マツダCXー5のバッテリーマネージメントシステム点検というエラーメッセージとは?

この記事は1分で読めます

Pocket
LINEで送る

 

我が家の愛車、マツダのCX-5君。4年前の事故を機に購入して、かれこれ4万キロちょっと乗っていますが、時々エラーメッセージが出ます。

あの、車の運転を採点してくれる画面ウィンドウにですね。

タイヤの空気圧を点検してくださいとか。

給油しなさいとか。

いろんなメッセージのパターンがあるみたいですが。

ついこの間、初めて出たメッセージがこれ。

「バッテリーマネージメントシステム点検」

!びっくりマーク付き。

名前からして、なんかヤバそうな予感です(下に続く)

スポンサードリンク

ちょうど忙しかったのですぐにディーラーに行く時間的余裕はなく、エンジンボタンを押すたびにちゃんとエンジンはかかるのか、運転している間にエンストしないか、ちょっと心配になりながら運転していました。

ネットで調べてみると、このメッセージが表示された後、エンジンかけ直したら直ったみたいな人もいらっしゃるみたいなのですが私の場合直らなくて、結局週末にディーラーに行ったのですよ。

そしたら、バッテリーを交換しなきゃダメ、と言われてしまいました。

何でも、バッテリーの寿命が3~4年くらいなのだそうで。

今すぐダメになるとは限らないが、いつダメになるかわからない状態だから交換した方が良いとのこと。毎日の通勤やレジャーに使用して年間走行距離1万キロちょっと、それで4年走ったんですから、まあ仕方ないかなって感じでした。

ちなみに…。

バッテリー交換に3万5000円かかっちゃいました。

高!!

CXー5はバッテリーが高いようです。

まあ、普段軽油で安く済んでるから良しとしよう。

と、いう訳で…

「バッテリーマネージメントシステム点検」のエラーメッセージが出たら、多分バッテリーの替え時です。エンジンかけ直してメッセージが表示されなくなったとしても、近い将来交換しないといけなくなると思います!

お時間のある時にディーラーに行って見てもらいましょう。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました~。

sponsored link

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。