カテゴリー:妊娠

  1. 「妊娠おめでとうございます!」から始まる妊婦健診。 初期の間に必ず検査されるのが風疹抗体価であります。 風疹といえば、水疱瘡やおたふくと並んで「一度かかると二度と罹らない病気」の代表。 …

  2. 私事ですが、風疹というと辛い思い出があります。 小学校2年の夏、父親と二人で海へキャンプに行き、翌朝全身にプツプツが…! 楽しいキャンプが即中断、一気に険悪ムードに突入。 なぜか怒る父! 買え…

  3. 日本人は痔が多いらしいです。 2人に1人の割合で痔主なのだそうで(嬉しくないジヌシ笑)。 罹患率はとても高いのですが、痔なのに気づいていないパターン、面倒くさくて受診しないパターン、恥ずかしくて受診しないパターンが多く、通院して…

  4. 妊婦さんやその家族にとって、お腹の赤ちゃんが健康に産まれることは何よりの願いです。 産まれて来る前に赤ちゃんの状態を知る方法があったら、あなたはどうしますか? 検査を受けたいですか? …

  5. 切迫流産、早産と言われて心配なのは、お腹の赤ちゃんが今後どうなるのかですよね~。 私は立ち仕事のせいか、長女も次女も切迫流産・早産でした(汗)。 長女の時は大量に出血した上、低置胎盤のハイリスク妊娠。大変でした…。 今回は…

  6. こんにちは。 皆さん低置胎盤って聞いたことがありますか? 前置胎盤は聞いたことがあるかもしれませんが、低置胎盤はあまり聞いたことがないでしょう…? ハイリスク出産の一つで、胎盤の位置に異常がある妊娠の一…

  7. こんにちは。ホシ姐です。 今日は小頭症との因果関係が疑われているジカウイルス感染症のお話です。 スポンサードリンク [ad#co-1] 1.問題となったきっかけ ジカウイルス…

  8. こんにちは。ホシ姐です。 いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。 さて、花粉のハイシーズンに向けてこつこつと「花粉症シリーズ」をお届けしています(笑)。 今回は妊婦さんの花粉症、「安全に使用出来る薬があるのかど…

  9. 1.妊娠中は薬を使えない? 妊娠中に薬を使うと、薬の成分がへその緒を通してママから赤ちゃんに移行し、影響を与えます。 このことが広く知られるようになったのは、1958年に日本で発売されたサリドマイドによる薬害事件です。サリドマイドは…

  10. こんにちは。ホシ姐です。 最近禁煙ネタばっかり書いて、愛煙家に煙たがられているかもしれない…と思いつつ、引き続き禁煙ネタを書きます(笑)。 前回受動喫煙がお腹の赤ちゃんに与える影響について書きましたが、今…

RETURN TOP

気に入ったら是非フォローお願いします!

follow us in feedly