4月4〜5日の予想です。

毎年大勢の花見客が一目醍醐桜を観ようとこの地を訪れるため、車の大渋滞が起きます。

 

ここまで立派な桜になるとただ桜を観るのではなく、健康や長寿など何らかのご利益を求めてやってくる見物客も多いことでしょう。

神聖な雰囲気漂うパワースポットと化しています。

 

醍醐桜は五分咲き以降になるとライトアップの演出もあるそうです(21時まで)。

 

※醍醐天皇…後醍醐天皇とは全く違う人物です。平安時代に生きた人物であり、臣籍の身分として生まれた唯一の天皇で、親政を行い沢山の業績を上げたことで有名です。とても優しい天皇だったようです。

 

醍醐桜

住所:岡山県真庭市落合垂水1901−5

アクセス:JR姫新線 美作落合駅よりタクシーで30分。

中国自動車道落合IC車で30分。

駐車場:第一)35台、第二)70台、第三)30台

開花状況はテレフォンサービス(0867-52-1503)、またはライブカメラで確認出来ます。

 

 

 

2.醍醐桜、子供が宇宙に飛んでいた!?

スポンサードリンク

 

 

 

地元の小学生たちにより採種された醍醐桜の種197粒が、平成20年11月から21年7月までの間、密かに宇宙へ飛んでいたそうです。

 

国際宇宙ステーションの日本の有人宇宙施設「きぼう」に約8ヶ月滞在した醍醐桜の子供たち168粒が若田光一宇宙飛行士とともに帰還。

8ヶ月の間に地球の周りを4100回も回ったそうです。

 

還って来た種から育った苗木のうち、現在1本は真庭市役所、もう一本は岡山県農林水産総合センターにあって、それぞれ2014年、2015年に無事花を咲かせています。

 

これらの木は「宇宙桜」と呼ばれています。

 

醍醐桜は宇宙規模で未来永劫残したい桜なんです。

 

宇宙桜は成長と開花がとても早くて「宇宙滞在の影響」を懸念する科学者たちもいるようですが、未来に残したい桜の名木の子孫が成長していること自体はとても喜ばしいと思います。

 

お時間があれば宇宙桜もご覧になってみてはいかがでしょうか。

 

真庭市役所

住所:岡山県真庭市久世2927-2 

 

3.醍醐桜を見るならカタクリも見よう!

真庭にはカタクリの花の群生地があります。

カタクリと言えば真っ先に思い浮かぶのが「片栗粉」。料理の際にトロミをつけるのに使います。

今でこそジャガイモのでんぷんを使って作られますけれども、昔はカタクリの花の根から取っていたそうです。だから片栗粉!

…あ。ご存知でしたか(スイマセン)。

お花はこんな感じです。

 

引用元:真庭市役所

 

紫色の可憐な花です。

発芽してから花をつけるまでに7〜8年かかるうえに、春の始めの数週間しか見れない貴重なものだそうですよ。

群生地の場所は醍醐桜へ行く途中、県道84号線から降りてすぐの所です。

見たこと無い方は行ってみよう!

 

岡山県のお花見スポットのまとめです→岡山県桜のお花見スポット一覧 〜自分にピッタリの場所を見つけよう

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。