淡路島のおすすめ島グルメ 生しらすどんぶりが食べられるお店

この記事は4分で読めます

Pocket
LINEで送る

淡路島で絶対食べたいご当地グルメの1つに海鮮料理があります。

 

旅行先で食べる地元で獲れたお刺身や新鮮な海の幸を使ったどんぶりは特別美味しいですよね〜!

滅多に食べられない贅沢という感じがします。

 

今回は淡路の島グルメの中から、「気軽に立ち寄れる生しらす丼のお店」をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

1.生しらすとは?

しらすとは、イワシの稚魚のことです。

漁港で水揚げされたしらすは、殆どが工場にて加工され、加熱された後に売りに出されます。

 

釜揚げしただけのしらすを「釜揚げしらす」、釜揚げしらすを干したものを「しらす干し」、更にじっくり干して乾燥させたものを「ちりめんじゃこ」と呼びます。

スーパーで見かける「しらす」や「ちりめんじゃこ」の大きさや色の違いは種類の違いによるものかと思いきや、実は加工方法による違いなのでした。

 

生しらすは、その名の通り火を通さない「しらす」。

生で食べるので鮮度が命。

 

でも、しらすを生のまま食べられるようにするのって実はすごく大変なんですよ。

 

しらすは漁網でごっそり獲りますが、一緒に沢山の小石や小魚、エビや貝、コガニなどが獲れてきます。

それを素早く綺麗に取り除く技術やシステムが無いと、しらすを生で食べることはできません。

 

たかが「しらす」と侮るなかれ、生しらすはとても珍しい食べ物です。

 

淡路島の生しらすは、岩屋漁港で挙がったものを目利きの職人が選別し瞬間冷凍したもので、生ならではの甘みと食感が特徴です。

生しらすは淡路島ご当地グルメの1つとして、近年沢山の飲食店がメニューをプロデュースしています。

 

 

2.生しらす丼のお店

スポンサードリンク

2016年の淡路島の生しらす解禁は4月21日からだそうです!

 

今回は気軽に立ち寄れて値段もリーズナブルな生しらす丼を食べられるお店をご紹介します。

 

1.道の駅あわじ 海峡楼

海峡楼

引用元:淡路島の生しらす

 

食べるなら、生しらすがたっぷりのっている丼が良いという方にオススメです。特製ポン酢をかけていただきます。

シンプルな食べ方だからこそ、素材の味が活きてくる!

こちらのお店では他にも海鮮丼や牡蠣めし、淡路牛のすき焼き重やローストビーフ丼などが食べられます。

 

生しらす丼

お値段1280円

住所:淡路市岩屋1873-1

電話:0799-72-0001

営業時間:11〜18時 年中無休

 

 

2.道の駅あわじ 海鮮館

海鮮館

引用元:淡路島の生しらす

 

こちらも道の駅あわじのお店。海峡楼よりもお値段がリーズナブルです。

生しらす丼は「しらす」の他に旬の魚介や海苔、海藻、ネギなどが載っています。

ポン酢をかけてどうぞ。

淡路の島グルメを色々食べてみたい方はこちらがいいかも!?

 

生しらす丼

お値段850円

住所: 淡路市岩屋1873-1

電話: 0799-72-0001

営業時間:9〜17時 年中無休

 

 

3.お食事処 浜ちどり

浜ちどり

引用元:淡路島の生しらす

 

こちらも生しらすがたーっぷり!

さくら卵の黄身におろし大根、大葉と刻み海苔をトッピング。特製醤油をかけていただきます。

うーん、私の大好きな組み合わせです。

 

島のしらす丼

お値段800円

住所:淡路市岩屋925-27 岩屋ポートビル2階

電話:0799-72-2556

営業時間:11〜20時 祝日を除く火曜定休

※駐車場2台

 

 

3.お食事処 渡舟渡舟

引用元:淡路島の生しらす

 

漁師の息子さんが獲った新鮮な海の幸をシンプルな味付けでリーズナブルに提供してくれるお店です。

お刺身や天ぷら、煮付けもあり。おふくろの味を堪能出来ます。淡路島ならではの料理があるかも!?

生しらす丼は春から開始予定だそう。解禁日からスタートになるのかは要確認です。

 

生しらすたっぷり丼

お値段800円

住所:淡路市楠本112

電話:0799-74-3432

営業時間:昼 10〜13時50分 夜 17〜19時40分 祝日を除く月曜定休

※駐車場15台

 

 

4.海物焼 新島水産 東浦店

海物焼

引用元:淡路島の生しらす

 

海産物卸会社の直営店。

地元の新鮮な魚介類をその場で焼いて食べたり、フグ鍋やハモ料理を食べることも出来ます。淡路島の海の幸を存分に楽しむならここ!?

磯焼きや鍋のコース料理はお一人様3200円〜。

生しらす丼は手頃な価格設定。

たっぷりのネギの上に生しらすと卵が輝いています!〆にどうぞ。

 

生しらす丼

お値段864円

住所:淡路市仮屋63-2

営業時間:昼 11:30~15:00 夜 17:30〜(金土日のみ) 木曜定休

※要予約。駐車場30台

 

 

5.鼓や

こや

引用元:淡路島の生しらす

 

淡路産わかめの上に生しらすと特製ゴマだれに付けた鯛、卵が載っています。

お値段は少々高めですが、ゴマだれと卵ってところにすごく惹かれたので載せちゃいます。わかめを敷いているところも、他のお店と違いますね(ネギが多い)。

生しらすと鯛のうず潮丼

お値段1296円

住所:淡路島多賀119-52

営業時間:昼 12〜14時、夜 17〜20時 木曜定休、水曜不定休

※駐車場12台

 

 

6.寿司割烹 春吉

春吉

引用元:淡路島の生しらす

 

お寿司屋さんなので高いかな〜と思いきや、案外お手頃価格です。細かく刻まれたネギとミョウガに高級感を感じますね。

それから、生姜!これは生しらすととても良く合います。

ご飯には海苔と胡麻、紫蘇もかかっていて香り豊かな逸品です。

生しらす丼

お値段1100円

住所:洲本市五色町都志524-8

営業時間:11:30〜20:30 木曜定休

※駐車場6台

 

 

7.道の駅うずしお 絶景レストランうずの丘

展望レストラン

引用元:淡路島の生しらす

 

福良にある大鳴門橋記念館2階にあるレストラン。

海だけでなく、大鳴門橋がゆるやかにカーブし四国とつながる眺望が美しいです。

こちらの生しらす丼のポイントは①和風だしをかけて食べる、②生しらすをかき玉汁につけて食べる、③かき玉汁をかけて食べるの3通り楽しめるところです。

渦潮を見にいく人はここの生しらす丼かな!?

 

生しらす丼 かき玉汁

お値段1350円

住所:南あわじ市福良丙947-22

営業時間:11〜16時 年末を除き無休

 

 

3.まとめ

今回は淡路島のご当地グルメ「生しらす丼をリーズナブルに食べられるお店」のご紹介でした。

ご紹介したのはほんの一部で、しかも私の個人的な好みです(笑)。

他にも色々な魚介を組み合わせた海鮮丼のようなどんぶりや、生しらすを使ったパスタなど、様々な生しらす料理があるので、旅行計画やご自分の好みに合った生しらす料理が他に無いか探してみるのも良いと思います。

 

今日も最後までご覧頂き、ありがとうございました!

 

よろしければコチラの記事もいかがですか?

淡路島の自然を楽しみながらBBQがしたい!と思う方に朗報です→2016年淡路島 レンタルサービスのあるバーベキュースポット

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。