ゆで卵で作る可愛いイースターエッグ~女の子が夢中になる室内遊び

この記事は3分で読めます

Pocket
LINEで送る

イースターエッグをご存知ですか?

復活祭の休日や春を祝う為の、装飾を施した卵のことです。

日本では馴染みがありませんが、名前だけ聞いたことがあるという方もいらっしゃるでしょう。

 

信仰的なことはさておき、

 

見てかわいい!

作るの簡単!

しかも楽しい!

最後に美味しく食べられる!

 

という素敵なゆで卵が出来るので、今回取り上げてみます。

 

 

1.食紅で作るイースターエッグ

食紅はどこのスーパーにも売ってます。

お菓子を作る時に着色のために使いますが、使用量はほんのちょっと。

一回使ったらもう用済み…っていうパターンがよくあります。

 

そんなご自宅の台所に眠っている食紅を使って、イースターエッグを作ってみましょう。

今回も、毎度おなじみ(?)、5歳の長女が一緒に作ります。

 

 

材料

卵…好きなだけ

食紅(好きな色)…付属のスプーン1杯

水…一色につき1/2カップ

食酢…一色につきティースプーン1杯

マスキングテープ

マイタック シール

クレヨン

油性マジック

この他ハサミ、広口のコップまたは瓶、網つきバット、スプーン(大)が必要です。

 

 

作り方

1.固ゆでゆで卵を作ります。殻にヒビが入らないように気をつけましょう。

くれぐれも、殻は剥かないでくださいね!いつもの流れでついつい剥きたくなるかもしれませんが(汗)。

 

2.着色液を作ります。広口のコップまたは瓶に水、食酢、食紅を入れてよく混ぜます。

IMG_5529

 

3.ゆで卵に、好きな形に切ったシールやマスキングテープを貼ったり、クレヨンで模様を描いたりしましょう。

 

IMG_5528

シールまたはテープを貼ったところは着色しません(^.^)

シールの場合は卵の曲面に沿って隙間無く貼付けるのが少し難しいです。仕上がりは断然、マスキングテープがキレイです!

 

4.ゆで卵を着色液の中にそっと入れます。5分くらい置いておきます。

時間を置くほど色が濃くなるので、薄めにしたい方は時間を短めにしてください。

液の濃度や浸透時間を変えるだけで濃淡を利用したグラデーション卵が出来ます。

 

5.取り出すとホラ!殻に色が付いてますよ~。バットに上げて乾かします。

IMG_5530

 

6.乾いたら、シールやテープをはがして別の着色液につけると、2色使いの卵に。

 

7.乾いたら、マジックで文字や絵を描きます。

何てかこうかな?

 

8.出来上がりです!

IMG_5532

 

最初5個だけゆで卵を作っていましたが、長女がハマってしまい、追加でさらに5個作りました。

明日からしばらくは朝にイースターエッグが出てきます^^;

ちなみに、黄色→赤→緑の順で浸けると水色っぽくなります。普通は黒っぽくなると思いますが…不思議だ!

 

 

 

2.感動した!驚いた!イースターエッグの作り方

スポンサードリンク

 

今回イースターエッグの作り方を調べていて、「ほっほおー!」と思ったものをご紹介します。

 

1.食品を使った色付け

ゆで卵にデコレーションする場合は万が一口に入っても安全な材料で作りたいと思うでしょう。

そういった意味で食紅はとてもお手軽ですが、凝り性の人は野菜やスパイスを使って着色液を作り、卵を染めます。

仕上がりはこんな感じ。

イースターエッグ

引用元:Kaley Ann

 

紫キャベツの色が美しい!(一番左上ネ)

 

 

2.サラリーマンの必需品○○を使って作るイースターエッグ

イースターエッグ2

引用元:relish.com

 

このイースターエッグ、めっちゃキレイだと思いませんか?

何で絵を描いたんでしょう?

 

手書き?いやいや。

高級ペーパーナプキン?いやいや。

 

 

 

なんと、ネクタイ!!

 

 

不要になったシルク100%のネクタイを切って、卵に巻いて、一緒にゆでるとこんな風になるんですって!

 

 

まじかーー。

 

 

 

試してみたいけど、我が家には不要になったシルク100%のネクタイが無いです。

 

退職したおじいちゃんからもらう?

ペイズリー柄持ってるかしら…。

 

もし作った方がいらっしゃったら、どんなだったか教えてください(笑)。

 

 

3.まとめ

今回はゆで卵のイースターエッグの作り方をご紹介しました!

とても可愛いのができて、満足してます(笑)。

 

眺めてにっこり。

しげしげ見つめてニヤニヤ。

 

長女はさきほど夫に見せびらかして、手がすべり、卵を落としてヒビ入れてました…。

 

号泣です!!

 

また作ろうじゃないか!

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらの記事もおすすめです!→屋内で出来る子供も大人も楽しい遊びを紹介!3歳~6歳

 

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。