美咲町のお花見スポット三休公園と周辺のおすすめ観光&グルメ

この記事は5分で読めます

Pocket
LINEで送る

サンキュー公園ではありません。みやすみ公園と読みます。

 

三休公園は岡山県美咲町にある、桜で有名な自然公園です。

 

 

三休とは、気休め、骨休み、箸休めのこと。病気知らずの健康な身体を保つための養生法なのだそうですよ。

 

…となると、三休公園の名前の由来は?美咲町の三休とは何なのか!?

 

今日は三休に絡めて美咲町のお花見や周辺観光情報についてお届けします(笑)。

 

 

 

1.美咲町の気休め~三休公園の桜とツツジ!

花咲じいさん

引用元:おかやま旅ネット

 

気休めという言葉は、日常会話の中ではあまり良い意味には使われないですよね。

 

テスト前日に気休めに勉強するとか、そんな言葉は気休めにもならないとか…。

 

今でこそ、その場かぎりの安心感を指す言葉として使われる「気休め」ですけれども、字を見ると「気持ちを休める」と書きます。

本来は良い言葉なんじゃないでしょうか?

だって、養生法として重要視されている休み方ですから。

元々は、「静かに気持ちを落ち着かせて、ゆっくりする。リラックスする。心を和ませる」という意味だったのではないかと想像します(^^)。

 

 

さて三休公園は標高270mの小高い山の上にある自然公園で、春になると5000本の桜と1万本のツツジで山全体が覆われ、まさに花の山となります。

 

まるで花咲爺さんが灰を撒いて、魔法をかけたかのごとく見事です。

 

山頂からは旭川ダム湖や周辺の山々を一望出来、とても景色が良いところ。

また、花咲じいさんの民話の舞台をモチーフにした「民話の村」があります。

 

民話の村には藁葺きの屋根の伝統家屋があり、竹細工や陶芸、紙すき、染め物などの体験が出来る他(事前予約が必要です)、桜のシーズンには桜を見ながら一服できる「桜茶屋」も開かれます。

 

ツツジは桜より少し遅れて咲くので、桜の開花が遅れる年は桜とツツジを同時に楽しむことが出来、本当におとぎ話の世界のような風景を満喫できます。

2012年は当たり年だったようです。

ツツジも見たい方は桜が散り始める頃を狙っていくと良いかもしれませんね(^^)

そういう意味では今年は4月の第二週あたりがいいのかな…?

 

そんな訳で、三休公園には美咲町の「気を休めるスポット」がある!

…ということにします(笑)。

 

三休公園

住所:岡山県久米郡美咲町西川上400-11

桜の見頃 4月上旬~中旬

ツツジの見頃 4月中旬~下旬

 

!イベント情報!

春まつり

開催期間:2016年4月1日~中旬(開花中)

ライトアップ:18時~21時

アートクラフト展:3月26日~4月24日 民話館にて

うそとり大明神大祭:4月1日

※うそとり大明神大祭は今から20年ほど前に桜のつぼみが「うそ鳥」に食べられてしまい、うまく咲かなかったことを機に始まったお祭りです。害虫駆除もしてくれる「うそ鳥」と共存していこうという考え方に「嘘」をかけて、4月1日のエイプリルフールの日に花咲か爺さんの格好をした嘘神主が、お祭りに来られた嘘を祓います。

アコースティックライブ:2016年4月3日 11時~15時

 

交通アクセス:

JR津山線福渡駅から「さくらバス久世駅行き」にて35分、西川下車車で5分

中国自動車道 落合IC車で20分

駐車場:250台

駐車場:普通車250台 バス5台

 

 

 

2.美咲町の気休めその2〜棚田百選の景観!

スポンサードリンク

 

美咲町と言えば、棚田が有名です。

棚田…ご覧になったことありますか?

 

山だらけの日本で、起伏に富んだ地形でも稲作が出来るように発展してきたのが棚田文化です。

棚田は不規則な形の田んぼが階段状に連なったもので、日本の山村の原風景と言われます。

 

0_00000650_GAZOU5_n

引用元:おかやま旅ネット

 

美咲町には、標高400mの山間部にある谷全体に850枚もの田んぼが広がっている地域があり、日本の棚田百選に選ばれる美しい景色が評価されています。

田んぼの水鏡が空の青や夕焼け色、四季の移ろいを映し、息をのむほどです。

夏は緑、秋は黄金色の稲穂が風にそよぎます。

棚田は各田んぼの高低差を利用して、上方から水を流していくので、水のせせらぎも聞こえます。

どこから水を引いているのか観察しながら歩くのも楽しいですよ。

可愛いカエルも沢山います(^.^)

美咲町にお越しの際は、是非棚田もご覧になって下さいね。

 

大垪和の棚田

住所:岡山県久米郡美咲町大垪和西

 

 

3.美咲町の骨休め〜おすすめ温泉!

香花温泉「ほほえみの湯」は、弱アルカリ性で美肌効果抜群の日帰り温泉入浴施設です。

お風呂の種類は露天風呂やヒノキ風呂、足湯、サウナなど。

大人一人500円とリーズナブルなお値段です。

 

お花見や棚田見学の後はここで骨休めするのが良いかも!?

 

香花温泉 ほほえみの湯

住所:岡山県久米郡美咲町打穴下1766

電話:0868-66-1126

営業時間:13:00〜20:00 不定休

 

 

 

4.美咲町のグルメと箸休め〜卵かけご飯と幻のお豆腐&油揚げ

1.卵かけご飯

美咲町と言えば、卵かけご飯の町なんです。

なぜかというと理由は2つあり、1つは西日本最大級の養鶏場があること。

毎日100万個の卵が生産されています。

 

2つ目は美咲町出身で明治時代を代表するジャーナリスト「岸田吟香(男性)」が卵かけご飯をこよなく愛し、日本に広めたと言われているからです。

そんな訳で、美咲町は卵かけご飯のお店で町おこしをしています。

 

ドライブがてらやサイクリングの途中で立ち寄る人が多いです。

 

有名なお店は「かめっち食堂」「らん」

 

かめっち食堂は350円で卵、ご飯、お味噌汁、漬物が付いてきて、卵かけごはんはお代わり自由の食べ放題です!

「卵かけご飯は飲み物。」と化します。箸休めどころか、人によっては箸が必要ないかも(汗)。

 

しそ、のり、ねぎの三種のタレで食べることが出来ます。

他にも出し巻き卵やオムレツ、卵とじなどの卵料理があります。

 

「らん」の定食は600円と少し値段が高いですが、卵、ごはん、黄ニラ水餃子、味噌汁、漬け物が付いてきて、タレも5種類(黄ニラ、ネギ、シソ、海苔、ゴマ)があります。

食べ放題ではありませんが、黄ニラタレはすごく卵かけごはんに合うし、県外では殆ど手に入らないと思うので食べてみることをお勧めします。ごま油で香りづけされた中華風っぽいタレだったと記憶しておりますよ(その後変わっていなければ)。

 

黄ニラは岡山の特産品で、日を当てずに育てたニラのこと。見た目が黄色いです。

柔らかくて香りは控えめ、シャキシャキしていて美味しい。

 

我が家は2年ほど前に「らん」に行きましたが、当時3歳になる長女が一人で定食を一人前食べていました。

それくらい美味しいです!おすすめしておきます(^.^)

 

食堂かめっちと「ほほえみの湯」に行って来ました→美咲町の食堂かめっちで卵かけごはんを食べた!オススメの食べ方

 

 

かめっち食堂

住所:岡山県 久米郡美咲町 原田 2155 中央運動公園内

電話:直通の電話はありません。お問い合わせは美咲物産 0868-66-1123まで

営業時間:9~16時半(LO)

アクセス:中国自動車道 院庄ICより車で15分、津山ICより30分

JR亀甲駅から徒歩15分

 

らん

住所:岡山県 久米郡美咲町 吉ケ原 873-2

電話:0868-62-0416

営業時間:11~17時(LO) 土日祝日のみ営業

アクセス:中国自動車道 津山ICまたは美作ICより車で30分

山陽自動車道 和気ICより車で50分

 

 

2.幻のお豆腐&油揚げ

さて、卵かけごはんには一応箸休めに漬け物が付いてくるんですが、せっかくなのでもう1つ、自宅用の箸休めにおすすめのものを紹介します。

 

その昔、棚田で有名な大垪和地区で前田さんというおばあちゃんがお豆腐屋さんをしていました。

戦前から長らく続くそのお店のお豆腐や油揚げは大評判で、一人で10枚以上買う人や遠方からわざわざ買いにくる人もいたそうです。

前田おばあちゃんのお店の近所にはいつも豆を炊く時やできたての油揚げの香ばしいにおいが漂い、地元の人たちの記憶に深く刻まれました。

お豆腐屋さんは20年ほど前に惜しまれながらも閉店。

 

この幻のお豆腐&油揚げを復活させるべく、地元の皆さんが立ち上げたグループが「やまっこ工房」です。

現在91歳になる前田おばあちゃんが直々に指導し、大垪和でとれた大豆のみを使用して作ったお豆腐や油揚げは2015年春にオープンした「棚田のあげ家 やまっこ」で買うことができます。

幻のお豆腐で作った冷や奴や網で炙った油揚げに刻んだネギやおろし生姜をのせ、醤油をたらして。箸休めやおつまみにいかがですか?

 

棚田のあげ家 やまっこ

住所:久米郡美咲町大垪和西1132-6

営業時間:11〜14時 土日のみ営業

※定食(600円)もあります。

 

 

5.まとめ

今回は美咲町のお花見スポットと周辺観光&グルメ情報をお届けしました。

岡山には、少し足を伸ばせば自然豊かな素敵スポットが沢山あるのですが、人の興味は大体都市部に集中するのであまり知られていません。

なので、これからも岡山県民も実はよく知らない地方の魅力を発信していきたいと思います!

おでかけの参考にしていただけると嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

岡山のお花見名所情報をご紹介しています→岡山県桜のお花見スポット一覧 〜自分にピッタリの場所を見つけよう

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。