美咲町の食堂かめっちで卵かけごはんを食べた!オススメの食べ方

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

 

気分転換に娘2人と美咲町までドライブに行ってきました。

うちから車で1時間ちょっと。

最初の目的地は美咲町中央公園内にある卵かけごはんの店「食堂かめっち」です。

 

卵かけごはんは美咲町の名物。

 

同町出身の明治を代表するジャーナリスト、岸田吟香が全国津々浦々を取材した折、各地の宿で好んで食べ、食べ方を広めたと言われます。

 

美咲町には西日本最大級の養鶏場もあるんですよね~。

 

食堂かめっちの定番メニューは350円で卵かけごはん食べ放題の黄福定食です。

ネットでは平日も行列ができる人気店と紹介されていましたが、私たちが行った時にはすんなり入店出来ましたよ(平日の午後14時くらい)。まあ、お客さんはひっきりなしに来ていましたけどね。

 

お店がそんなに広くないので、ちょっと人が入るとすぐ満席になっちゃうみたいです(^^;)。

 

他にも卵焼きやオムレツ、卵とじ、日替わりの一品メニュー、オムライスなどがありました。

私は黄福定食、長女は保育園で昼ごはんを食べているにも関わらず「お腹すいた!」と言い、オムライス定食をセレクト。

 

こんな感じです。

IMG_5575 IMG_5576

 

オムライスは600円で、かかっているソースも中に入ってるごはんの味付けもデミグラスソースです。

 

卵がとろっとした焼き具合でとても美味しそう…長女はちょっとソースがしょっぱかったみたいで、わきにソースをよけて食べてました。

 

数口味見させてもらいましたが、美味しかったです。

 

さて、ここで食堂かめっちにおける美咲町流卵かけごはんの食べ方をご紹介します。

 

1.入り口左手の販売機にて食券を買う

2.店員さんに食券を渡す

この時、卵汁にご飯が浸かる位のバランス(ザブザブ系という)が好きな人は、「ご飯少なめ」で注文する

3.ご飯の真ん中を一口食べて、くぼませる

4.そこに卵を割り落とす

5.黄身、白身だけを食べて味わう

6.お好みのタレ(ネギ、シソ、のり味)または醤油をかけて混ぜる

7.食べる!

です。

 

これがお店の入り口に書いてあったオススメの食べ方。

私は帰りがけに気づいたので、実践できませんでした(笑)。

 

まあ食べる前に気づいたとしても、白身をよく切りたい人なので、しなかったかもしれない。

私はいつも別のお皿に卵を割り入れてからタレをかけ、白身がよく切れるまでかき混ぜてから食べてます。

 

もともと痩せの大食いなんですが、今回3杯食べました(笑)。

お店には「おにぎりあたためますか」で大泉洋さん、しげさん、麻美アナウンサーが来たことがあるようで、サインがありましたよ(^^)。

 

全部のタレを味わいましたよ。ネギタレは少しピリ辛、シソもノリも素材の風味が出ていて美味しかったです。

卵は「森のたまご」を使用。

これ、スーパーで時々見かけるブランドです。

食堂かめっちに行けない方は、この卵と卵かけごはん醤油をかけるといいかも…?

 

スポンサードリンク

 

ついでと言ってはなんですが、ネットで卵かけごはんが10倍美味しくなる方法というのを見つけたのでご紹介します。

 

1.まず、卵を割り、殻を使って白身だけご飯に落とします。お菓子を作る人ならイメージ出来るかもしれませんが、こんな感じですよ~。

卵黄とわける

引用元:nanapi

2.続いて、ご飯と白身を素早く混ぜます。ご飯に空気が入り、卵白がかるく泡立ってフワっとするまで頑張ります。

3.そこへ卵黄を落とし、上からタレまたは醤油をかけます。

4.卵黄の濃厚な感じを楽しんだり、卵白ご飯がタレと少し絡んだところを食べたり、卵黄を自分好みに崩していきながら食べましょう!

 

こうすることで、卵白のドロンっとした感じがなくなるだけでなく、醤油や卵黄の味も引き立ちます!

私も実際に食べてみましたが、ご飯が白身でフワーっとなったところに卵黄と醤油の旨味が加わって美味しかったです(ご飯はレンジのオートモードにして温めてしまうと熱すぎ、、白身が固まってしまうので気をつけて!→一度失敗し、リベンジのために2杯食べた人です)。

 

是非お試しあれ。

 

 

食堂かめっちの前には、ターザンロープやブランコ、すべり台、上り網、ぐらぐら橋などを備えた公園があります。

お腹いっぱい食べた後は子供だけ遊ばせておき、パパママは腹ごなしに座ってましょう(笑)。

 

帰りは美咲町の温泉「ほほえみの湯」に寄ってきました。町外の方はお一人500円、小学生未満は無料です。

サウナ、内風呂(ジャグジー)、露天風呂のシンプルなお風呂ですが、貸し切り状態でのんびり楽しめました。

次女も温泉デビュー!

ジャグジーの泡が面白かったのか、ニヤ~っとしてました(笑)。

今度来る時には中島ブロイラーの焼き鳥を買うぞ~!

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

 

食堂かめっち

住所:岡山県久米郡美咲町原田2155

電話:0868-66-1118

アクセス:中国自動車道 院庄IC/車約30分
JR津山線 亀甲駅/徒歩約10分

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。