100円均一で七夕の笹竹と折り紙をゲット!折り紙飾りの作り方とその意味

この記事は4分で読めます

Pocket
LINEで送る

6月ももう終わりか〜。

早いですねえ…。

ここのところ雨続きで何だかすっきりしませんが、夏はもうすぐそこ!

さしあたって行事ごとだけでも夏らしくしてみよう…ということで、我が家は初の「自宅で七夕飾り」に挑戦してみました。

今回はそのレポートをするついでに、七夕飾りに込められた意味ついて調べたことを書いてみます。

 

1.笹も折り紙も100円ショップで調達!

IMG_6176

笹を手に入れるのが難しいという理由で、家での七夕飾りを諦めているパパ・ママもいらっしゃるかもしれません。お住いの街によっては処分だって大変かも…?

でも、ささやかで良いから(シャレではありません)飾りつけを楽しみたいと思われるなら、100円ショップで簡単に実現することができます。

こんなちょっとした消費者ニーズに応えてくれるんですから100円ショップはすごいです(笑)。

 

今回私はセリアに行きました。

セリアでは造花コーナーに笹が売っていました。1本だとさすがに寂しいかなと思ったので2本購入。

(家に帰ってから判明したことですが、飾りを親子で作って飾る場合は3〜5本あった方が良いです)

 

枝葉は本芯にキャップ式ではめ込むタイプになっているので、引っ張ると取れてしまいますが、またはめ込めば大丈夫です。

笹以外に折り紙を3種類購入しました。

普通の無地のものと、和柄、虹色にピカピカ光るもの。全部でしめて540円です。

 

2.七夕飾りを折り紙で作る!折り方と意味

スポンサードリンク

折り紙の七夕飾りを長女と一緒に作りました。

七夕飾りには色んな折り方がありますが、5歳児も多少のサポートで作れるものをご紹介したいと思います。

1.投網(とあみ)

豊漁を願って飾ります。彦星は漁師じゃないのになぜ投網なんだ!?と最初不思議でしたが、天の川→川→漁という風に連想されて飾られるようになったのでしょう。

折り方

①真ん中で四角に折ります。

②もう一度真ん中で四角に折ります。

③ハサミで左右から交互に切れ込みを入れます。

④こんな感じに。深めに切るとキレイに仕上がります。紙を広げて軽く縦に伸ばし、形を整えます。

IMG_6368

FullSizeRender のコピー 4

 

2.紙衣(かみごろも)

お裁縫の上達の願いを込め、織姫が天帝(神)に捧げた着物に見立てて飾ります。紙と神をかけているのかもしれません。

最近は着物をつくるレベルまで裁縫が上達する必要ないですけどね(笑)。

折り方

①折り紙を一度四角に折って中心線を入れた後、開いて写真のように「あ」を中心へ、「い」は「あ」にかぶせるようにして折ります。

着物の合わせになる箇所です。「い」は完全にかぶせずに、端っこを1センチくらい残すようなイメージで。

②両端1センチを山折りにして、折り目をつけます。

③裏から見るとこんな感じです。

④折り目をつけたら一旦戻して、「い」を開き、「あ」を図のようにして折って襟を作ります。谷折りで開いてから、その半分ほどを山折りで戻しています。

折り目の始まりは②でつけた折り目のところから、終わりは折り紙の高さ半分が良いと思います。

「あ」側が終わったら「い」側も同様にして襟を作ります。

IMG_6354

⑤②でつけた折り目を後ろへ折ります。

⑥点線の部分を裏へ折り返すとアラ不思議、袖もできちゃいました。

⑦適当に切った折り紙の帯をつけて完成です!

IMG_6356

3.提灯(ちょうちん)

願い事を書いた短冊を明るく照らすためのものです。

折り方

①四角に折ります。

②端っこを両方とも1センチくらい折ります。

③折り目の方から②の端に向かってギリギリまでハサミをいれます。

④紙を広げて、②の端っこ同士をテープで止めたら(上下2カ所)できあがりです。

IMG_6366

4.巾着(きんちゃく)

金運が上がるよう願って昔のお財布=巾着を飾ります。これは超重要ですね(笑)!

5.くずかご

整理整頓・お掃除がうまくなりますようにという願いをこめます。

大人になっても掃除が苦手なのはコレを飾ったことがないせいかも…(苦笑)。

6.貝殻

これも豊漁の願い。豊作を願って野菜を飾っても良いそうですよ。

我が家は長女が「きゅうり」を、私は「貝殻」を折りました。

折り方

①三角に折ります

②もう一度三角に折ります。

③折り目の方から端の方(ピラピラしてる方)に向かってハサミで切れ込みをいれます。幅は1センチくらい。

端っこ1センチ弱を残してギリギリまでハサミを入れたほうが仕上がりがきれいです。

切れ込みは折り紙の辺と平行になるように入れてください。

④開くとこんな感じになります。

一番端っこ同士(黄色の印)を合わせて、テープか糊で止めます。止める箇所は写真⑤のオレンジの印のところです。

⑤端同士(青の印)を④とは反対側で合わせて止めます。

表で合わせて止める、裏で合わせて止める…を繰り返して行くと…

⑥できあがり!

これは美しいフォルムですね(自分で言う)

IMG_6351

※長女作「きゅうり」は近日公開予定です(笑)。

7.千歳鶴

長寿を願って飾ります。

家族の年齢の数だけつなげて束ねると良いらしいですが、100均の笹では重さに耐えられないかも…。

 

8.吹き流し

機織りの糸を表します。

青(緑)・赤・黄・白・黒(紫) の5色で出来た吹き流しは、「機織り上手になるように」という強い願いが込められています。

5色で作るのは難しいので、我が家は単色ですけどね(汗)。

そういえば、七夕の歌に「5色の短冊〜♪」という箇所がありますけれども、これも 青(緑)・赤・黄・白・黒(紫) だそうです。

中国の陰陽五行説では、上記の5色はこの世の全てを構成する要素とされていて、食べ物や元素、内臓、感情、方角、時間等あらゆるものが5つの色に結びつけられています。5色が揃うと万物や宇宙をさし、魔除けの効果があるそうです。

5色の短冊を飾るとは、つまりどういうことでしょうか?

あらゆる願いを叶えて欲しいという人間の欲張りなのか、夜空(宇宙)へのメッセージなのか、それとも厄よけなのか…。

 

3.いつからいつまで飾ります?

七夕の笹飾りは、7月6日の夜から7日にかけて飾るのが良いそうです。

へ!?一日だけ…?

せっかく沢山飾りを作ったのにすぐに外すなんて勿体ない感じがするし、保育園や小学校、公共施設などの七夕飾りは随分前から準備して飾るのが一般的ですから、ちょっと意外と言うか拍子抜けというか…。

でも、本来は一夜飾りなんですってよ。

昔は下げた飾りは庭で焼いて処分していたようですが、最近は小さめに切って燃えるゴミとして捨てるのが一般的とのこと。

本物の笹であれば…ですよ?

 

100均の笹の良いところは「枯れない・使い回せる」ですから、主婦は来年のことも考えて大事に保管です(笑)。

 

飾りは早めに飾れば「七夕が終わったからもう片付けようね」で子供も納得するでしょうか。うちの子は「ずっと飾りたい!」と言いそうな気がしますが…。

あまり長く飾ると願いが叶わないので7月中に片付けましょうという迷信もあるようですが、信心深くなくても季節感を大切にして適当なところで仕舞いたいものです。

そう言う意味で、8月7日(旧暦の七夕)は良い目安かなあ…。

笹飾りを片付けたらお盆が来て、残暑見舞いを出して、夏の終わり(とはいえ、暑さは続くネ)。

 

4.まとめ

今回は「七夕飾りの材料を100円ショップで調達して作った話」と「飾りの意味」についてお話しました。

飾る場所はどこでもよいみたいですが、窓際に飾ると神様も見やすい、ですかね…。

今年の7月7日は晴れるのでしょうか!?

晴れたら夜空に輝く天の川を見て、織姫と彦星の昔話を読んだり、天体観測をしたいなと思ってます。

 

もし、織姫星と彦星を観察したいなという方がいらっしゃいましたら、下記の記事も是非チェックしてみてくださいね。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

関連記事はコチラ!→子供に教えたい七夕のあらすじ。天の川に実在?織姫星と彦星の見つけ方

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。