自宅で出来る子供も大人も楽しい遊びを紹介!3歳~6歳

この記事は4分で読めます

Pocket
LINEで送る

子供はいつも元気です。

 

 

「ねーねーママ!遊ぼうよー!」

 

と常に言って来ます。

 

子供に好かれている証拠です。

 

 

しかしながら…

嬉しい反面、なかなか実践が難しい。

忙しくて時間が確保しにくいこともありますが、子供のしたがっている遊びに大人があまり興味を持てなかったりします。

 

付き合うけど集中力散漫…みたいな^^;

申し訳ないなと思いつつ、しなければならないことに思考が向いてしまうんですねえ。

 

私の場合、屋内での遊びが苦手です。人形遊びなどは特に。

昔は好きだったはずなんだけど…変だなあ。

 

どうしてこういうことが起こるのかというと、遊びの中での展開が予想できてしまう=目新しさがないからなのかなと思います。

そこで、今回は屋内で出来る、大人も(私が)目新しくて楽しめそうな刺激的な遊びをご紹介します。

 

 

 

テープを使った遊び

マスキングテープやビニールテープは簡単に手に入って且つ色んな遊び方ができるアイテムです。

 

1.蜘蛛の巣ゲーム

スパイダーゲーム

引用元:Hands On As We Grow

 

ビニールテープを部屋の入り口や廊下に蜘蛛の巣みたいに張り巡らせます。

そこに新聞をちぎって丸めたボールを投げてくっつける!

パパやママはハンデで遠くから投げたり、目隠しをして投げたり、後ろ向きに投げたり、足の間からのぞき込んだ状態で投げてみよう。

スコアをつけて勝負形式にすれば、子供の数字を書く練習にもなりますね!

 

 

2.スパイ・トレジャーハンティング

スパイゲーム

引用元:Hands On As We Grow

 

ビニールテープでもマスキングテープでもOK。廊下にテープを張り巡らせて、床にボール人形のお宝を置いておきます。

スパイはテープの下をくぐりながら、手持ちの袋にお宝を入れて行きます。

テープに触ったらそこでゲーム終了!

宝物が多い方が勝ちですよ~。

 

 

3.交通ゲーム

道

引用元:Hands On As We Grow

 

マスキングテープで道路を作り、子供は手持ちのミニカーや電車を走らせて遊びます。

迷路みたいに形を複雑にして、マスキングテープに数字や文字を書き、順番通りに読みながら進めば勉強も兼ねちゃう!

 

 

 

芸術的な遊び

スポンサードリンク

絵の具やクレヨン、食べになどを使って子供の想像力を刺激してみましょう。

絵を描くのが好きなパパやママは自分も一生懸命になってしまうかも!?

個人的にはこういうの好きですね^^;

私が集中して取り組むと子供も楽しかった!と言ってくれます。

 

 

4.イースターエッグを作る

IMG_5537

卵をデコレーションしてみるのはいかがですか?

ゆで卵にシールを貼ったり、マジックで文字や絵を描いたり、食紅などで色をつけて可愛くします。

デコレーションが終わったら、あとは大事に食べましょう。ゆで卵は日持ちがするので、まとめて作って朝ごはんに皆で食べると楽しいです!

日々消費していくものなので、親子で定期的に作ってもいいですね。

冷蔵庫に可愛い卵が並んでいたら、開けるたびに嬉しくなってしまうかも!?

 

海外では作ったイースターエッグを使って宝探しゲームをし、その後に食べるなんていうこともあるみたい!

日本でやると、「食べ物で遊ぶな!」って怒られそうですが^^;

 

 

5.コーンスターチねんど

重曹コーンスターチ食紅で粘土を作ることができます。

これは楽しかった!

作るところから始めて、できた粘土で遊びますから、結構時間は潰せます。雨の日にオススメな遊びです。

IMG_5437

 

 

 

6.筒やカップで壁に仕掛けを作る

marble run

引用元:TinkerLab

 

トイレットペーパーやラップの芯、プリンのカップなどを組み合わせて、壁にオリジナルの仕掛けを作って遊んでみましょう!

大きめのダンボールを使ってもいいですね。

出来たら小さいボールやミニカー、どんぐりなどを転がして遊びます。重力と加速度についても学べる!かもしれません^^;

 

 

パパやママが疲れている時

7.トラフィックTシャツ

IMG_5538

引用元:Generation T

 

パパが疲れている時、息子に「遊んで!」と言われた時の裏技です。

いらなくなったパパのシャツの背中にマジックで道路や街を描いてください。

パパはうつぶせに寝てればOKです(笑)。

 

 

8.ネイルサロン

ママが疲れている時、娘に遊んでと言われたら、ネイルサロンを開いてみましょう。

ママは座ってじっとしておいてください。

キッザニア甲子園にも、資生堂のショップに似たようなアトラクションがあるのですが、4歳くらいならマニキュアを塗れます。

ガタガタするかもしれませんが、その辺は大目に見てあげて!

 

 

9.エステサロン

ネイルサロンが終わったら、エステサロンをオープン!

ママは洗顔して、塗るタイプのパックをしてもらったり、脚のマッサージをしてもらいましょう。

女の子は肩叩きやマッサージを頼むと結構してくれます。

 

「お客さん、こってますね~」

 

と言われます(笑)。

 

 

10.風船バレーボール

風船はゆっくり落下するし、当たっても全く痛くないので、室内でバレーボールが出来ます(アパートやマンションだと厳しいかもですが)。

パパやママはソファに座ったまま、長い手や足を駆使して子供にアタック!

子供は汗だくになって動き回ります。

 

 

 

まとめ

今回は3~6歳くらいのお子さんにオススメの、室内でできる遊びをご紹介しました。

うちの子はスマホやテレビを一度つけると際限なく見てしまい、親も楽だからといってついついそれを見逃してしまうことがあります。

でも、調べてみると室内でもできる面白そうな遊びはたくさんあって、パッケージ化された商品を買って遊ぶよりはるかに安くて済むし、私自身も楽しめそうなものが多かったです。

1つ1つ実践してまた感想をお届けしたいと思います。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

コーンスターチねんどを作ってみたよ→簡単&安全 コーンスターチねんどの作り方〜実際に遊んでみた!

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。